【最短】未経験からケアマネージャーになるには?徹底解説!【最新】

ケアマネージャーに興味があるんだけど、どうやったらなれるんだろう?

そんな疑問をお持ちではないですか?

介護資格の最高峰と言われる「ケアマネージャー(ケアマネ)」の資格。

ケアマネージャーの資格を持っていれば介護職により深く関わることができ、なおかつ給料が上がりキャリアアップにも繋がっていきます。

では、未経験者からケアマネージャーになるにはどのようなルートがあるのでしょうか?

今回は介護職未経験者に向けて

  • ケアマネージャーなるための最短ルート
  • 2018年から新しくなるケアマネージャー試験の受験資格
  • ケアマネージャーの給料

について紹介していきます!

ケアマネージャーとは?

ケアマネージャー、正式名称「介護支援専門員」。ケアマネは介護サービスと高齢者の方を結ぶ役割をするための資格です。

介護サービスを受ける利用者の方やそのご家族の話を聞き、ケアプランを作成して、そのケアプラン通りに介護サービスを進めていくのがケアマネの主な仕事内容です。

関連記事:ケアマネージャーとは?仕事内容や受講資格などを紹介!

ケアマネージャーになるには?最短ルートは?

では、そんなケアマネージャーになるにはどういった条件があるのでしょうか?

ケアマネージャー試験を受けるための受験資格は
2018年から変更されることが決まっています。

2017年までは次の条件となっています。

医師・看護師・准看護師・保健士・介護福祉士・社会福祉士・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・言語聴覚士・はり師・きゅう師・柔道整復師・栄養士・精神保健福祉士など 保健や医療、福祉に関する資格に関わる実務に5年以上勤める
相談援助業務を勤めた者 福祉施設・介護施設・障害者施設などで5年以上働く
ホームヘルパー2級
社会福祉主事任用資格者
5年以上勤め、要介護者等への介護の指導を行った方
無資格 介護などの業務で10年以上、要介護者等への介護の指導を行った方

介護職からケアマネになる場合、これまでは初任者研修(ホームヘルパー2級)などの資格を持って5年以上(900日)の実務勤務が必要でした。

介護士(資格保持)として5年以上の勤務(900日以上)+ケアマネージャー試験の合格

とが2017年までのケアマネージャーになるための条件です。

2018年からケアマネ試験の受験資格が厳しくなる

そして2018年からはケアマネの受験資格が以下のように変更されます。

医師・看護師・准看護師・保健士・介護福祉士・社会福祉士・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・言語聴覚士・はり師・きゅう師・柔道整復師・栄養士・精神保健福祉士など 保健や医療、福祉に関する資格に関わる実務に5年以上勤める
生活相談員
支援相談員
相談支援専門員
福祉施設・介護施設・障害者施設などで相談業務を5年以上勤める

2017年までは

  • 介護職員初任者研修修了者
  • 旧ホームヘルパー2級保持者
  • 無資格者

でもケアマネージャーになることができましたが、2018年からケアマネージャーになるには介護福祉士を持っていなければいけなくなります。

介護福祉士になるには?

介護職唯一の国家資格「介護福祉士」になるには3年の実務経験+実務者研修の受験となっています。

関連記事:最短で介護福祉士になるには?

最短でケアマネージャーになるための実務経験年数は?

最短でケアマネージャーになるための実務経験年数は、

  • 2017年まで→最短5年
  • 2018年から→介護福祉士を取得しさらに最短5年

となっています。

2017年までは5年の実務経験でケアマネージャーになることができましたが、

2018年からは介護福祉士を取得した上でさらに5年働かなければいけません。

ということは・・・専門学校に通わずにケアマネージャーになるには、最短でも8年はかかることになります。

ちなみに専門学校(2年)に通ったとしても7年はかかることになります。

そう思うとケアマネになるのは大変そうですよね・・・

ですが地道に介護の仕事を続けていればなれることには間違いありません!やる気さえあればどんな人でもなれますよ!

ケアマネージャーを最短で目指す際の重要な考え

 ケアマネージャーや介護福祉士になるためには実務経験を積まなければいけません。

そうなった時に重要なのは仕事を続けること。

一見当たり前のように思えますが、これが意外と難しいんです。

それはなぜか?

介護職の中には劣悪な環境の職場があります。例えば・・・

  • 毎日サービス残業あり
  • 年間休日はたったの80日
  • 2交代の夜勤明けが公休扱い(翌日も仕事)

などなど、こんな職場で働いていては身体は持ちませんよね。

何が言いたいかというと「職場選びが重要」ということ。

いくらケアマネや介護福祉士を最短で取りたいと思っても、実務経験を積まなければなることはできません。

そのためにも働きやすい職場を探すことが大事です。

下記で介護の職場探しに失敗しないための方法を紹介しています。理想の職場に出会いたいなら必見です!

 

ケアマネージャーの平均年収は370万

ケアマネージャーになればキャリアアップにつながることはもちろん、給料も一気に上がります。

介護職の平均年収は310万ほど。これがケアマネージャーになれば370万とかなり上がるんですね!

しかもこれはあくまで平均。
施設や病院によって給料はさらに高い給料をもらえます。

しかもケアマネになれば社会福祉協議会などの行政機関で働く道も開けます。

介護職からここまでキャリアアップとはなかなか夢がありますよね!

5〜8年介護職に従事すればなることができるので、ぜひケアマネを目標に頑張ってください!

未経験からケアマネージャーになるには?まとめ

最後に
未経験からケアマネになるための最短ルートをもう一度紹介します。
(2017年現在・ケアマネージャー試験の受講資格を持ってない場合)

介護職に3年勤めて介護福祉士になる→その後5年勤めてケアマネージャーの試験を受けて合格する

というのが2018年からのケアマネになるための最短ルートですね。

あなたが未経験ならまずは介護福祉士を目指すべき!

介護福祉士は介護職唯一の国家資格です。

ケアマネージャー同様に介護福祉士を取れば給料が上がりキャリアアップにもつながります。

まずは介護福祉士になるためにも、
以下の記事を読んで介護福祉士になるための手順をぜひ学んでください^ ^

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter