【訪問介護】ホームヘルパーが感じる7つのやりがいとは!?

訪問介護のやりがいってなんだろう?

そんな疑問を持ってはいませんか?

「訪問介護の仕事に就いてみたい!」
そう思っても、その気持ちを邪魔するのが介護職の悪い噂。

介護職はすごく大変!

そんな話ばかり聞くと
訪問介護士としてやっていけるか不安になりますよね。

ですが!
訪問介護(ホームヘルパー)はとてもやりがいのある職業として、たくさん人が携わっています。

では、訪問介護のやりがいとは一体どういったものなのでしょうか!?

訪問介護(ホームヘルパー)が感じる5つのやりがいとは!?

訪問介護のやりがい1 笑顔がみれる

ホームヘルパーを対象にした、
「どんな時に訪問介護のやりがいを感じるか?」
というアンケートで1番多かった回答が

「ご利用者の笑顔を見た時」

訪問介護(ホームヘルパー)に限らず、
どんな仕事でも自分がしたことによって相手が笑顔になるのはとても嬉しいものです。

僕も介護職に携わっていて笑顔で「ありがとう」と言われた時は、介護職にとてもやりがいを感じました。

訪問介護のやりがい2 信頼関係が築ける

訪問介護のやりがいとして「信頼関係を築けた時」もとてもやりがいを感じます。

訪問介護は基本的に1対1。

介護施設よりももっと深くその高齢者の方とかかわることができるんですね。

そうなると、お互いに信頼し合えるようになり、
訪問介護にとてもやりがいを感じるようになります。

これは介護職の中でも施設勤務では味わうことのできない、
訪問介護ならではのやりがいです。

訪問介護のやりがい3 その人を元気にすることができる

自分が介護をしたことによって
「自分が関わったご利用者が元気になった時」
のやりがいはとても大きいものです。

自分が行なったことによってご利用者の健康を保つことができた時や、
お話ししているうちに暗かった顔が明るい顔になった時、

訪問介護者は大きなやりがいを感じます。

なにより誰かを元気にさせることができると、自分も元気になれるんです。

訪問介護のやりがい4 家族から感謝された時

ご利用者の方から「ありがとう」と言われるのはもちろん嬉しいですが、ご利用者の家族から感謝された時は大きな喜びを感じます。

訪問介護でヘルパーが力になれるのは利用者だけではありません。

そのご家族も元気にすることができるのです!

そんな時も
「この仕事について良かった」
と訪問介護のやりがいを大きく感じます。

訪問介護のやりがい5 生活を支えているという実感

高齢者の方が施設に通わず訪問介護を選ぶということは、
「できる限り自宅で自立した生活を送りたいから」
という願いがあります。

その願いを叶えられるのが
訪問介護として働くホームヘルパーの役割。

ホームヘルパーがいてこそ、利用者の方はご自宅で安心して生活することができるんです。

そう考えると、
訪問介護はとても尊い仕事だと思いませんか?

訪問介護のやりがい6 人生の先輩から学べる

いくらホームヘルパーが介護するからと言っても、相手は自分の倍長く生きてきた人生の先輩です。

高齢者の方と一緒に過ごしていると、学ぶことって本当にあるんですよね。

ぼく自身、
介護士として働いて多くのことを学ばせてもらいました。

人生の先輩と接する ことができ、
かついろいろなことを学べる。

これも訪問介護の立派なやりがいではないでしょうか?

訪問介護のやりがい7 人の役に立てたと感じた時

やはり一番の訪問介護のやりがいは
「人の役に立てた時」。

ここまで紹介したどの訪問介護のやりがいも、
すべては「人の役に立てたとき」に直結します。

人は誰だって
「誰かの力になりたい」
そう思っています。

どんな仕事も人の役に立てますが、訪問介護ほど直接的に人の役に立てる仕事はなかなかありません。

「誰かの力になりたい」

そう強く思っている人は訪問介護に向いているのではないか?
と思います。

訪問介護(ホームヘルパー)のやりがいまとめ

訪問介護(ホームヘルパー)のやりがいは他にもたくさんありますが、今回はその中でも特に感じる訪問介護のやりがいを紹介しました。

  • 笑顔が見える
  • 信頼関係が築ける
  • その人を元気にすることができる
  • 家族から感謝される
  • 生活を支えているという実感
  • 人生の先輩から学ぶことができる
  • 人の役に立てる

訪問介護のやりがいは本当にたくさんあります。

これほどまでにやりがいの多い職業はなかなかありません。

どんな仕事も人の役に立つからこそ「仕事」になるのですが、訪問介護を含むすべての介護職は、役に立つという実感をダイレクトで感じることができます。

訪問介護に興味のあるあなたがたくさんの高齢者を笑顔にできることを願っています!

ちなみにあなたはパートで働く?

もしあなたがパートとして働こうと思っているなら、パートよりもおすすめの働き方があります。

それが「派遣」です。

正社員のこだわりがあるなら別ですが、そうでないならパートで働くと損をしてしまう可能性が高いです。

下記で派遣とパートの違いを紹介しています。

子育てや育児と仕事を両立させようと思っている主婦の方は必ずご覧ください。

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter