【未経験】介護職の転職を成功させる方法とホワイト求人に出会うコツ【30代.40代の中途採用】

・「介護職に就きたいけど、きつい職場に就職してしまわないか不安」

・「介護職に興味があるけどもう40代だし・・・今から未経験の仕事に就けるか不安」

このような悩みはありませんか?

就職のハードルが低いことや人のためになれる職業だけあり、多くの人が中途採用で転職してきます。

しかし、求職者が30代を超えてくると、未経験から転職するのにどうしても不安が拭えないはず。

でもこの記事に出会えたからには大丈夫です!

この記事で「介護職の転職を成功させる方法とホワイト求人に出会うコツ」を徹底解説してきます!

難しい?介護職が未経験で不安な人に知ってほしいこと

未経験でこれから介護職に転職しようと思っている人の中には、不安な方もいるかもしれません。

でも不安になる必要はありません。

なぜなら多くの介護士は中途採用で入ってきているからです。

高校や大学、専門学校を卒業して就職した介護士ももちろんいますが、それと同じぐらい、中途採用の介護士は多くいます。

介護職に限らずどんな仕事も最初は未経験です。

なので「介護の転職は難しいのでは?」と不安になる必要はありませんよ。

介護職に転職する年齢制限はなし!正社員になれる

介護職に転職する年齢制限はほとんどありません。

なぜなら、介護職は基本的に人手不足だということと技術よりも人柄重視の職業なので、ある程度の年齢を重ねても就業ができます。

介護職員の平均年齢は43.2歳と他業種よりも高いんですね

なので30代はもちろん40代のでも十分に通用する年齢です。

さらに近年では、仕事に対して給料よりもやりがいを求める人が増えており、50代の中高年が未経験から介護職に転職する人もかなり増えているんです。

もちろん正社員として転職ができます。

主婦で時間に融通をきかせたい場合は別ですが、正社員の方が福利厚生がよく給料ももちろん良いです。

30代〜50代で未経験から正社員として転職できる職業は多くはありません。

ある程度の年齢をいっても転職できるのは、介護職が技術ではなく、やる気や人柄を重視する職業だからこそです。

30代後半の年齢でも介護転職は早い方

長年会社に努めてきて「そろそろやりがいを求めて働きたい」と思うのがだいたい30代後半。
人によっては会社にリストラされて就職しやすい介護職に転職しようと思っている人もいるかもしれません。

先ほども紹介しましたが、平均年齢は43.2歳

30第後半なら逆に早い方といっても過言ではなのです!

介護転職は男性・女性に差はない

介護職といえば女性が多い職場だと思いがちですが、それは遠い過去の話です。

年々男性介護士が増加しており、職場によっては男性女性の比率が半々ということも珍しくありません。

とくに男性は女性に比べて力があることから、女性よりも重宝されることも多いです。

介護職は資格なし(無資格)でも転職できる

介護職は立派な専門職です。

そのため、介護職に転職する前に資格を取得する人も多いです。

・・・しかし、介護職は無資格でも就業できます。

資格を持っていても持っていなくても仕事内容に変わりはありません。

介護転職するなら無料で資格が取れる

ただ、就業前に資格を取得していればメリットもあります。

資格を持つことでまず応募できる求人の数が増えます。

介護の求人には「介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)以上の資格保有者」が条件としているところも少なくありません。

また資格を持っていることで給料も変わってきます。

・・・ただ、実は介護職に就いてから無料で資格を取得する方法があるのです。

それがスタッフサービス・メディカルが実施している資格支援制度です。

介護職に未経験から就業するなら資格支援制度を利用しない手はない

資格支援制度とは、その企業のスタッフとして働くことで資格にかかる費用を全額負担してくれる制度です。

その企業のスタッフとして働くことで給料を受け取りながら、同時に資格にかかる費用を全額負担してくれるのです。

この制度を利用すれば、未経験でもOKな就業先を紹介してもらえる上に、資格にかかる費用まで負担してくれるんです。

僕は未経験で介護職に転職する際、12万かけて資格をとりましたが、この制度を知った時、かなり損した気分になりました・・・笑

資格支援制度を実施ている「スタッフサービス・メディカル転職サイトランキングでも1位でおすすめです。

未経験者からのスタートが半数を占めており、これから介護職につく人にとってはかなり心強いはずです。

>>スタッフサービス・メディカルの詳細はこちら

いつから?介護職に転職時期タイミングはなし!今すぐ転職すべき

基本的に介護職の転職におすすめのタイミング(転職時期)はありません。

介護職は高齢者が増えており多くの施設で介護士を募集しています。

ただ、人気の求人は早めになくなるため、少しでもやる気があるなら早いうちに行動したほうが良いです。

やる気があるなら今すぐ転職活動を行いましょう。

介護転職でホワイトな求人とは?

「介護職=きつい仕事」

そうイメージしている人が大半だと思いますが、全くそんなことはありません。

楽な仕事ではないですが、他の職業に比べてとくにきついわけでもなく、やりがいがあって毎日充実しています。

僕がいる職場は8時間勤務で残業はほぼなし、年収350万で年間休日120日以上。

個人的には「これできつい仕事なら世の大半の仕事はきつい仕事だ」と思います。

・・・ただ、実際にはブラックな職場もあります。

僕が最初に勤めていた職場は毎日残業が3時間あり、おまけに給料も15万ほどでした。ようはブラックな職場です。

「介護職=きつい仕事」というイメージは、ブラックな職場が実在しているからです。

では、ホワイトな職場とはどんな職場なのか解説します。

ホワイトな介護転職1】高収入で給料・年収が高い

第一に高収入で給料や年収が高いということ。

介護職の平均年収は310万。
手取りでいうと月の給料は19〜21万ほどですね。

ですが職場によっては月15万の職場もあります。そしてそんな職場に限って仕事もきついです。

逆にホワイトな職場なら、平均年収の310万、施設によっては年収400万の職場もあります。
しかも働けば給与も上がり年収もアップしていきます。

ホワイトな介護転職2】職員不足に悩まされていない

ホワイトな職場は職員不足に悩まされていません。

なぜなら、給料が安定しており仕事内容もきつくなければ、職員は辞めないからです。

逆に仕事がきつくて給料が低ければ、当然職員も辞めていき、その結果職員不足に悩まされてしまいます。

ホワイトな介護転職3】福利厚生も高待遇

ホワイトな職場は給料や労働環境に限らず福利厚生も高待遇。

職員のことを大切にしてるので、有休や手当も充実しています。

介護の転職を成功させる3つの方法(ポイント)とホワイトな求人の探し方

では、ホワイトな職場に就職するにはどうすれば良いか。

ここからホワイトな職場に転職するためのコツ・ポイントの探し方を紹介していきます。

この知識があるかないかで介護転職が成功するか失敗するかが大きく分かれます。

【介護転職を成功させるコツ1】転職コンサルタントの力を借りる

未経験から介護職に転職するポイントでもっとも大事なのが、自分の力だけで転職しないこと。

自分の経験のない分野で転職活動をするのはとても危険です。

例えば、介護の転職サイトには転職コンサルタントといって転職のプロがいます。

その転職のプロがあなたの希望を聞いた上で、その希望にあった職場を紹介してくれます。

また、転職コンサルタントは、各施設の求人票には載らない裏の情報を持っていることが多いです。

転職のプロに力を借りる、これこそが介護転職を成功させる一番の方法と言って良いでしょう。

>>転職サイトを利用して転職コンサルタントのサポートを受ける

【介護転職を成功させるコツ2】施設見学をする

介護転職を成功させるコツとして、施設見学がおすすめです。

たとえ介護の仕事が未経験でも、施設見学すれば職場の雰囲気というのは分かります。

僕自身、未経験の時に施設見学しましたが職場の雰囲気が分かりました。
(雰囲気があまり良くないと思いましたが、焦っていたので就業したところ、やっぱブラックでした笑)

ちなみに、介護施設では事前の施設見学ができる施設とできない施設があります。

ただ、介護転職サイトで取り扱っている求人の多くは、就職前の事前見学が許されているんですね。

就職後に「ここの施設は失敗した!」とならないためにも、施設見学ができる介護転職サイトを利用するべきです。

 

【介護転職を成功させるコツ3】在籍中から転職活動して無職期間を短くする

もし今あなたが仕事をしているなら、今のうちから転職活動を始めた方が良いです。

なぜなら、無職期間が長ければ長いほど就業に不利になっていくからです。

転職活動がつまずいて就業が長引いてしまう可能性もゼロではありません。

履歴書に空白の期間ができるだけ開かないよう、今のうちから転職活動を行っておきましょう。

介護職から未経験で転職する方法まとめ

介護職に未経験から転職する方法をまとめました。

【介護の転職方法1】介護の転職サイトがおすすめ

この記事で何度も伝えていますが、おすすめなのはやはり転職サイト一択です。

多くの人は介護求人を探す際「ハローワーク」や「求人情報誌」などを利用しますが、はっきり言っておすすめできません。

介護の転職サイトには以下の特徴があります。

メリット デメリット
介護の求人サイト ・介護専門の転職コンサルタントが転職サポートしてくれる
・転職コンサルタントが仲介に入るので条件交渉がしやすい
・事前に施設の評判や雰囲気を知った上で勤めれる
・登録しないといけない手間がある30秒〜1分)
ハローワークetc ・介護職以外の仕事も探せる ・ブラック施設が潜んでいる
・求人票でしか職場の情報は知れない
・紹介者は介護職に詳しいわけではない

>>転職サイトを利用して転職コンサルタントのサポートを受ける

【転職サイトのメリット1】  転職サポートが受けられるから就職活動が失敗しにくい

転職サイトを利用する一番のメリットが転職コンサルタントのサポートを受けられること。

介護職未経験者の場合、

  • 自分はどんな介護施設があっているのか?
  • 求人票ではどの部分をみれば良いのか?

などの点が分かりません。

しかし、たとえ介護職が未経験でも転職サイトのコンサルタントがサポートしてくれることで、自分にぴったりの職場に出会うことができます。

さらに転職コンサルタントは求人票では分からない裏の情報もつかんでおり、各施設の評判にも精通しています。

なので「いざ就職したらブラック企業だった」という転職失敗がないのです。

【転職サイトのメリット2】   無料で資格が取れる

介護の転職サイトの中には、転職サポートをする上に資格支援まで行ってくれるところもあります。

資格支援とは「資格にかかる費用を負担してくれる制度」ですね。

介護の転職サイトランキングでも1位でご紹介している「スタッフサービス・メディカル」はまさに資格支援制度があります。

転職サポートを受けられる上に資格にかかる費用を負担してくれるので、これから介護職に就く人にはこれ以上ないサービスでしょう。

【転職サイトのメリット3】    高収入の求人がある

ハローワークにある求人と比べて転職サイトでは高収入の求人が多くあります。

介護職の平均年収は330万と言われていますが、転職サイトの求人は高収入が多く、中には年収400万以上の求人もあります。

これは転職サイトが好条件の求人を中心に取り扱っているからなんですね。

【介護の転職方法2】転職フェア(就職説明会)などのイベント

広い会場で各企業がブースを出して説明会を行うイベントがあります。

この方法でも職場を探すことはできますが、施設見学するわけでもなく、ただ係長クラスが自社のアピールをするだけです。

各施設、自社の良い点だけをアピールするので、正直あまりおすすめできません。

【介護の転職方法3】ハローワーク

ハローワークは無料で求人を掲載できるため、正直求人の質はあまりよくありません。

虚実の求人内容を掲載している場合も多く、入社してから「条件と違う!」ということがかなり多くあります。

またハローワークの職業紹介者も介護職に詳しいわけではありません。

 

介護転職の各転職方法を比較すると次の通りです。

探し方 特徴
転職サイト ・プロのコンサルタントから
サポートが受けられる
・無料で資格が取れる
・高待遇の求人が多い
転職フェア ・その施設の
良い点だけしか知れない
ハローワーク ・求人の質が悪い
・虚実内容の求人が多い

 

これから介護の転職を成功させるなら、転職サイトがおすすめです。

特に未経験者は転職サイトランキングでも1位でご紹介している「スタッフサービス・メディカルがおすすめ。

資格も無料で取れて一石二鳥ですよ。

>>スタッフサービス・メディカルの詳細はこちら

未経験からの介護職の転職先・職種

介護の仕事にも幾つかの種類があり、何を優先するかによって働く場所や職種は異なってきます。

介護士としての主な職場は次の通りです。

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • デイサービス
  • 訪問介護

 

高収入を得たいなら特養・老健

高収入を偉いなら特別養護老人ホーム(以下 、特養)から介護老人保健施設(以下、老健)の2種類ですね。

どちらの施設にも夜勤があり、給料が高い傾向にあります。

特養の給料の平均が月給で23万、老健の給料の平均が22万と介護施設の中では高収入が得られます。
(介護職の平均月収20万前後)

また、先ほど紹介した通り介護の転職サイトを利用すればより高収入の施設に就職ができます。

土日休みが良いならデイサービス

デイサービスは基本的に夜は営業してなく、日曜日も休みのところが多いです。

毎週土日休みは難しいですが、希望休や有給を使えば土日休みも難しくありません。

ただ、夜勤がない分給料は16〜19万ほどが相場です。

技術を学びたいなら特養・老健

特別養護老人ホーム(特養)から介護老人保健施設(老健)は重度のご利用者が他施設に比べて多いため、介護が必要な割合が多いです。

仕事面で体験だと感じるかもしれませんが、裏を返せば自分の技術を磨くチャンスでもあります。

介護職は様々な施設で働いて自分のキャリアアップに繋げる人が多いですが、

「楽な施設→大変な施設に転職」
よりも
「大変な施設→楽な施設」

の方が後々楽ですよね。
これは30代はもちろん、40〜50代の人にも言えることです。

自分のスキルを磨きたいなら特養か老健に勤めるのが良いでしょう。

主婦で時間の融通をきかせたいなら訪問介護(ヘルパー)

主婦で時間の融通をきかせたい場合は訪問介護(ヘルパー)がおすすめ。

訪問介護は利用者の自宅を数件回って生活のお手伝いをします。

空いた時間は買い物や自宅に帰って家事もできるため、時間の融通をきかせたい主婦にはおすすめです。

【注意点】介護転職で失敗する人の特徴

【注意点1】安易に転職先を決めてしまう

介護の転職で失敗してしまう一番のパターンは安易に転職先を決めてしまうこと。

例えば、

「家から近い」
「早く就業できそう」
「新しい施設だから」

こんな安易な理由でこれから長く働くかもしれない職場をサラッと決めてしまう人は、大抵失敗していまいます。

【注意点2】給料のみで決めてしまう

給料のみで転職先を決めてしまうのもおすすめできません。

たとえ給料が高くても休日が少なく激務である職場もあります。

なので給料のみならず、その施設の雰囲気や他の条件なども把握しておくべきです。

介護職に転職するメリット

介護職は他の職業とどう違うのか解説していきます。

【介護職に転職するメリット1】給料が安定

意外かもしれませんが、介護職は給料が安定しています。

他の職業と違って売り上げが変化することは少なく、また国からの補助もあるので、給料が下がることはありません。

また、昇進したり、ある程度経験を積んで条件の良い職場に転職すれば高い給料をもらうことも可能です。
年収400万〜500万も無理ではありません。

男性で妻子持ちの人もかなり多くいます。

家族を全員を養うのは少し難しいかもしれませんが、共働きなら十分に生活ができます。

【介護職に転職するメリット2】国家資格が取れる

介護職で3年の実務経験を積んで合格率50%ほどの試験に受かれば、国家資格である介護福祉士を取得できます。

介護福祉士を取得すれば、より好条件の職場に就職ができます。

また介護福祉士を取得することで公務員として働くこともできます。

公務員の介護士は公的な介護施設などで働くことになります。

【介護職に転職するメリット3】やりがいのある職業

「やりがい」という言葉が使われすぎて薄っぺらく感じるかもしれませんが、介護職はまさにやりがいのある職業です。

一人一人によって対応の仕方が違うので、難しい職業ではあります。

ですが答えがない分、毎日が飽きません。

その人にあった対応をし、喜んでくれた時は「介護士になってよかった」という瞬間です。

・・・ただ、常にバタバタした激務な職場に就職してしまうと「現実とギャップがある」などと思ってしまうこともあります。

そのためにも転職に失敗しないよう気をつけてください。

介護職未経験から転職後の理想的な流れ

人柄ややる気が重視される介護職。介護未経験者でも十分にキャリアアップができます。

例えば30代後半から介護士として転職した場合、次のようなステップアップができます。

35歳 未経験から介護職に転職

38歳 国家資格「介護福祉士」を取得

40歳 日頃の仕事が認めれ、現場のチーフに就任

43歳 介護職最高峰の資格「ケアマネージャー」取得

44歳 ケアマネージャーとして働くために他の施設に転職

47歳 介護施設の部長に就任

もちろん、やる気次第で40代、50代でもこのようなキャリアアップが可能です。

 

未経験で介護職に転職する成功方法とコツまとめ

この記事で何度も書きましたが、転職を成功させる一番の方法は転職サイトを利用することです。

転職サイトのメリットをまとめると以下の通りです。

・プロのコンサルタントからサポートが受けられる

・無料で資格が取れる

・高待遇の求人が多い

 

ちなみに転職サポートを受けながら無料で資格が取れるのが介護転職サイトランキングで1位の「スタッフサービス・メディカル」です。

未経験でこれから介護職に転職するならぜひおすすめ!スタッフサービス・メディカルは50%以上の人が未経験からのスタートです。

下記で介護転職サイトランキングを発表しています。ぜひともご覧ください。

当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼