【2019年版】訪問介護(ホームヘルパー)の給料・時給の相場を解説!パート・正社員の年収と収入・給与・仕事内容を紹介

「訪問介護の給料っていくらもらえるんだろう?」

「どんな仕事内容なんだろう?」

そんな疑問をお持ちでないですか?

介護職の中でも人気の業種「ホームヘルパー(訪問介護)」。

時間に融通が効くことから主婦を中心にたくさんの人に人気があります。

・・・ですが、やはり気になるのが「給料」や「仕事内容」。

「介護職の給料で生活していけるかな・・・」
「自分でもヘルパーとしてやっていけるのかな」

・・・と不安になりますよね。

なのでこの記事では訪問介護の給料と年収・仕事内容について詳しく紹介していきます!

訪問介護(ホームヘルパー)の平均的な給料(給与)と年収の相場は?

 時給  月収
 パート  時給1166円(平均)  月収10.5万円
 正社員  ー  月収20万円
派遣社員 時給1000〜1700円
(派遣会社による)
月収10〜15万
(訪問介護における時給、月収の平均データの情報が少ないので、おおよそで記載しています。)

パート・正社員・派遣の給料相場などをそれぞれ比較すると上記の通りです。

この中で、もっともおすすめなのが「派遣」

時給がパートよりも高く、なおかつ正社員と違って、サービス残業など無駄な労働がありません。

高時給で効率よく稼ぎたいなら、断然「派遣」がおすすめ。

早めに情報収集するためにも、一度派遣会社に登録だけでもするべきですね^ ^

 

パート(登録ヘルパー)の訪問介護の給料・時給・年収相場

パートの場合は基本的に時給で支払われます。

厚生労働省の調査によると、ホームヘルパーとしてパート(登録ヘルパー)で働く場合の給料平均は時給1,166円、月給は105,000円という結果になっています。

全国のパートの平均時給は相場で976円。

訪問介護は初任者研修を持ってないと働けない分、時給は他のバイトに比べると比較的高い傾向にあります。

また、年収にすると単純計算で124万8,000円となります。

訪問介護の移動費は時給に含まれるの?

「訪問宅間の移動時間は時給に含まれるの?」

と疑問に思う方もいるかと思いますが、これは事業所によって違います。

本来は時給に含んではいけないという決まりがありますが、業界の中ではグレーゾーンなんですね。

なので事業所にホームヘルパーとして働く場合は、一度確かめた方が良いです。

知らなきゃ損!

正社員で働くこだわりがなければ、パートで働くよりも派遣で働く方がメリットは大きいです。
派遣で働けば時給が1700円もらえることもあります。詳しくは下記をご覧ください!

参照:主婦がパートするなら断然「派遣」がオススメ

 

【正社員】の訪問介護(ホームヘルパー)の給料と年収の相場

訪問介護の常勤の場合の平均給料は、月給で194,400円、約20万円という結果になっています。

正社員で働く場合の年収でいうと270〜280万ほどです。

特養や老健などの施設の平均給料は月給で20万円ほど(平均年収310万)。入所施設と比べると、訪問介護は若干給料・年収が低い方となっています。

給料を重視するのであれば、介護施設で働くか派遣社員で働くのがおすすめです。

関連記事:【保存版】介護職の給料の平均は?施設・資格・医療職別に比較!

 

【派遣】の訪問介護(ホームヘルパー)の給料と年収の相場

ホームヘルパーで介護派遣として働く場合の平均時給の相場は派遣会社によって異なります。

おおよそ1000〜1700円と考えておけばOKです!

高時給で効率よく稼ぎたいなら、派遣がおすすめ!

「短時間で高時給!」平均時給の相場が高い

介護派遣会社は高時給です。派遣の時給は1500〜1700円ほど。希望の時間で働くことができ、なおかつたくさん稼ぐことができます。

希望の働き方ができる

自分では難しい希望の労働条件も派遣会社が交渉してくれるので、自分の希望の条件で働きやすいです。主婦はパートよりも絶対に派遣会社を通して働くべし!

サービス残業がない

施設との直接契約ではないのでサービス残業がありません。残業代はしっかり時給の25%支払われます。

人間関係に悩むこともない

求人票では分からない施設の評判や雰囲気も、派遣会社の担当者から情報を聞くことができます。人間関係に悩んできた人は特におすすめ!

 

訪問介護(ホームヘルパー)は仕事内容で給料・時給が変わる

訪問介護の仕事はざっくり分けて2つの仕事内容に分かれています。

  • 生活援助・・・洗濯や調理など間接的な介助
  • 身体介護・・・入浴や排泄など直接的な利用者への介助

利用者のご自宅で仕事をする際、どちらの仕事内容をするかで時給は違ってきます。

生活援助は時給1,000円ほどに対し、身体介護は時給1500円ほど

身体介護の方が仕事内容が大変な分、生活援助に比べて高い傾向にあるんですね。

お金をがっつり稼ぎたい方や体力に自信がある人は身体介護の仕事を中心に行うのがおすすめです。

 

ホームヘルパー(訪問介護)の仕事内容は?

ホームヘルパーの仕事内容には大きく分けて2つに分けられます。

  • 生活援助
  • 身体介助

これらを一つずつ紹介していきます。

「生活援助」の仕事内容

生活援助は利用者に対して間接的な介護サービスを行います。

ホームヘルパーの生活介助の仕事内容は以下の通り。

  • 洗濯
  • 掃除
  • 調理
  • 食器洗い
  • 買出しなどなど・・・

ホームヘルパーの生活介助の仕事内容は身の回りの家事です。

この他にもゴミ出しやシーツの交換といった仕事内容もあります。

「身体介助」の仕事内容

  • 食事介助
  • 入浴介助
  • 着替え介助
  • 排泄介助
  • 体位交換などなど・・・

身体介助は生活援助と違って直接的な利用者への介助を行います。

介護の未経験者からすると、最初のうちは少し大変そうに感じるかもしれません。

特に排泄介助は慣れるまでは抵抗があるはずです。

ただ、やっていくうちにすぐになれます。みんなすぐに慣れるのでそこは心配しなくて良いと思います。

 

訪問介護(ホームヘルパー)に必要な資格は?

介護施設で働く場合は無資格でも働けますが、訪問介護でホームヘルパーとして働くには、初任者研修以上の資格が必要です。
(正社員でなくてもです)

初任者研修とは?

介護職の入門的な資格。正式名称「介護職員初任者研修」。介護についての最低限の知識や技術を学ぶことができます。無資格・未経験でも取得が可能です。

関連記事:無料で取れる!介護の資格の取り方まとめ

 

初任者研修の他にも、

などの資格を持ってれば訪問介護に従事することが可能です。

介護の資格はなんも資格を持ってない!

 

サイト管理人・悠太
大丈夫!最短一ヶ月で取れますし、実務者研修なら無料で取れますよ!

 

初任者研修は誰でも簡単に取れる資格。

講座選びさえ間違わなければ、最短でしかも格安で取得できますよ!

→最短で格安の初任者研修講座を探す

向いている人はどんな人?「やってみたい」が大切!

この記事を読んでる人の中には

「自分は訪問介護に向いてるのか知りたい!」

と思っている人もいるかもしれません。

実際、「訪問介護 向いてる人」なんてグーグルさんに聞いてる人がたくさんいます。

はっきり言って・・・

やってもいないのに向いてる人なんてわかりません。

向いているかそうでないか?は、実際にやってみて、初めてわかるものです。

それよりも、興味があるなら、まずやってみることが大事!

悩む時間がもったいないです。

介護の求人サイトに登録して、好条件の求人を探してみましょう!

訪問介護(ホームヘルパー)の月収・年収相場まとめ【パート・正社員別】

訪問介護(ホームヘルパー)の給料がどれくらいかわかっていただけましたか?

事業所によってそれぞれですが、正社員の場合ホームヘルパーの給料の平均は19万ほど。

他の介護職に比べると給料は傾向にありますが、その分訪問介護はやりがいの大きい職業です。

・・・ただ、できればやはり高い給料をもらいたいですよね。

これからホームヘルパーとして働くなら派遣がおすすめ!

派遣 パート
時給 1,000〜1,700円 800〜1,000円
サービス残業 なし あり
労働条件の交渉 派遣会社がおこなってくれる 自分で行わなければいけない

介護派遣は正社員やパートに比べて圧倒的にメリットが多いです。

特に転職コンサルタントがあなたの希望を聞いてくれるのが最大のメリット。

自分の理想の職場に出会える確率が格段に上がります!

下記で国内の中から厳選して介護派遣会社をご紹介しています。ぜひともご覧ください!

当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼