【もう嫌だ】訪問介護が辛いと感じた時に考えて欲しい選択肢

 「もう嫌だ・・・訪問介護の仕事が辛い」
あなたは今、そう思っていませんか?

「やりがいがある職業」と言われていますがその一方で、辛い思いをしている介護士もたくさんいます。

担当する利用者さんの性格がとてもキツかったり、あまりにも重労働だったり。

そんな状況の中働いていると、辛い思いをするのは当然です・・。

この記事では、訪問介護の仕事について一人で悩んでいる人に向けて書いていきます。

訪問介護で辛いと感じること

あなたは訪問介護のどんな部分について辛いと感じていますか?

これから挙げる訪問介護の悩みに当てはまれば当てはまるほど、あなたは辛い状況であることがわかります。

「担当者をかえてほしい」と言われて辛い

「担当者を変えてほしい」と言われると本当に辛いですよね。

なんというか、自分という人間を強く否定されたように感じてしまいます。

ですが、訪問介護においてそのようなことは珍しいことではありません。

なぜなら、どんな人でも相性があるからです。

最初は時間がかかるかもしれませんが、少しずつ心の中で割り切れるようにしましょう。

モラハラが辛い

担当する利用者の中にはあまりにひどい言い方をする人もいます。

「お前は介護士に向いてない!」

「こんなまずい飯、食べれるか」

「その歳でまだ結婚もしてないのか」

これは立派なモラル・ハラスメントです。
モラハラをされて辛いと感じない人間なんていません。

訪問介護は一人で対応するので辛い

訪問介護は基本的に、どんなことも一人で対応しなくてはいけません。

そうなると対応力や判断力が求められます。

そうなると、仕事をしながら感じるプレッシャーも大きく、辛いと感じても仕方ありません。

訪問介護は給料が低くて辛い

「訪問介護の給料が低くて辛い」
あなたはそう思っていませんか?

訪問介護は介護施設と比べて給料が低い傾向にあります。しかも突然のキャンセルもあるため安定しないことも多いですよね。

安い給料で働いていると、そのうち「なんのためにここで働いているんだろう?」と思い詰めてしまいます。

 

訪問介護が辛いと感じたら介護施設で働く

それでは訪問介護が辛いと感じた時、どうすれば良いか?

具体的な解決策として介護施設で働くということをおすすめします。

「同じ介護職じゃないか」

そう思うかもしれませんが全くのべつものです。

訪問介護は辛い!介護施設で働くメリット

介護施設は収入が安定する

施設勤務は訪問介護よりも給料が高い傾向にあり、しかも訪問介護と違って利用者の突然のキャンセルがないので安定した収入を得ることができます。

一緒に働く仲間がいる

訪問介護と違って一緒に働く仲間がいるのでプレッシャーを感じずに仕事ができます。

苦手な利用者がいても大丈夫

訪問介護と違って介護施設は利用者と1対1ではありません。

なので、もし苦手な利用者がいても変な話、できるだけ関わらなければ良いだけです。

職員は何人もいるので、たとえ自分が関わらなくても他の人が対応してくれるでしょう。

介護施設でも訪問介護のスキルは活かせる

先ほど「訪問介護と介護施設はまったく別物」と言いましたが、訪問介護で身につけた知識やスキルはそのまま施設勤務でも存分に活かすことができます。

 

パートで働くなら絶対に派遣

訪問介護や介護施設に限らず、もしあなたがパートで働いているなら、絶対に派遣として働いたほうが良いです。

派遣とパートの違いは以下の通り。

派遣 パート
時給 1,000〜1,700円 800〜1,000円
サービス残業 なし あり
労働条件の交渉 派遣会社がおこなってくれる 自分で行わなければいけない

この通り派遣のほうがメリットが大きいです。

中でも知ってほしいのは「労働条件の交渉」。

パートで働く人の多くは「週4、5時間だけ働きたい」などの希望があるはずです。

このような希望をパートとして働く際には自分自身でやらなければいけません。その場合、どうしても相手側に有利に条件を進められがちです。

しかし、派遣の場合は企業が交渉をしてくれるので、自分の理想の働き方ができやすくなります。

正社員にこだわりがないのなら派遣で働くべき。下記でおすすめの介護派遣会社を紹介しているので、主婦の方はぜひ必見です。

 

訪問介護が辛いと感じたら

訪問介護士であるあなたが今、仕事が辛いと感じるなら介護施設で働くことをおすすめします。

訪問介護と違って給料が安定しており、働きやすさもだいぶ違います。

しかもこれまでの経験やスキルを活かすこともできるので、異業種で働くよりも断然おすすめです。

・・・ただ、介護施設の方が良いと分かったからといって、行動しなければ何も始まりません。

行動をして初めて今の現状を変えることができます。

下記で施設選びに失敗しないための求人選びの方法を解説しています。本気で介護施設へ転職を考えているなら、ぜひ読むことをおすすめします。

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter