【介護職】デイサービスの仕事内容・1日の流れを徹底紹介!

介護職に興味があるんだけど、デイサービスってどんな仕事内容なんだろう?

介護職にも様々な施設がありますが、その中でも特に人気の介護施設が「デイサービス」

この記事では「介護職の場合のデイサービスの仕事内容・1日の流れ」を徹底的に紹介していきます!

デイサービスの仕事内容・1日の流れ

サイト管理人・悠太
デイサービスの仕事内容は次のような流れになります。仕事内容自体は他の介護施設とそこまで変わりません。

 

8時 ご利用者の送迎

9時 健康チェック

10時 趣味・レクリエーション・入浴

12時 昼食

13時 静養・記録

15時 レクレーション・おやつ

16時 ご利用者の送迎

17時 清掃・ミィーティング

それではデイサービスの仕事内容・1日の流れを一つずつ紹介していきますね。

8時 利用者の送迎

デイサービスではご利用者の送迎を行っています。

これは他の施設にはない、デイサービスの仕事内容の特徴です。

ご利用者の方をお迎えに行った際に、そのご家族に何か変わったことはなかったかなど、ご利用者の様子をしかり把握する必要があります。

9時 健康チェック

デイサービスに到着したら
血圧や体温などの健康(バイタル)チェックを行います。

施設によっては健康チェックは看護師の仕事内容であるところもあります。

10時 趣味・レクリエーション

健康チェックが終わったら

利用者それぞれの趣味や簡単なレクリエーションを楽しむ時間です。

当然ですが利用者によって趣味は様々。

読書やカラオケなど、施設内でできそうなことで楽しめるよう介護士は努めます。

入浴

趣味やレクリエーションをしながら同時に入浴も行います。

「施設に来てもらってすぐ入浴するの?」

と思うかもしれません。
ですがデイサービスでは基本的に朝に入浴を行います。

なぜなら入浴は最も生活の中で危険度が高いから。

高齢者は血圧の変化に弱く、倒れるリスクがとても高いです。

そのためできるだけ早いうちに入浴を行い、何かあっても対応できるようにするため朝のうちに入浴を行います。

ちなみに仕事内容の中で一番ハードなのがこの入浴。

これを乗り越えたさえしまえば、体力的に大変な仕事内容はありません。

12時 昼食

デイサービスの仕事内容の一つとして「昼食」の食事介助があります。

一人で昼食を取れる人もいますが、自分の力でうまくたべれない人もいるんですね。

サイト管理人・悠太

食事の味を聞いたりしながら賑やかな時間を過ごしてもらうことを意識しましょう。

13時 静養・記録

デイサービスでは静養の時間があります。

お昼寝などゆっくり過ごしてもらう時間ですね。

昼食の後は多くのデイサービスでこのような時間が確保されています。

介護士はこのあいだにご利用者の健康の記録を連絡帳に書きます。

15時 レクリエーション・おやつ

静養の時間が終わった後はおやつを食べる時間

食事の時間同様、
会話をしながらできるだけ楽しい時間を過ごしてもらえるよう努めましょう。

おやつの時間が終わると再びレクリエーション。

高齢者でもできる簡単なゲームを行います。

私、人前で話すの苦手なんだけど、レクリエーションできるのか不安・・・
サイト管理人・悠太
安心してください。一人でやるわけではないですし、マニュアルのようなものもあります。

「人前で話すのが苦手」という方も大丈夫!
何度かやっているうちに慣れてくるので安心してください。

16時 送迎

レクリエーションも終わって夕方になると、利用者の方を自宅まで送迎します。

この送迎が終われば後は清掃・ミーティングをして終わりです。

17時 清掃・ミーティング

ご利用者が帰った後は施設内の清掃を行います。

掃除が終わったら最後に今日1日の振り返りやミーティングを職員間で行います。

ミーティングが終わればその日のデイサービスの業務は終了。

お疲れさまでした!

デイサービスの仕事内容「レクリエーション」

デイサービスの仕事内容の中で
おそらくもっとも多くの人が抱えている不安、
それが「レクリエーション」

「レクリエーション」なんて自分にできるんだろうか?
と思っていませんか?

安心してください。
口下手で人と話すのが得意じゃない人も
レクリエーションは簡単にできます。

一人ではなく他の職員と一緒に力を合わせてレクリエーションを盛り上げていくので安心して大丈夫です^ ^

▼関連記事▼
【超簡単】デイサービスのレクリエーションまとめ!誰でもできる!

無資格者と介護福祉士の仕事内容は違う?

デイサービスで無資格者と介護福祉士による仕事内容は違うの?

そう疑問に思う方もいるかもしれません。

基本的には無資格者も介護福祉士もデイサービスでの仕事内容に違いはありません。

これはデイサービスに限らずどこの施設でも仕事内容は変わらないんですね。

 

ただ、だからと言って
介護福祉士を取るメリットがないわけではありません。

介護福祉士になることによって

  • 資格手当がもらえて給料が上がる
  • 好条件の施設に就職できる
  • キャリアアップが測れる

などのメリットがあります。

なのでもしあなたがこれから介護職に就くのであればぜひ介護福祉士を目指すことを目標にしましょう!

▼関連記事▼
介護福祉士になるには?メリット・デメリットが興味深い!

夜勤のあるデイサービスもある

基本的にデイサービスは
その名の通り日中のみの運営ですが、

施設によってはお泊まりサービスもやっており夜勤がある場合もあります。

夜勤では少人数を介護士が1人〜2人で見るといった感じですね。

 

・・・ただ、夜勤をやりたくないからデイサービスを選ぶ人も多いです。

施設を選ぶ際には夜勤があるかをしっかりと確認しておいたほうが良いでしょう。

こんな人はデイサービスに向いている

デイサービスに向いているのはこんな人!

  • 人の役に立ちたい
  • 身体への負担が少ない介護職に就きたい
  • 給料よりもライフスタイルを優先させたい

人の役に立つことが好きな人には介護職は向いていると言えます。

また夜勤がない分身体への負担も少ないので、あまり体が丈夫でない人にはデイサービスは良いかもしれません。

・・・ただ、職場選びは慎重に

デイサービスはやりがいがあり人気ですが、職場によっては大変な思いをすることもあります。

毎時間休む暇なく動きまわり、利用者が帰った後も毎日何時間もサービス残業、おまけに給料も生活に支障が出るほど少ない・・・。

そんな職場に勤めたいですか?

デイサービスの中にもそんなブラックな職場があります。

そんな職場に勤めないためにも、職場は慎重に探すべき。

そのような職場はハローワークの求人に多い傾向にあります。

なのでもしあなたが今後介護職に就く予定があるなら、介護職に特化した転職サービスを利用することをおすすめします。

 

デイサービスの仕事内容まとめ

デイサービスの仕事内容はわかっていただけましたか?

デイサービスはただ単に日中の時間を過ごしていただくための場所ではありません。

ご利用者にとって楽しい時間を過ごしてもらうよう務める介護施設です。

「人の役に立ちたい!」

あなたがもしそう思うならぜひデイサービスで働いてみてください!

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter