なるほど!訪問介護(ホームヘルパー)の給料・年収を解説【パート・正社員】

「訪問介護の給料っていくらぐらいもらえるんだろう?」

そんな疑問をお持ちでないですか?

介護職の中でも人気の業種「ホームヘルパー(訪問介護)」。

時間に融通が効くことから主婦を中心にたくさんの人に人気があります。

・・・ですが、やはり気になるのが「給料」。

「介護職の給料で生活していけるかな・・・」と不安になりますよね。

なのでこの記事では訪問介護の給料と年収について詳しく紹介していきます!

ホームヘルパー(訪問介護)の平均給料は?

訪問介護(ホームヘルパー)の給料・パートの場合

パートの場合は基本的に時給で支払われます。

平成24年度の介護労働実態調査によると、ホームヘルパーとしてパートで働く場合の給料平均は時給1,166円、月給は104,000円となっています。

訪問介護は初任者研修を持ってないと働けません。そのため時給は他のバイトに比べると比較的高い傾向にあります。

知らなきゃ損!

正社員で働くこだわりがなければ、パートで働くよりも派遣で働く方がメリットは大きいです。
特に何かと忙しい主婦はパートよりも断然派遣の方がオススメ。下記で理由を紹介しています。

参照:主婦がパートするなら断然「派遣」がオススメ

訪問介護(ホームヘルパー)の給料・常勤の場合

訪問介護の常勤の場合の平均給料は、月給で194,400円という結果になっています。

手取りでいうと16〜17万程度ほどですね。年収でいうと270〜280万です。

特養や老健などの施設の平均給料は月給で20万円ほど(平均年収310万)。入所施設と比べると、訪問介護は若干給料・年収が低い方となっています。

ちなみに介護職で一番給料(月給)の高い傾向にある施設は特養となっています。

関連記事:【保存版】介護職の給料の平均は?施設・資格・医療職別に比較!

ホームヘルパーの移動時間は給料に含まれる?

「 パートの訪問介護士として働く場合、移動時間も給料に入るのかな?」

これから訪問介護で働く人にとって気になるのが「移動時間も給料はもらえる?」ということ。

できれば移動時間も給料は欲しいとこですが、これは職場によって変わってきます

ほんらいは移動時間も給料に含まれることが厚生労働省により義務化されています。

移動時間も会社に拘束されているのですから、移動時間も時給に含まれるのは当然ですよね。

ですが、じっさいは未だに守られていない事業所が多くあります。

・・・なので訪問介護士として働くさいには、事前に移動時間も給料に含まれるか聞いた方が良いでしょう。

(時給があまりに高く設定されていると、移動時間も時給に含まれている場合が多いです。)

訪問介護(ホームヘルパー)に必要な資格は?

介護施設で働く場合は無資格でも働けますが、訪問介護でホームヘルパーとして働くには、初任者研修以上の資格が必要です。

初任者研修とは?

介護職の入門的な資格。正式名称「介護職員初任者研修」。介護についての最低限の知識や技術を学ぶことができます。無資格・未経験でも取得が可能です。

関連記事:無料で取れる!介護の資格の取り方まとめ

 

初任者研修の他にも、

などの資格を持ってれば訪問介護に従事することが可能です。

介護の資格はなんも資格を持ってない!

 

サイト管理人・悠太
大丈夫!最短一ヶ月で取れますし、実務者研修なら無料で取れますよ!

 

初任者研修は誰でも簡単に取れる資格。

講座選びさえ間違わなければ、最短でしかも格安で取得できますよ!

→最短で格安の初任者研修講座を探す

訪問介護(ホームヘルパー)の給料・年収まとめ

訪問介護(ホームヘルパー)の給料がどれくらいかわかっていただけましたか?

事業所によってそれぞれですが、正社員の場合ホームヘルパーの給料の平均は19万ほど。

他の介護職に比べると給料は傾向にありますが、その分訪問介護はやりがいの大きい職業です。

・・・ただ、できればやはり高い給料をもらいたいですよね。

これからホームヘルパーとして働くなら転職サービスがオススメ!

介護の転職サービスはハローワークにはない好条件の求人があります。

しかも転職コンサルタントがあなたの希望をしっかり聞いてくれるので、自分の理想の職場に出会える確率が格段に上がります!

逆に給料が少なすぎると「なんのために働いているんだろう・・・」とどうしても思ってしまいますよね。

そうならないためにも、高待遇の事業所でホームヘルパーとして働きましょう!

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter