介護職の本当の大変さ、もっとたくさんの人に知ってほしい

「介護職って本当に大変・・・」

あなたは今、そう思っていませんか?

僕も8年間介護士として勤めてきたので、その気持ちはとても分かります。

介護職はよく「大変な職業だ」と言われますが・・・実際に介護職として働いている人間にしか分からない「介護職の大変さ」というものがあります。

介護職の大変さって実はもっと深いところにあるんですよね。

 

介護職の大変さ、知っていますか?

新人の「プレッシャー」が大変

慢性的な人手不足の施設に就職してしまうと、施設側はどうしても「早く一人前になってほしい」と急がされます。

僕も最初の特養に就職した時は独り立ちをかなりせかされたもんです。

「あと早番と遅番2回ずつやったら一人立ちね」

「まだ仕事もちゃんと覚えてないのに・・・」
とプレッシャーに押しつぶされそうになったもんです。

人間関係が大変

介護職は人間関係が理由で退職する人が一定数いる職業です。

介護職の退職理由の中でも特に多いですね。

いくら介護職にやりがいを感じても職場の人間関係で悩んでいたら大変な思いをしてしまうのは当然です。

関連記事:【介護職】職場の人間関係で悩んでいる人に伝えたいこと

認知症の利用者の対応が大変

介護職に就いていると時々暴言を吐かれたり、時に暴力を振るわれることがあります。

「認知症だから仕方ない」
そう自分に言い聞かせても、こちらも人間・・・。

「なんで自分がこんな思いをしなきゃならないんだろう」

どうしてもそう思ってしまいますよね。

そしてもっと嫌なのは、そう思っている自分の心の狭さに気づいてしまうことなんです。

介護職は大変なのに給料が低い

肉体的にも精神的にも負担の大きく大変な介護職。にも関わらず、介護職は給料が低いのが現状です。

いくら介護職にやりがいを感じたとしても
給料が低いとどうしてもモチベーションを保つことはできません。

・・・ただ給料の低さで悩んでいるなら解決策は簡単です。下記で高収入を得るための介護求人の選び方を紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

 介護職の大変さがわかる実際の声

介護職の大変さを感じているのはあなただけではありません。

以下、みんなの介護様から引用。

40代、男、家族があります。介護職に就いて16年ほどになります。離職を考えてます。事業所などにもよると思いますが、確かに給料は少ないですし、変則勤務にクタクタです。早出に日勤、遅出に夜勤。人手不足で一人での業務。
家に帰れば嫁さんからは給料少ないだの、家の事は何もしないだの、もう幸せではありません。良い仕事であるのに、高齢者の方々に失礼です。本当に残念です。

 

間違いなくお金ですよ。
月に夜勤6回して手取り15ありません。有料老人ホームです。
下手したら殴られる事もあるし、物を盗った盗られたと疑われるし。
他に正社員で働ける場所があるならすぐにでも辞めたいよ。

 

仕事がきついのは覚悟していましたが、初任者の資格はあるといっても未経験者の私に、初日からいきなりトイレ介助、オムツ交換、バイタルチェックを一人でやる指示があり、、百歩譲ってきつい仕事は覚悟していたこととしても
毎日一時間~二時間のサービス残業には同意できません。

 

「#介護士辞めたの私だ」ツイッターでも介護職の大変さの声

ソーシャルネットサービス「ツイッター」でも
介護職の大変さを物語る声が上がっています。

 

介護職は本当に大変?あなたの施設が大変なだけかもよ?

ここまで読んで分かる通り、介護職は楽な仕事ではありません。

しかし、介護職の大変さを嘆いているたくさん人、そしてあなたに言いたいことがあります。

「介護職が大変なわけではなく、あなたが働いている施設が大変なだけかもよ」

ということ。

最初に勤めたのは特養だったんですがサービス残業当たり前、休みも少ない、人手も足りないでもう本当に大変でした。

「もう限界・・・」
そう思って他の施設(老健)に勤めたんですが、そこは最初にいた特養とはまったく違う世界だったんです。

サービス残業もなければ休みもちゃんとある、みんな和気あいあいと仕事をしていて毎日が充実している。

「同じ介護職でもこんなにも環境は違ったんだ」
そう思ったんです。

介護職は大変だと感じすぎているなら他の施設に行こう

「もう限界」
そう思ってしまうほど介護職に大変さを感じているなら、他の施設に移ることを本気で検討してみてください。

介護職はどの職業よりも転職しやすいです。
たとえ職歴が多少増えてしまっても介護職は不利にはなりません。

今の職場は定年まで働きたいと思える職場ですか?

下記で職場選びに失敗しないための介護求人の選び方を解説しています。今の生活から抜け出して充実した日々を過ごしたいなら、ぜひご覧ください。

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter