ケアマネージャーの仕事内容とは?給料や社会福祉士との違いを解説!

ケアマネージャーの仕事内容ってなんだろう?

 

こんにちは!
介護職に8年勤めた悠太です。

介護職最高峰の資格「ケアマネージャー」

介護士として働く人はもちろん、
介護士に興味のある人の中にもケアマネを目指す人が多いです。

ケアマネージャーは平均給料が介護士に比べてかなり高く、
キャリアアップの面から考えても目指す価値のある仕事。

そんなケアマネージャーの仕事内容、詳しく知りたいですよね。

では、
ケアマネージャーの仕事内容はどんなことをするのでしょうか?

今回はケアマネージャーを目指そうと思っている人に向けて

  • ケアマネージャーの仕事内容
  • ケアマネージャーの給料
  • ケアマネージャーの受験資格

などケアマネについての様々なことを詳しく解説していきます!

サイト管理人・悠太
これからケアマネージャーを目指そうと思っているあなた!必読ですよ!

 

ケアマネージャー(ケアマネ)とは?

まずはケアマネージャーについて紹介!

ケアマネージャーの正式名称を「介護支援専門員」といい、
「ケアマネ」と呼ぶのが一般的です。

高齢化社会に向け平成9年にできた介護保険サービス。

高齢者が安心して福祉サービスを受けられるようにできた制度が介護保険サービスです。

そして、その
介護保険サービスと介護支援が必要なお年寄りを結ぶ役割を果たすのがケアマネージャーの仕事内容なんですね。

ケアマネージャーの仕事内容

ケアマネージャーの主な仕事内容は次のようになっています。

  • 高齢者本人やそのご家族と面談(インテーク)
  • 要介護認定の書類作成
  • ケアプラン作成
  • 担当者会議の設置
  • モニタリング

この中でもケアマネの主な仕事内容は「ケアプランの作成」

ケアプランとは
高齢者が元気に過ごすために介護サービスを受ける際の予定表のようなものですね。

利用者の情報収集や分析を行い
ケアプランを作成していくのがケアマネージャーの仕事内容です。

高齢者本人やそのご家族と面談(インテーク)

ケアマネージャーの最初のお仕事は「高齢者本人やそのご家族と面談」から始まります。

インテークとも呼、ケアマネの役割を伝えると同時に
ご利用者やその家族がどんなことを望んでいるかをしっかりとここで聞きます。

主に高齢者本人やご家族から依頼がきて面談を行います。

利用者が入院している時には病院まで出向き、
そこで面談を行うこともあります。

要介護者認定の書類作成

高齢者は要介護認定を受けてから介護保険サービスを利用することができます。

この要介護認定を受ける時に
素人では難しい専門的な書類の作成をしなければいけません。

そんな時こそケアマネージャーの仕事です!

今までよりも介護が大変になってきて
要介護度をさらに上げたい時にもこの書類を作らなければいけません。

要介護認定はケアマネージャーの大切な仕事内容です。

ケアプラン作成

ケアマネージャーの仕事内容の中でもっとも重要なのが「ケアプランの作成」。

このケアプランがあることによって
高齢者は介護サービスを受けることができます。

ケアマネージャーはその高齢者の状況をしっかりと把握し、
ケアプランで目標を設定します。

そしてその目標達成のために
最適なプランを選択していくのがケアマネージャーの仕事。

介護サービスの中にも訪問介護やデイサービスなど
様々な種類のサービスがあり、
高齢者の状況によって最適なプランを考えることが重要です。

ケアプランを作る際は
利用者本人やご家族本人にわかりやすいような言葉で書くことが大事。

同意をもらうのも一つの仕事ですね。

担当者会議の設置

利用者にあった介護サービスを決まったらサービス担当者会議をセッティングします。

サービス担当者会議では
利用者が実際に利用する施設の主治医などがいます。

介護サービスを受ける利用者の状態や
これからの課題・目標を共有するのが会議の主な目的です。

モニタリング

介護サービスが始まったらケアマネージャーの役割は終わり、
というわけではありません。

サービス利用者の状態は日々変わるので定期的に利用者のところに行き、
サービスの利用状況や健康状態の把握をします。こ

れをモニタリングと言います。

モニタリングはその時々に合った介護サービスを選んでいくのが仕事内容。

介護サービスに対して
ご利用者やそのご家族がサービスに納得がいっているかなども把握する必要があります。

ケアマネのその他の仕事内容

その他にもケアマネージャーは次のような仕事内容があります。

介護サービスと高齢者をつなぐ役割なだけあってやることがたくさんあるんですね。

  • 新規利用者の獲得・対応
  • 入院している利用者の元へ行き健康状態を確認
  • 介護保険の給付を請求する
  • 苦情の対応
  • 緊急時の対応

・・・などがありますね。

ケアマネージャーの仕事内容を見ていると
いかにケアマネが重要な役割を担っているかが分かります。

業務が多いのもそうですが、臨機応変な対応も必要になってきます。

ケアマネージャーの仕事内容でもらえる給料は?

引用:厚生労働省

厚生労働省の調査によると
ケアマネージャー(介護支援専門員)の平均給料は274,471円

年収になおすとおよそ370〜390万円ほどですね。

無資格の介護士と比べると
なんと8万円も高い結果となっています。

介護職は給料が低いと言われていますが
ケアマネージャーになればかなり安定した生活を望めることができるんです!

これから介護職に就くのであればぜひとも目指したい資格ですね^ ^

関連記事:ケアマネージャーの給料は!?平均・相場を徹底解説!

ケアマネージャーは介護職最高峰の資格!

介護士が目指す一つの目標地点して「介護福祉士」が挙げられます。

介護福祉士試験を受けるには

3年以上の実務経験+実務者研修の修了

となっています。

この条件を満たし試験に合格すれば
一人前の介護士として認められたことになります。

関連記事:介護福祉士になるには!?徹底解説!

 

そして
その介護福祉士のさらに上に位置する資格がケアマネージャーです。

ケアマネージャーはまさに介護職最高峰の資格といっていいでしょう。

ケアマネージャー試験の受験資格は?

2017年のケアマネージャー試験の受験資格は次のようになっています。

医師・看護師・准看護師・保健士・介護福祉士・社会福祉士・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・言語聴覚士・はり師・きゅう師・柔道整復師・栄養士・精神保健福祉士など 保健や医療、福祉に関する資格に関わる実務に5年以上勤める
相談援助業務を勤めた者 福祉施設・介護施設・障害者施設などで5年以上働く
ホームヘルパー2級
社会福祉主事任用資格者
5年以上勤め、要介護者等への介護の指導を行った方
無資格 介護などの業務で10年以上、要介護者等への介護の指導を行った方

 

ホームヘルパー2級(現在は廃止)や介護福祉士の資格を持っていれば、
5年以上の勤務でケアマネージャーになれたんですね。

しかし!
2018年からはケアマネの受験資格が変更されることが決まっています。

 

医師・看護師・准看護師・保健士・介護福祉士・社会福祉士・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・言語聴覚士・はり師・きゅう師・柔道整復師・栄養士・精神保健福祉士など 保健や医療、福祉に関する資格に関わる実務に5年以上勤める
生活相談員
支援相談員
相談支援専門員
主任相談支援員
福祉施設・介護施設・障害者施設などで相談業務を5年以上勤める

 

無資格の場合からケアマネージャーを目指すには、
まず介護福祉士を取得し、
それから5年介護業務に従事しなければいけません

これからケアマネージャーを目指すには
最短でも8年かかるということですね。

「8年もかかるのか・・・」

と思ってしまうかもしれませんが、
ケアマネージャーの仕事もそれなりに知識が必要。

8年の間に介護職に従事し、しっかりと技術を磨き知識をつけることで
いざケアマネージャーになってもスムーズに仕事をすることができるでしょう!

まずは3年の実務経験で取得できる介護福祉士の取得を目指しましょう^ ^

関連記事:知ってた?最短で介護福祉士になるには!?

社会福祉士とケアマネージャーの仕事内容の違い

ケアマネージャーと社会福祉士の仕事内容は
似たようなものだと思っている人も多いですが、
実際は全く異なります。

社会福祉士は高齢者に限らず様々な立場の人に対する相談業務を行います。

そのため、

  • 公的機関
  • 児童福祉施設
  • 民間企業
  • 社会福祉協議会
  • 高齢者施設

など様々な施設で働き、相談業務に乗るんですね。

一方ケアマネージャーの場合、介護保険制度に沿って
高齢者に対しての相談業務やケアプランの作成を行うんですね。

 

ケアマネージャーの仕事内容まとめ

ケアマネの主な仕事内容をまとめると以下の通り。

  • 高齢者本人やそのご家族と面談(インテーク)
  • 要介護認定の書類作成
  • ケアプラン作成
  • 担当者会議の設置
  • モニタリング

ケアマネは楽な仕事ではありませんが、
高齢化社会においてかなり重要な役割を果たします。

護士として働くなら目指す価値のある資格と言っていいでしょう。

介護職は低給ですがケアマネージャーになれば一気に給料が上がります。

そのためには
まずは介護福祉士にならなければいけません!

まず3年介護士として従事し、資格をとって介護士資格最高峰であるケアマネージャーの資格を目指しましょう!

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter