介護職の未来はどう?介護職これからに疑問を持つ人へ

介護職に未来はあるのかなぁ・・・

そう悩んでいる現役介護士が多いはず。

介護職に限らず、どんな人でも自分の「未来」について考えますよね。

さらに給料が比較的低い介護職の場合、他の人よりも大きな不安を抱えてしまっても仕方ありません。

今回はそんな未来に不安を感じる、画面の向こう側のあなたに向けてこの記事を書いていきます。

ちなみに介護士経験がなく、介護職のリアルを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

介護職の未来はどう?今度の給料と身体が心配?

  • 「この給料でこれから生活していけるのかなぁ?」
  • 「介護士としてずっと働くことができるのだろうか?」
  • 「今後介護職の未来はどうなっていくんだろう?」

介護職に就いていると、どうしてもそう思ってしまいますよね。

介護職の未来に対する不安として主に2つの原因があります。

  • 介護職の給料面の不安
  • 自分の身体の不安

 

どちらも生きていく上でとても重要なものですよね。

介護職の未来の不安「給料」

介護職の未来について抱える一つの不安として「お金」があります。

介護職の平均年収は約310万。
全産業と比べると100万以上低い結果となっています。

関連記事:介護士の給料の手取りは!?徹底解説!

 

しかし、よほど給料の低い施設でない限りは、介護職の給料でも十分に生活していくことができると思いませんか?

以下は僕が介護職員として働いていた時の生活費の支出です。

家賃→35000円
携帯→2500円(格安SIM携帯)
水道光熱費→8000円
食費→20000円
交際費・こずかい→50000円
ガソリン代→7000円
その他雑費・保険など→10000円

計 132500円

 

僕は介護士でありながら一人暮らしをして、なおかつ貯金を毎月7万以上は貯めていました。

おそらく僕より給料が高い人よりも貯金額はしていたと思います。

家族がいたとしても共働きをすれば十分に生活していけますね。

たしかに介護職の給料は高くはありません。

しかし、工夫次第で余裕を持って生活することができるんです。

出費を抑えられるようになれば将来の不安はかなりなくなってくるはず。

介護職の未来の不安「身体」

定年までこの仕事を続けるだけの体力はあるのかな・・・

介護職に勤めていると、
そう思うことはたしかにありますよね。

仕事で患ってしまった腰痛や身体に負担がかかる夜勤・・・

この仕事をいつまでも続ける自信がない、そう思う人もいるのではないでしょうか?

もしあなたがそう思うなら、

  • 夜勤のない介護施設
  • 自由度の高い高齢者が利用する介護施設

これらの施設に就職することも考えてみてはどうですか?

例えばデイサービス

デイサービスは特養や老健などの施設と比べて比較的自由度の高い利用者が多いです。

身体が不自由な方が少なく、介助をする機会も少ない。

しかも夜勤もないので身体的にだいぶ楽なはず。

他にも

  • ケアハウス
  • サービス付き高齢者住宅
  • グループホーム

など、今の職場よりも身体的に楽な職場への就職を考えておくと将来の不安はだいぶ楽になります。

関連記事:介護施設を種類別に紹介!あなたはどの施設で働きたい?

ケアマネージャーになるのもあり

またケアマネージャーになるのも一つの手です。

仕事内容自体は楽ではありませんが事務作業が中心なので、腰痛や夜勤に不安を抱えている人もケアマネージャーなら務まるはずです。

ケアマネージャーの資格取得方法は下記で紹介しているので合わせてご覧ください!

関連記事:未経験からケアマネージャーになるには?最短ルートを紹介!

介護職の未来はない?介護職は一生なくならない職業

「介護職に未来はない」
そういった意見もあります。

たしかに給料は他の仕事に比べて少なく、仕事自体も楽ではありません。

しかし、介護職はこれから先、一生なくならない仕事です。

なぜなら日本人の人口が減っているにも関わらず、高齢者の人口はどんどん増えているから。

引用:国土交通省

現在、大企業をはじめたくさんの企業が次々と倒産していっています。

しかも様々な業界でIT化が進む現代では
アナログの仕事は数年後にはなくなっているかもしれません。

・・・しかし、介護職はどうでしょう?

あなたもご存知の通り、機械では務まらない仕事ですよね。

「介護職に未来はない」
そういった意見がありますが、

介護職はこれから先、ずっとなくならない仕事です。

ということは、介護職がある限り僕たちの仕事がなくなることはないんです。

それでも介護職に未来はないと言えますか?

それでもやっぱり介護職のこれからが不安なら

しかし、それでも介護職の給料面などから介護職の未来に不安を抱える人は少なくありません。

以下ヤフー知恵袋から引用

介護職の未来。
介護職をしています。秋田です。デイサービスと、泊まり利用が複合した施設です。(老人ホームではありません)
24歳、二年目、残業代、交通費等全部込手取り17万前後。ボーナス2回計2ヶ月。
夜勤は16時間勤務ですが、夜勤手当たるものは一切なし、ついでに夜勤休憩も無し (夜勤は一人なので…)←ちなみに、これ違法じゃないんでしょうか?
これからの時代、介護職に未来はあるのでしょうか?

 

たしかにこんな施設では不安を抱えて当然。

夜勤や手当も入れて手取り17万は今後の未来に不安を抱えてもおかしくありません。

同じ介護職でも、職場によって環境は大きく異なります。

あなたは今、職場にどんな不満を抱えていますか?

 

環境が変われば介護職の未来の不安もなくなる

しかし、もしも今の職場の給料が上がり労働環境も改善されたらどうでしょう?

介護職に対する将来の不安はなくなるのではないでしょうか?

同じ介護施設でも職場によって給料や待遇面は違ってきます。

介護の転職サービスではハローワークにはない好条件の求人があり
転職のプロである転職コンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれます。

例えば毎月23万ほどもらえて休日も120日以上ある職場ならどうですか?

・・・それでも不安を感じるのであれば、
他の仕事に就いたほうが良いのかもしれませんね。

もしあなたが今の施設にいて介護職の将来に不安を感じるなら、

他の施設に転職することをオススメします!

介護職の未来は自分で作ろう

世間ではマイナスイメージの強い介護職。

「介護職に未来はない」
なんてよく言われますが、そんなことはありません。

高齢化社会が進むにつれて需要がどんどん伸びていますし、政府がこれから介護職の待遇を改善し今後の給料が上がる可能性もあるからです。

「介護職の未来は暗い」

そんなことはありません。

未来を暗くするか明るくするかは自分次第です。

そして未来を変えるには行動しかありません。

行動を起こし、みなさんの未来は明るいものになることを願っています!

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter