【30代未経験から転職】金持ちは無理だけど普通に幸せになれる職業

「30代で未経験から転職できる職業って何があるんだろう?」

この記事にたどり着いたということは、そう悩んでいるはずです。

未経験だけでも転職は不利なのに、30代ともなると、転職できる職業は限られてきます。

ですが不可能ではありません。たくさんお金を稼げる職業ではありませんが、安定した生活を手に入れることができます。

もしお金持ちになりたいと思うなら、このページは閉じても構いません。

でも、30代で未経験から本気で転職を考えているなら、ぜひこの先を読んでください。

30代未経験から転職は厳しい

30代で未経験からの転職は、正直言って厳しいものがあります。

もし30代で一つの仕事をしていたら、役職について責任のる立場になっていてもおかしくありません。

おそらく周りの同世代の人も、責任ある立場についている人が多いのではないでしょうか?

・・・ですが、それでもあなたが転職を選んだのには何か考えるところがあったのでしょう。

現実的に「30代から未経験で転職は厳しい」と言われるこの世の中。

しかし、ある職業なら、30代からでも未経験で転職でき、なおかつキャリアアップも目指すことができます。今からでも全く遅くないということですね。

その職業とは「介護職」です。

30代・未経験から転職するなら介護職がおすすめ

世間から何かと悪いイメージのある介護職。

「え?介護職!?それなら良いや」と思う人もいるかもしれません。

正直、僕もだいぶ前はそう思っていたので、その気持ちは分かります。

でも、その後実際に8年間働いてみて、介護職のイメージが180度変わりました。

・・・ではなぜ介護職は未経験で転職するのにおすすめなのか?

介護職は30代・未経験でも就職しやすい

介護職の平均年齢は45歳。

となると、介護職は30代でも十分に若手な方と言えます。介護施設としてもあなたはぜひ採用したい人材のはずです。

しかも介護施設の多くは人手不足。未経験でもやる気さえあればかなり就職しやすいんです。

思っているほど給料は少なくない

「介護職=低給」というイメージが強い介護職ですが、僕はそこまで給料は低いとは思いません。

介護職の平均年収は310万(月給19〜21万)。

確かに高い方ではありませんが、生活するには困らない給料はもらえます。

しかもこれはあくまで平均。施設によっては年収350〜400万も不可能ではありません。

もしもキャリアアップをして役職に就いたり高待遇の施設に就職すれば、さらなる給料を望むこともできます。

働きながら国家資格を取得できる

30代・未経験の場合、今から専門学校に通って資格を取るのは結構リスク。

もし33歳だとしたら、専門学校に通って卒業した時にはすでに35歳。40歳も見えてきます。

ですが介護職の場合は、専門学校に行かなくても国家資格である「介護福祉士」を取得することができるのです。

介護福祉士は3年の実務経験+「実務者研修」という研修を受けることで取得できる国家資格。

この資格を取ることで給料が上がったり高待遇で就職できるなどのメリットがあります。

学校に通わずとも働きながら国家資格が取れるのは、介護職だからこその特権ではないでしょうか?

介護職は未経験でも大丈夫なの?

いくら人手不足で就職しやすいとはいえ、介護職は立派な専門職。

未経験者にとってはやはり不安ですよね。

でも、大丈夫。
誰だって最初は未経験。数ヶ月もすれば介護の仕方が身についていき、一人の介護士として活躍できます。

僕自身、なんの知識もないまま介護職に就きましたが、ちゃんと働くことができました。

僕が働いていた職場でも、30代の人はもちろん、40〜50代の人まで未経験から転職してきてましたよ。

・・・ちなみに介護職では無資格でも就職することができますが、資格を持っておいたほうが就職には有利です。

就業後に働きながら資格を取ることもできますが、より有利に就職を進めたいならこちらの記事をご覧ください。

無料で資格を取る方法も紹介しています。

 

30代未経験から介護職へ転職する際の人生設計

30代から未経験で介護職に転職してからどんな人生を歩むことになるのか?

ここで人生設計を立ててみましょう。ここでは35歳未経験から介護職に転職したとします。

35歳 未経験から介護職に転職

38歳 国家資格「介護福祉士」を取得

40歳 日頃の仕事が認めれ、現場のチーフに就任

43歳 介護職最高峰の資格「ケアマネージャー」取得

44歳 ケアマネージャーとして働くために他の施設に転職

47歳 介護施設の部長に就任

あくまでイメージですが、このような人生設計が考えられます。

「ケアマネージャー」は介護職最高峰の資格で年収の平均は370万円。もちろん、職場によってもっと高い収入を得ることもできます。

ケアマネージャーは2018年度から取得条件が変わり、介護福祉士を取得しなおかつ5年が必要です。

これをみればわかる通り、30代で未経験でも十分に遅くないことが分かりますね。

30代未経験からの職場選びには注意

これから介護職に就くとなった時、職場選びには慎重になる必要があります。

なぜなら、労働環境の悪い職場だとすぐに辞めざるおえないからです。

  • 毎日数時間のサービス残業
  • 年間休日90日以下
  • 夜勤手当含めて月給15万以下

こんな施設では当然長く続きませんよね。

このような劣悪な環境に就かないためにも「介護職に特化した転職サービス」の利用がオススメ。

下記でなぜ転職サービスを利用したほうが良いのかについて紹介しています。本気で良い職場で働きたいなら必見です。

 

介護職はこんな人がおすすめ!

  • お金持ちにはならなくて良いから安定した生活を送りたい人
  • 未経験・無資格でも正社員として働きたい人
  • 学歴に関係のない職業に就きたい人

 

30代未経験から転職は介護職がおすすめ!

ここまで読んでくれたということは、少なからず介護職に興味があるんだと思います。

ですが、「介護職か。検討してみよう」と後回しにしては1時間後には介護職のことなんて忘れているでしょう。

もし本気で転職を考えているなら、とりあえず転職サービスに登録しとくだけでもおすすめ。思い立った時に行動するのがもっとも成果が出やすいです。

とりあえず登録しておけば、情報収集や転職の相談を受けることもできます。

下記で厳選して選んだ転職サービスを紹介しています。30代から本気で人生を変えたいなら必見です!

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter