【例文あり】介護からの異業種へ転職の志望動機と自己PRの例まとめ【履歴書・職務経歴書】

介護職から異業種への転職する際に避けては通れない壁があります。書類選考です。

「履歴書」
「職務経歴書」

この2つをしっかり書かなければ転職を成功させることはできません。

この記事では履歴書や職務経歴書で必ず書く「志望動機」や「自己PR」の書き方の例を職種別にご紹介いたします。

  • 事務職
  • 工場(製造業)
  • 接客業
  • 営業
  • IT業界

この5つの職種について紹介してるのでぜひ参考にしてみてください。

・・・ちなみに、dodaに登録すれば、履歴書作成サポートを受けることができます。

しかも、登録するだけで、ハローワークに掲載されていない高待遇の求人情報が届きます。

転職に失敗しないためにもdodaの利用は必須。

無料で利用できるので、まだ登録されてない方は、お早めに!

→1分で登録完了!dodaの無料登録はこちら

介護から事務職へ転職の自己PRと志望動機の例

事務職へ転職の志望動機

 介護職ではよく言われているように体力が必要で腰に負担が相当かかるため案の定腰を痛めてしまいました

なおかつ半年前には内科的外科手術(入院1週間ほど)受けたこともあり現在は完治し全快しておりますが思うように力を入れるのが辛く感じる事が生じていました

このことを機会に座り仕事である事務職へ転職することを決意しました貴社の事業内容から事務職の求人募集であっても介護経験は必ず役に立つと考え応募させて頂きました

 

今まで介護職として仕事をしてきてとても充実した業務をこなしてきました。

ですがケアプランの記載や利用者毎日の様子の記入などの事務的な業務をこなすうち、どの業種に就いたとしても基礎となっていてとても重要な業務であるのは事務だということに気づきました。

それゆえ今回事務職として本格的に就いて仕事の基礎をしっかり学んで貴社で活躍したいと思うようになり志望させていただきました

 

事務職へ転職の自己PR

介護職に長年就いていたことにより現場に通じているため事務的な場面での接客応対の対応に戸惑いを感じることは少ないと存じます

貴社の事業内容に対する予備知識もあり取扱い商品などの名称は名前を聞いてそれが何であるかも熟知しております

実務に関しては事務経験がないため先輩からご指導をいただかなければなりませんがこれまでの経験を活かしてそれを補い貴社のお役に立てると存じておりますどうぞ宜しくお願い致します

 

今まで介護職として勤務してきました

介護職は利用者の方々のお世話をするだけでなくケアプランに関して医師や看護師ケアマネージャーや利用者のご家族などと会議をしてその内容を文章にまとめるなど事務的な業務に常日頃から携わってしました。

そのようなことから前職が介護職であってもそこで培った事務的な業務を活かして貴社でも活躍できると思っています

 

介護から工場(製造業)へ転職の自己PRと志望動機の例

工場(製造業)へ転職の志望動機

私はこれまで介護の仕事をしてきましたが、今後の将来を改めて考える中で、以前から興味のあったものづくりに関わる仕事をしたいと思いました。

細かい作業が好きで単純作業が苦にならず、むしろ「どうすれば効率良く作業が進められるか」ということにやりがいを感じます。

未経験からのスタートなので最初は足を引っ張ることもありますが、御社に貢献できる人材の一員になりたいと思い志望しました。

 

 シングルマザーの私にとって、介護職は大きい施設で働いており収入も安定していましたが、夜勤があり休日を含めて生活が不規則になってしまう問題を抱えていました。

しかし先日、子供がこれから高校、大学受験を迎える大事な時期という事もあり、朝夕は在宅でき、休日は子供と一緒に過ごせる仕事に転職したいと思うようになりました。

実務に関しては事務経験がないため先輩からご指導をいただかなければなりませんが、これまでの経験を活かしてそれを補い、貴社のお役に立てると存じております。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

工場(志望動機)へ転職の自己PR

子供の頃から細かい作業や単純作業が好きで黙々と一つのことに集中することが得意でした。

これまで介護職に携わってきましたが、待遇面から今後の将来に不安に感じていた時、以前から興味のあったものづくりの仕事に携わりたいと思いました。

未経験からのスタートなので先輩からご指導をいただかなければなりませんが、これまでの経験を活かしてそれを補い、貴社のお役に立てると存じております。

私の長所は協調性を大切にすることです。

前職では少ない人数ながら、職員たちと連携を取り日々利用者に快適に過ごしていただけるよう努めました。

また利用者だけでなくそこで働く職員が気持ち良く働けるよう、職場の環境作りにも積極的に取り組みました。

未経験からのスタートであるため先輩からご指導をいただかなければなりませんが、自分の長所を活かしながら、先輩方と力を合わせて貴社に貢献できればと思います。

 

介護から接客・販売へ転職の自己PRと志望動機の例

接客・販売へ転職の志望動機

家庭の事情により自宅近辺の介護施設で介護の仕事に就いてきましたしかし元々ファッションビジネス科への進学を希望していたこともありアパレル販売の仕事に興味を持っていました

この新しく建設されたショッピングモール内ショップ販売員の求人記事をお見掛けし私が好きなブランドのうえ収入も安定する正社員の求人という事もありかつての夢に近づくべくぜび採用していただきたく応募させて頂きました

 

接客・販売へ転職の自己PR

 接客という点でこれまでの仕事柄お客様との応対に違和感は感じませんしむしろそうしたコミュニケーションにやりがいや喜びを感じます

お客様の細かな要望をささやかな仕草や態度で察する気遣いができるのが長所です

また体力には自信あるため終日の立ち仕事は苦痛に感じません。重たい荷物が到着した際も躊躇なく体を動かせます

常に明るく元気に振舞えるといった意味でも貴社のお店の雰囲気づくりにお役に立てるのではないかと存じます

 

介護から営業へ転職の自己PRと志望動機の例

営業へ転職の志望動機

これまで介護職で培ってきた相手に寄り添う能力を営業職で活かしてみたいと思いました

具体的に相手に寄り添うとは普段のコミュニケーションを大切にそこから相手のニーズを見つけ出しニーズに応えるために工夫するという3段階のステップだと考えます

ルート営業では相手のことを理解し信頼関係を結ぶことが重要だと考えています

今までの経験から培った3段階のステップを応用し相手との信頼関係を築いて貴社の発展に貢献したいと考えています

 

営業へ転職の自己PR

私の強みは聞く力と観察力です介護の現場ではこの二つの力を駆使して利用者の方のご要望に応えることを最優先してきました

ある利用者の方から体のだるく疲労感が抜けないという訴えを聞いた時、その方の様子を注意して見ていると睡眠が浅く夜中に何度も目を覚ましていることに気づきました

そこで枕とベットを交換してみることにしました

するとたちまち睡眠不足が改善し疲労感に悩まされることもなくなったと感謝していただけました

営業という職種でもこの二つの力を使いお客様のご要望に応えていきたいと考えています

 

介護からIT業界へ転職の自己PRと志望動機の例

IT業界へ転職の志望動機

私は以前からインターネットが好きで日頃からウェブサイトやアプリに触れてきました。

今までは介護職に携わってきましたが、待遇面から今後の将来に不安に感じていた時、以前から興味のあったWEB関係の仕事に就きたいと思うようになりました。

未経験からのスタートなため先輩からご指導をいただかなければなりませんが、これまでの経験を活かしてそれを補い、貴社のお役に立てると存じております。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

IT業界へ転職の自己PR

介護職という立場にいたため人をかげからサポートできる人間です

また介護職は人の命をも預かる職場でありささいなことの変化にも気づいてすぐに対応しなくてはなりません

そのためにつねに周りを気にそして迅速に物事を対応する能力が身についています

御社では今まで身についた能力であるサポート対応そして周りを見る判断力からの的確な行動そういった能力を使い力を尽くしたいと思います

 

介護職から異業種へ志望動機を書く際に大事な3つのこと

介護職から異業種へ転職する際に書く志望動機は次の3つのポイントが大事です。

  1. 企業の商品や理念を事前に調べる
  2. 未経験からその仕事を選んだ理由を明確にする
  3. 保有資格や経験を志望動機にするのもあり

 

①企業の商品や理念を調べる

企業にとって最も気になるのが「なぜたくさんある企業の中から自分たちの企業に応募したのか?」ということ。

志望動機はどの企業でも当てはまる志望動機ではなく、その企業だからこその志望動機を書くべきです。

そのためにも希望先の企業について知っておく必要があります。

もしその企業が実際に商品が売っているなら、その商品を試してみたりホームページで調べるといったことができますね。

②未経験からその仕事を選んだ理由を明確にする

「なぜ介護職からこの業種に転職したいのか?」という理由も企業側は気になるところ。

介護職は世間的に大変な職業であるイメージが強く「仕事がきついから他業種に転職したのではないか?」と思われてしまう可能性もあります。

・・・仮にそうだとしても、ここも正直に書いてしまっては当然NGです。

数ある仕事の中でその仕事を選んだのには少なからず理由があるはずです。

その理由をしっかり明確にすれば志望動機も書きやすくなるでしょう。
(ちなみに面接でも必ず質問されます)

③保有資格や経験を志望動機にするのもあり

保有資格やこれまでの職務経験を志望動機にするのもありです。

例えば接客業の場合は介護職と同じくコミュニケーション能力が重要であり、自分のこれまでの経験を活かせるため、志望動機に十分に使えます。

他にもこれまでの経験を元に志望動機を書くのも良いでしょう。

自己PRは介護職で培ったスキルを書く

自己PRの場合は介護職で経験したスキルを使うのがもっとも書きやすいです。

介護職で培われるスキル

  • コミュニケーション力
  • 資格取得への努力の姿勢
  • 協調性

たとえば製造業のようにコミュニケーション力を必要としない職種でも、協調性はどの職場でも重要です。

今まで介護職で経験してきたことをプラスにして書けば、上手に自己PRを書くことができます。

志望動機と自己PRの書き方が分からないなら転職エージェントを利用するべき

一つ知って欲しいのは履歴書や職務経歴書は採用を決める上でかなり重要だということ。

たとえ就職したい企業があっても書類選考が通らなければ一生その職場で働くことはできません。

事実、書類選考の通過率は20〜30%とも言われています。

履歴書や職務経歴書の書き方だけで自分の就職したい企業を諦めなければいけないのはバカバカしいと思いませんか?

そうならないためにも転職エージェントによる転職サポートを使うべき。

転職エージェントの中でも「doda」は応募書類の作成サポートに力をいれています。

数百件、数千件もの応募書類を見てきたキャリアアドバイザーが、これまでのキャリアの棚卸しもお手伝いしながら、あなたの強みを活かした応募書類の作成をサポートします。

書類としての添削だけでなく、「企業は応募書類のどこを見ているのか」といったこともアドバイスできますので、企業に対して、よりアピールできる応募書類が作成できます。

キャリアアドバイザーがお手伝いした結果、書類通過率が大幅にアップしたという実績もあります。

 

また、もし今あなたが仮に転職先を決めていたとしても、その職場よりもさらに条件の良い求人を紹介してくれる可能性も高いです。
(事実、dodaでは非公開求人を多く取り揃えています)

履歴書や職務経歴書などの書き方はもちろん、転職予定の職場よりもさらに好条件の求人を知るためにも転職エージェントは利用しておいて損はないでしょう。

→1分で登録完了!dodaの無料登録はこちら

履歴書や職務経歴書は転職エージェントに任せよう

先ほど紹介した通り企業の書類選考の通過率は20〜30%とかなり低いのが現状。

どれだけ自分の希望にあった職場に就くのが難しいかが分かりますね。

しかし転職エージェントを利用することによりそれらの悩みは一瞬で解決します。

しかもあなたが今就職しようと思っている職場よりも確実に好条件の求人を紹介してくれるはずです。

人生の大半は仕事。
その仕事をより充実させて人生自体を素晴らしいものにしましょう!

 

・・・ちなみにdodaに登録すれば、履歴書作成サポートを受けることができます。

しかも、登録するだけで、ハローワークに掲載されていない高待遇の求人情報が届きます。

転職に失敗しないためにもdodaの利用は必須。

無料で利用できるので、まだ登録されてない方は、お早めに!

→1分で登録完了!dodaの無料登録はこちら

異業種へ転職におすすめの転職エージェントランキング

総合力No1 doda

dodaの特徴

・転職エージェント人気No1

・ブラック企業を徹底排除!高待遇で福利厚生の良い求人対数!

・履歴書サポートあり

マイナビエージェントの詳細はこちら

 公式HPはこちら

女性の転職はリブズキャリア(女性限定)

・女性の転職に強い「女性専用の転職エージェント」

・大手企業の求人多数

→リブズキャリアの詳細はこちら

公式HPはこちら

20代は「マイナビジョブ20`s」

・20代の求職者へのサポートに力を入れた転職エージェント

・職務履歴書や面接の対策などのサポートが充実

マイナビジョブ20`sはこちら

公式HPはこちら

 

当サイト人気厳選記事