【保存版】介護職から工場(製造業)に転職するメリット・デメリットを比較

「介護職は残業や夜勤が多くてやってられない。定時に終わる工場に転職したい」

「介護職は給料が低いから給料が高い工場へ転職したい」

介護職からの転職で多いのが工場。

介護の仕事から工場に就職して生活が一転したという話をよく耳にします。

ただ、周りに工場(製造業)勤務の人がいないと転職後のイメージがなかなかつきにくいですよね。

でも大丈夫!
この記事で工場での仕事や工場勤務のメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

工場・製造業の種類と仕事内容

工場で製造業として働くといっても、様々な種類があります。

製造業の種類は次の通りですね。

  • 自動車
  • 食品
  • 洋服
  • 建築資材
  • 精密機械
  • 電子機器

  • ・・・などなど

工場といっても自動車や電子機器などの機械から、食品や洋服といったものまで様々あります。

仕事内容の多くは同じ作業の繰り返し。
ですがその中でいかに早く効率的に作業を進められるかは工場勤務の一つのやりがいです。

介護から工場(製造業)へ転職するメリット

介護から工場(製造業)へ転職するメリットは本当にたくさんあります!

  1. 給料が圧倒的に高い
  2. 未経験・資格なしでも正社員での就業が可能
  3. サービス残業がない。定時で上がれる
  4. モノ相手なのでイライラしない

 

①介護職よりも給料が圧倒的に高い

介護職の給料といえば平均でおよそ20万ほど。地域や職場によっては15万前後も珍しくありません。

しかし工場の場合は基本的に高給。

月25万〜30万は普通で、大手企業だと年収400〜450万もまったく珍しくありません。

介護職とは比べ物にならないですね。

 

日本最大の工場求人サイト「工場ワークス」より引用

毎月30万以上もの給料があったらどうでしょう?

お財布の中身を気にせず美味しいものをたくさん食べ、欲しいものはたいてい買えます。

もちろん大切な家族を守ってあげることもできます。

工場に就職する最大のメリットはやはり給料が良いという点ですね。

>>工場ワークスの求人を詳しく見る

②未経験・資格なしでも正社員で転職が可能

IT業界や運送業に転職する場合、特別な知識や資格が必要。それらを手に入れるのは莫大な時間とお金が必要です。

しかし工場での勤務の場合、特別な経験や資格がなくても正社員での転職が可能なんです。

また仕事内容も介護職のように繊細で複雑なことはありません。

一度慣れてしまえば、どんどん効率的に仕事を進められるようになります。

未経験でもすぐに仕事を覚えられ、スタッフの一員になれるのは大きな魅力ですね。

③サービス残業がない。定時で上がれる

介護職で多いのがサービス残業。

早番・遅番が来るまで帰れないことや翌日のレクリエーションの準備でいつまでも帰れない。そんな介護士がかなり多くいます。

しかし工場の場合はサービス残業がかなり少ないです。

しかもある程度規模の大きい工場なら労働組合があり、賃上げや残業の規制を行ってくれるので社員の労働環境を守ってくれます。

また繁忙期でなければ夕方5時の定時のチャイムがなれば退社できるのも当たり前のこと。

プライベートは介護職よりも工場の方が断然充実できるでしょう。

④人と関わらなくて済む

介護職は人を相手にする職業なので大変な面がたくさんあります。

認知症の利用者はこちらの言うことを全く聞いてくれませんし、暴言・暴力なんて当たり前にあります。

しかし工場勤務の場合はそのようなストレスの溜まることは一切ありません。

そのストレスがなくなると考えただけでもかなり楽ではありませんか?

介護職から工場へ転職するデメリット

逆に工場勤務のデメリットは次の通り。

  1. 仕事内容が単純で飽きるかも
  2. 交代制の職場が多い
  3. 怪我する可能性がある

 

①仕事内容が単純で飽きるかも

工場の仕事内容は基本的に単純作業の繰り返しです。

「いかに効率よく作業を進められるか」と自ら楽しみを見つけられれば良いですが、それができないと仕事に飽きてしまう可能性があります。

「単純作業が好き」
「黙々と作業するのが好き」

という方には工場勤務が向いてるでしょう。

②交代制の職場が多い

工場勤務は介護職同様に夜勤が多いです。

介護職ですでに夜勤をやっているなら慣れているかもしれませんが、そうでなきゃ慣れるまで大変な思いをします。

ですが工場求人の中には日勤のみの求人も多くあるので、夜勤をやりたくなければそのような求人を探しましょう。

③ケガもありえる

介護の場合は腰痛になる可能性がありますが、工場の場合は怪我をしてしまうことがあります。

例えば火傷や打撲、場合によっては骨折なんてことも
(滅多にないけど)

機械を扱っている分、そういった可能性もなくはないので、一応頭に入れておくべきですね。

介護から工場へ転職するおすすめの方法

工場の求人を探すならぜひ知っておいてほしい求人サイトがあります。

それが工場ワークス

工場ワークスはその名の通り工場の求人に特化しており、求人数は3万件近くと日本一の工場求人サイトです。

日本最大の工場求人サイトだけありトヨタ自動車日産といった国内を代表する企業が集結しています。

大手企業の正社員になれば月収500万も可能で休日やその他手当などの福利厚生も抜群です。

将来の不安に困らず贅沢な暮らしを手に入れたいならぜひ一度工場ワークスを見てみてください。

>>工場ワークスで全国の求人を探す

介護から工場(製造業)へ転職するときの職務経歴書に書く志望動機と自己PRは?

工場(製造業)へ転職する際、面接や履歴書、職務経歴書で職務履歴書や自己PRを伝える必要が出てきます。

なので志望動機や自己PRのサンプルを用意してみました。

介護から工場(製造業)の志望動機の例

私はこれまで介護の仕事をしてきましたが、今後の将来を改めて考える中で、以前から興味のあったものづくりに関わる仕事をしたいと思いました。

細かい作業が好きで単純作業が苦にならず、むしろ「どうすれば効率良く作業が進められるか」ということにやりがいを感じます。

未経験からのスタートなので最初は足を引っ張ることもありますが、御社に貢献できる人材の一員になりたいと思い志望しました。

介護から工場の自己PR

子供の頃から細かい作業や単純作業が好きで黙々と一つのことに集中することが得意でした。

これまで介護職に携わってきましたが、待遇面から今後の将来に不安に感じていた時、以前から興味のあったものづくりの仕事に携わりたいと思いました。

未経験からのスタートなので先輩からご指導をいただかなければなりませんが、これまでの経験を活かしてそれを補い、貴社のお役に立てると存じております。

参考になりましたか?

下記では工場(製造業)の他に様々な職種の志望動機と自己PRの例をご紹介しています。合わせてご覧ください。

 

介護職から工場(製造業)に転職するなら今!

ここまで読んでもまだ「自分は工場でやっていくことができるのか?」と不安になっているかもしれません。

未経験の職種はどうしても不安になりますよね。

しかしどの仕事も最初は経験なんてありません。介護職の時もそうだったはずです。

自分の理想の生活を手に入れたいならやる気のある時に行動するべきですよ!

>>工場ワークスで全国の求人を探す

異業種へ転職におすすめの転職エージェントランキング

総合力No1 doda

dodaの特徴

・転職エージェント人気No1

・ブラック企業を徹底排除!高待遇で福利厚生の良い求人対数!

・履歴書サポートあり

マイナビエージェントの詳細はこちら

 公式HPはこちら

女性の転職はリブズキャリア(女性限定)

・女性の転職に強い「女性専用の転職エージェント」

・大手企業の求人多数

→リブズキャリアの詳細はこちら

公式HPはこちら

20代は「マイナビジョブ20`s」

・20代の求職者へのサポートに力を入れた転職エージェント

・職務履歴書や面接の対策などのサポートが充実

マイナビジョブ20`sはこちら

公式HPはこちら

 

当サイト人気厳選記事