【決定版】介護からの転職で有利になる資格まとめ

「介護から異業種へ転職したい・・・でも転職に自信がない。何か資格をとっておいたほうが良いのかな?」

そう思ってませんか?

たしかに資格を取得すると転職に有利になりそうですし、自信を持って就活に望めそうですよね。

では実際のところ、資格は必要なのでしょうか?

介護職から異業種への転職に資格は必要?

まず結論から言うと、必要でない場合が多いです。

職業によっては必要な資格もあります。

・・・ですがこの記事を読んでいるということは「異業種へ転職したいけど何か就職に役に立つ資格はないか?」と、まだ就きたい職業が明確になってない状況で資格を取ろうとしていませんか?

介護からの転職で特に多い職業は、

  • 事務
  • 工場
  • 営業
  • 販売・サービス業

などが多いです。

ですがそれらの職業では基本的に資格は必要ありません。

はっきり言って資格を持っていようがなかろうが希望の職場に就職できる人はできますし、できない人はできません。

そして就職できない人の多くは、正しい転職方法を知らないのです。

 

では正しい方法とは何か?

それは転職エージェントを利用することです。

転職エージェントではあなたの希望にあった職場紹介をはじめ、履歴書や職務経歴書の書き方、さらには面接対策まであらゆるサポートをしてくれます。

だから就職率はもちろん、定着率まで高い数字を叩き出してるんですね。

ちなみにハローワークとの違いは以下の通り。

メリット デメリット
転職エージェント ・事前に企業の評判や雰囲気を知った上で勤めれる

・履歴書や職務経歴書などの書き方を指導してくれる

・ハローワークにはない非公開求人が見れる

・登録しないといけない手間がある30秒〜1分)
ハローワークetc ・自分一人で気軽に転職先を探せる ・ブラック企業が潜んでいる

・求人票でしか職場の情報を知れない

・紹介者は企業の評判や雰囲気に詳しいわけではない

もしあなたがまだ就きたい職業がはっきりしてない場合は一度転職エージェントを利用することをおすすめします。

>>人気の転職エージェントを見る

介護からの転職に必要な資格は?

とはいえ、職業によっては資格が必要になり場合もあります。

具体的に言うと、

  • 事務職
  • 運送業(トラック運転手)
  • 工場でのフォークリフト運転手

この3つですね。

それぞれの職業に必要な資格について詳しく解説していきます。

一般事務職に必要な資格

事務職の求人をみれば分かりますがほとんどの求人は無資格でも問題ありません。

経理の仕事に就く場合は「簿記」の資格が必要になることもありますが、そうでなければ無資格でも十分に就職ができます。

ただやはり求人で多いのが「ワード・エクセルのスキル」。

資格を取得する必要はほぼありませんが、最低限使えるようになっておくべきです。

・・・と言ってもキーボードに文字や数字を入力できるレベルで問題ない場合が多いですが。

また職場によってはパソコン作業よりも受付や接客、会計などが主な仕事となることも多いです。

事務職に必要なワードのスキル

ワードは社内文書・社外文書などの制作に使います。

ワードで必要なスキルはこちら。

文字を太字や斜体にする、アンダーラインを引く、色変更などまさにワープロというような超基本的な機能は当然として、ごく簡単な表作成イラスト(クリップアート)や図形の挿入および簡単な編集くらいは必要になります。

引用:ジムテン

この程度のレベルなら1日で覚えることができるので問題ありません。

事務職に必要なエクセルのレベル

エクセルでは製品の在庫の管理や顧客名簿など数字を管理する際に使われます。

エクセルは完璧に覚えようとすればキリがありませんが、一般事務程度であれば最低限のことができれば問題ありません。

  • 書式設定
  • 四則演算
  • 切り上げ・切り捨てなどの簡単な関数

この程度ならYouTubeなどで簡単に学ぶことができます。

運送業(トラック運転手)

運送業でドライバーとして働く場合、会社によっては中型自動車免許大型自動車免許が必要になります。

トラックの運転手の給料は25〜35万ほどと比較的高めです。

ですが運送業は交通事故を起こしてしまうリスクもあります。運転に自信がある方でないとあまりおすすめできません。

中型自動車免許

中型自動車免許では4〜11トン未満のトラックの運転が可能。

中型免許が必要な職業の例

  • コンビニへの食品の配達
  • 飲み物の各営業所への運送
  • 宅配会社のセンター間輸送

 

中型免許の取得方法

中型免許は免許経歴が通算2年以上なければいけません。

取得方法は運転免許試験場で一発合格を目指す方法と、教習所に通って資格を取る方法があります。

資格を取るのにかかる費用は相場20〜30万ほど。会社によっては資格取得にかかる費用を負担してくれるところもあります。

7〜10日ほどで取得ができます。

準中型自動車免許

準中型免許は中型免許と違い免許経歴がなくても取得できる資格です。

高校を卒業してからでもすぐにトラックの運転ができるように作られた資格ですね。

中型免許は免許経歴が2年以上なければいけないため、高校を卒業してすぐには運転ができませんでした。

しかし2007年に準中型自動車ができてからは免許が取得できる18歳からトラックの運転が可能になりました。

準中型免許の場合は7.5トン未満のトラックの運転が可能です。

準中型免許の資格取得方法

中型自動免許と同じく教習所に行き取得します。相場は30満前後で1か月未満で取得が可能です。

大型自動車免許

一方、大型自動免許はどのトラックでも運転できる免許ですね。どの運送会社も喉から手が出るほど欲しい人材です。

トラックの他にバスやダンプカー、タンクローリーなども運転できます。

大型免許が必要な職業

  • 工場へのセメントの配送
  • 住宅建築資材や鋼管パイプなどの輸送

 

大型自動車免許の取得方法

大型の場合は満21歳以上で免許経歴が通算3年以上なければ取得ができません。

大型トラックの場合は指定自動車教習所に入校し取得を目指します。

期間は13〜15日ほどで取得ができます。取得にかかる相場は35〜40万ほどですね。

フォークリフト

工場や倉庫によってはフォークリフトを使うこともあります。

なのでフォークリフトを持っておくことで就職が有利になる場合があります。

車の免許を持っている場合は最短4日ほど、車の免許を持っていなくても 5日ほどで取得ができます。

費用は3〜5万ほどとなります。

【まとめ】介護からの転職に資格はそこまで必要ない

「あると就職の幅が広がるな」という資格をざっと並べましたが、特殊な仕事でない限りは資格は必要ありません。

とりあえず資格を取っておこうと思う気持ちも分かります。

ですが、それなら求人を調べたり面接対策や職務経歴書の書き方を覚えたほうがよっぽど良い時間の使い方です。

転職エージェントを利用すればハローワークにはない非公開求人を紹介してもらえ、なおかつ面接対策や職務経歴書の書き方などあらゆる転職サポートが受けられます。

自分の理想の日々を手に入れるためにも上手に時間を使って転職活動を行いましょう。

異業種へ転職におすすめの転職エージェントランキング

総合力No1 doda

dodaの特徴

・転職エージェント人気No1

・ブラック企業を徹底排除!高待遇で福利厚生の良い求人対数!

・履歴書サポートあり

マイナビエージェントの詳細はこちら

 公式HPはこちら

女性の転職はリブズキャリア(女性限定)

・女性の転職に強い「女性専用の転職エージェント」

・大手企業の求人多数

→リブズキャリアの詳細はこちら

公式HPはこちら

20代は「マイナビジョブ20`s」

・20代の求職者へのサポートに力を入れた転職エージェント

・職務履歴書や面接の対策などのサポートが充実

マイナビジョブ20`sはこちら

公式HPはこちら

 

当サイト人気厳選記事