デイサービスとデイケアの違いは?就職するならどっち?

介護職って本当にいろんな種類の施設がありますよね。

いざ介護職に就職しようと思っても、どの施設が良いのか迷ってしまいます。

その中でも特に紛らわしいのが
「デイサービス」「デイケア」

どちらも「デイ」という言葉が付いており、何が違うのか本当に分かりにくいですよね。

ではデイサービスとデイケア、何が違うのか?

そして就職するとしたらデイサービスとデイケア、どちらが良いのでしょうか?

デイサービスとデイケア、就職するならどっち?違いを紹介

デイケアとは?

デイケアとは「通所リハビリステーション」のことを表し、
言葉の通り身体の機能を回復させるためのリハビリを中心に行う施設です。

リハビリ専門職である理学療法士や作業療法士が施設におり、
身体の機能を回復・維持できることを目的としています。

デイサービスとは?

一方、
デイサービスもデイケアと同じく利用者に通っていただく施設ですが、大きく異なる点があります。

それは日常生活全般のケアを目的としている点です。

デイサービスの場合、理学療法士などの専門職の職員が多くいるのに対して、指導員な立場の人が多くいるのがデイサービスです。

なのでデイサービスは、デイケアほどリハビリを行っているわけではありません。

デイサービスは食事や入浴などの生活全般のケアを行っている施設です。

デイサービスとデイケアの違い

デイサービスとデイケアの違いをまとめるとこんな感じ。

デイケアは身体の機能を回復させる施設で、デイサービスは普段の生活を快適に行えるようお手伝いをする施設です。

デイケアのまとめ

  • リハビリを中心に行う
  • 医療法人などの医療関係が主に携わる
  • 医師・看護師・理学療法士などの専門職が多くいる

デイサービスのまとめ

  • 食事や入浴を主に行う
  • 社会福祉法人などが携わる
  • 看護師、介護職員、生活指導員などが多くいる

デイケアとデイサービス、就職するならどっち?

ではどちらの施設に就職するのが良いのか?

デイケアとデイサービスの仕事内容の違いは、介護士の場合、はっきり言ってそこまでありません。

デイサービスは介護職員が中心となって生活全般の介助やレクリエーションを行い、
デイケアはリハビリを専門とする理学療法士などの補佐的な役割を行います。

介護職員のやることはそこまで変わらりません。

ただ、介護職員の場合はデイサービスに就職する人の方が多いです。

これは求人自体がデイケアよりもデイサービスの方が多いためです。

●デイサービスのおすすめ求人を見てみる

どちらの施設に就職するかよりももっと大事なこと

ここまでデイサービスとデイケアに就職する際の違いについて説明してきましたが、もっと重要なことがあります。

それは職場選び。

同じ種類の施設でも、職場によって安月給で人間関係の劣悪な職場もあります。

逆にサービス残業もなく、高い給料を受け取れて、人間関係の良い職場もあります。

もしこれからあなたが介護職に就職しようと思っているなら、間違いなく職場選びに力を注ぐべき。

ここがあなたの介護士人生を左右すると言っても良いでしょう。

下記では介護の転職にもっとも適している「転職サイト」を利用した就職方法を解説しています。

転職サイトを使って高待遇の施設に就職しよう

デイサービスもデイケアも仕事内容自体はそれほど大きく変わりません。

なのでもしも就職するなら高待遇で雰囲気の良さそうな施設に就職した方が良いですよね。

そのためにもやはり活躍するのは転職サイト

ストレスなく毎日充実した日々を過ごすためにも、ぜひ下記の記事をご覧ください!

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter