【疑問】ケアマネージャーとは国家資格?国家資格化になるという噂は本当?

ケアマネージャーって国家資格なのかな?

 

そう疑問に思っていませんか?

こんにちは !
介護職に8年勤めていた悠太です。

介護職にもいろいろな種類の資格がありますよね。

介護福祉士や初任者研修、
実務者研修など様々な資格があります。

その介護資格の中でも最高峰の資格と言われるのが「ケアマネージャー」・通称ケアマネ。

介護職の求人を見てわかる通り、
ケアマネージャーは他の資格と比べて高待遇であることが分かります。

・・・ではそんなケアマネージャーは国家資格なのでしょうか?

ケアマネージャーは国家資格ではない

正解は・・・ケアマネージャーは国家資格ではありません。

ケアマネージャーは国家資格ではなく公的資格です。

国家資格と公的資格の違いをざっくり言うと、

国家資格は法律に基づいた資格、公的資格は法律上の規制がない資格ですね。

難しい話なので省きますが、
ケアマネージャーの仕事内容的に国家資格にするのは難しいのです。

ちなみに言うと、介護職では介護福祉士が唯一の国家資格です。

「・・・ということはケアマネージャーは介護福祉士よりも簡単に取れる資格なの?」

と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

介護福祉士試験の合格率は60%を超えますが、
ケアマネージャーの合格率は平成28年度はわずか13%ほど。

ケアマネージャーは国家資格ではないとはいえ、
介護職の中で一番難しいのは事実です。

ケアマネージャーが国家資格化になる?

ただ2013年に以前に
「介護支援専門員(ケアマネジャー)の質向上と今後の在り方に関する検討会」
という会議で、ケアマネージャーの国家資格化案が上がりました。

そのため一時は「ケアマネが国家資格になる?」と噂になったこともありましたが、
4年たった現在も国家資格になることは決まっていません。

2018年からケアマネージャー試験の受験資格が変更にはなりますが、
国家資格になることは、おそらくこの先ないでしょう。

ケアマネージャーの受験資格が2018年から変更

では、
ケアマネージャーの受験資格はどのように変わっていくのでしょうか?

2017年までは無資格者でもケアマネージャーの受験資格が与えられていました。

医師・看護師・准看護師・保健士・介護福祉士・社会福祉士・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・言語聴覚士・はり師・きゅう師・柔道整復師・栄養士・精神保健福祉士など 保健や医療、福祉に関する資格に関わる実務に5年以上勤める
相談援助業務を勤めた者 福祉施設・介護施設・障害者施設などで5年以上働く
ホームヘルパー2級
社会福祉主事任用資格者
5年以上勤め、要介護者等への介護の指導を行った方
無資格 介護などの業務で10年以上、要介護者等への介護の指導を行った方

 

この通り、介護職に携わっていればケアマネになれたんですね。

しかし、2018年からは介護士からケアマネになる場合、
介護職唯一の国家資格である「介護福祉士」を取得しなければケアマネージャーの受験資格は与えられません。

 

医師・看護師・准看護師・保健士・介護福祉士・社会福祉士・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・言語聴覚士・はり師・きゅう師・柔道整復師・栄養士・精神保健福祉士など 保健や医療、福祉に関する資格に関わる実務に5年以上勤める
生活相談員
支援相談員
相談支援専門員
主任相談支援員
福祉施設・介護施設・障害者施設などで相談業務を5年以上勤める

 

2018年からは、
介護福祉士を取得してなおかつ5年働かなければケアマネ試験の受験資格は与えられないことになります。

国家資格を目指すなら介護福祉士

まずこれからあなたがケアマネージャーを目指すには、介護福祉士を取得しなければいけません。

介護福祉士は介護職唯一の国家資格であり、
この資格を取得することで多くのメリットがあります。

介護福祉士を取得するメリット

・資格手当がもらえ給料が上がる

・役職につきやすくなる

・待遇の良い施設に就職しやすくなる

関連記事:介護福祉士に最短でなるには!?

 

では介護福祉士になるにはどうすれば良いのでしょうか?

国家資格である介護福祉士になるには?

引用:http://www.sssc.or.jp/kaigo/shikaku/route.html

介護職唯一の国家資格「介護福祉士」。

介護福祉士になるには主に4つのルートがあります。

その中でも専門学校に通わず介護福祉士を取得できるのが「実務経験ルート」。(画像左)

実務経験ルートは

3年の実務経験+実務者研修の受講

で取得できます。
実務経験ルートは学校に通わずとも取得することができるため
介護福祉士の多くの人がこのルートで取得しています。

そして介護福祉士の取得に必要な「実務者研修」は未経験者でも受講ができます。

実務者研修を受講するメリット

・介護福祉士になれる

・就職にかなり有利になる

関連記事:介護の資格の取り方まとめ

 

介護職に就く際に「介護職員初任者研修」を取得する人が多いですが、
じっさいはこの実務者研修を取得した方が就職にかなり有利になります。

その分受講料は相場16万と高いですが、方法によっては無料にもできるので
ぜひ下記の記事をご覧ください!

関連記事:あなたは介護資格をタダで取得する方法を知っているか?

ケアマネージャーは国家資格?まとめ

ケアマネージャーは国家資格ではなく公的資格です。

介護職の国家資格は「介護福祉士」のみです。

しかしケアマネージャーは介護福祉士よりも給料も待遇もかなり良いです!

これから介護職に就くなら目指す価値のある資格ですよ!

ケアマネージャーは2018年から受験資格が変更され、
試験を受けるには介護福祉士を取得しておかないといけません。

これからあなたがケアマネを目指すなら介護福祉士を取得することが必要です。

介護福祉士になるために必要な実務者研修を今のうちにとっておけば、就職もかなり有利になります。

実務者研修は相場16万と高いですが方法によっては無料にもできるので
ぜひ下記の記事をご覧ください!

関連記事:あなたは介護資格をタダで取得する方法を知っているか?

当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼