【2018年版】未経験から最短でケアマネージャーになるには?試験の合格率と実務経験

ケアマネージャーに興味があるんだけど、どうやったらなれるんだろう?

そんな疑問をお持ちではないですか?

介護資格の最高峰と言われる「ケアマネージャー(ケアマネ)」の資格。

ケアマネージャーの資格を持っていれば介護職により深く関わることができ、なおかつ給料が上がりキャリアアップにも繋がっていきます。

では、未経験者からケアマネージャーになるにはどのようなルートがあるのでしょうか?

今回は介護職未経験者に向けて、ケアマネージャーなるための最短ルートや受験資格について紹介していきます!

ケアマネージャーの概要

ケアマネージャー、正式名称「介護支援専門員」
ケアマネは介護サービスと高齢者の方を結ぶ役割をするための資格です。

介護サービスを受ける利用者の方やそのご家族の話を聞き、ケアプランを作成して、そのケアプラン通りに介護サービスを進めていくのがケアマネの主な仕事内容です。

最短でケアマネージャーになるには?2018年から受験資格が変更

では、そんなケアマネージャーになるにはどういった受験資格があるのでしょうか?

ケアマネージャー試験を受けるための受験資格は2018年から変更されました。

以前は介護職に5年従事すれば受験資格が与えられました。

しかし、現在は実務経験年数やその他の条件が変更されています。

2018年からのケアマネージャーになる受験資格は次の通りです。

医師・看護師・准看護師・保健士・介護福祉士・社会福祉士・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・言語聴覚士・はり師・きゅう師・柔道整復師・栄養士・精神保健福祉士など 保健や医療、福祉に関する資格に関わる実務に5年以上勤める
生活相談員
支援相談員
相談支援専門員
福祉施設・介護施設・障害者施設などで相談業務を5年以上勤める

 

 ケアマネージャーになるには最短で実務経験が5年

最短でケアマネージャーになるための実務経験年数は、2018年から「介護福祉士を取得しさらに最短5年」となっています。

2017年までは5年の実務経験でケアマネージャーになることができましたが、2018年からは介護福祉士を取得した上でさらに5年働かなければいけません。

介護福祉士になるには専門学校に通って最短2年、実務経験の場合は最短で3年はかかります。

ルート1 専門学校に2年通って介護福祉士を取得+5年の実務経験

ルート2 実務経験3年で介護福祉士を取得+5年の実務経験

専門学校に通えば介護福祉士を取得できるので5年働けば良いですが、未経験から実務経験のみで取得する場合は最短で8年かかることになります。

ちなみに専門学校はおすすめしません。

なぜなら高い授業料を払って2年通わなくても、3年の実務経験で取得ができるからです。

ケアマネージャーを取得するのは大変そうに思えますが、介護福祉士の取得を最初の目標とし、地道に介護の仕事を続けていれば、なれることには間違いありません!

やる気さえあればどんな人でもなれますよ!

ケアマネージャーになるには国家資格「介護福祉士」が必要に

先程ご紹介した通り、2017年までは無資格でも介護職に5年従事していれば受験資格が与えられました。

しかし2018年からケアマネージャーになるには介護福祉士を持っていなければいけなくなります。

 

ケアマネージャー試験の合格率は?難易度の高い難しい試験

引用:東京アカデミー

ケアマネージャーの合格率は例年15〜20%ほどとなっています。

平成28年度(第19回)は13%台とここ近年でもっとも低い合格率でしたが、平成29年度(第20回)のケアマネ試験の合格率は20%を超えました。

ケアマネは介護資格の中でもっとも難易度の高い難しい試験と言われていますが、まさにその通りですね。

介護職の国家資格「介護福祉士」と比べても半分以下の合格率となります。

ケアマネージャー試験の合格点とボーダーライン

ケアマネージャー試験の合格するボーダーラインとしておよそ70%の正解率が必要です。

ケアマネージャー試験の合格点とボーダーラインの例としてこのような感じです。

ちなみにその年によって合格点は変わってきます。
(1問1点)

分野 問題数 合格点
1 介護支援分野 25問 15点
2 保健医療福祉サービス分野 35問 23点

(平成29年度の合格点)

ケアマネージャー試験に合格するには?

では、難易度の高いケアマネージャー試験に合格するにはどうすれば良いのか?

どんな勉強内容が良い?

もっともおすすめの勉強方法は「過去問を解くこと」に限ります。

過去問は試験問題にもっとも近い形式で行うため、一番の練習になります。

またただ単に数をこなすのではなく、一問一問しっかり理解を深める必要があります。

今のうちから時間があるときに勉強を進めておけば、ケアマネの受験資格を得たときに高い確率で合格できるはずです。

おすすめの練習問題

ケアマネージャー試験の対策として人気の練習問題は次の通りです。

  • 晶文社 基本問題集 上・下巻
  • 中央法規 一問一答

晶文社と中央法規はケアマネ試験の練習問題テキストの中でもわかりやすく評判も高いです。

本気でケアマネを目指すなら今のうちからこれらのテキストを買って解いていくのが良いかもしれません。

ケアマネージャーを最短で目指す際の重要な考え

 ケアマネージャーや介護福祉士になるためには実務経験を積まなければいけません。
そうなった時に重要なのは仕事を続けること。

一見当たり前のように思えますが、これが意外と難しいんです。

それはなぜか?

介護職の中には劣悪な環境の職場があります。例えば・・・

  • 毎日サービス残業あり
  • 年間休日はたったの80日
  • 2交代の夜勤明けが公休扱い(翌日も仕事)

などなど、こんな職場で働いていては身体は持ちませんよね。

何が言いたいかというと「職場選びが重要」ということ。

いくらケアマネや介護福祉士を最短で取りたいと思っても、実務経験を積まなければなることはできません。

そのためにも働きやすい職場を探すことが大事です。

 

未経験からケアマネージャーになるには?まとめ

それでは最後に未経験からケアマネになるための最短ルートをもう一度紹介します。
(2017年現在・ケアマネージャー試験の受講資格を持ってない場合)

ルート1 専門学校に2年通って介護福祉士を取得+5年の実務経験

ルート2 実務経験3年で介護福祉士を取得+5年の実務経験

これが2018年からのケアマネになるための最短ルートですね。

あなたが未経験ならまずは介護福祉士を目指すべき!

ちなみに今からケアマネを目指すなら職場選びはかなり重要。

なぜなら実務経験を積まなければ受験資格すら得れないからです。

まずは3年働いて介護福祉士を取得できるよう、働きやすい職場を見つけましょう!

当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼