介護職に若者が就きたいと思ったら読んでほしい2000文字

こんにちは!
介護職に8年ほど勤めた悠太です!

高齢化社会が進む現代、
介護職の需要がかなり伸びていますね。

求人数も比較的多く、
若者と呼ばれる多くの人も介護職に就く人が増えています。

僕自身、
若い頃に他業種から介護職に就き8年間に従事しました。

しかし、これから介護職に就こうと思っている若い人
に伝えたいことがあります。

この2000文字、
どうか
介護職に就こうと思っている若者
に届くことができれば嬉しいです。

若者が介護職に就きたいと思った時に考えて欲しいこと

まず、
これから介護職に就こうと思っている若者さん
に聞きたいことがあります。それは・・・

本当に介護職に就きたいか?

ということ。

本当に介護職に就きたいと思うなら大賛成

もしも介護職に就きたいという気持ちがあったり、
興味があるなら、
僕はそんな人たちを心から応援したいです。

大変だと言われる介護職ですが、
どんな仕事も楽な仕事はなかなかありません。

営業も飲食も運送業も接客業も・・・
みんな大変な面はあります。

大変だと思うのは何も介護職に限ったことではありません。

介護職はやりがいのある職業。これは本当です。

ここまで直接人を支えられるお仕事はなかなかありません。

関連記事:介護職のやりがいとは?元介護士が語る!

また、
「やりたいことが分からない」という方も
生活していくための一つの手段として介護職に就くのはいいと思います。

ぼく自身、
特にやりたいことがなく介護職に就きましたが、
この仕事についてよかったと思っています。

給料もしっかり施設を選べば安定した生活を送れますし、
休日も他業種より多いです。

介護職に興味がある方はもちろん、

特にやりたいことがないという若者も
介護職に就くのも一つの選択肢です。

もしもそうでないなら他の仕事を就くのもあり

介護職に就きたいと思う若者に伝えたいこと。

ここからが本題です。

もしも
心のどこかでやりたい仕事や興味のある仕事があったとします。
でもそんな中、「でも自分には無理だ・・・」と思っていわゆる消去法で介護職に就こうとするなら、

僕は大反対です。

なぜなら・・・

介護職は慢性的な人手不足なのでいつでも就くことができるから。

自分のやりたいことがもしあれば、
それに挑戦してからでも遅くないということ。

介護職は何歳になってからでも始めることができます。

なので
今は絶対にやりたいことや興味があることに取り組んだ方が良いです。

やりたいことがあるなら知ってほしいこと

もしも介護職以外の仕事に就きたいと思う場合、
知ってほしいことがあります。

それは転職サービスを利用すれば
スムーズに自分の好きな仕事に就けるということ。

転職サービスでは面接サポートなどの支援が充実しているので、
自分の目指す仕事に就きやすいです。

 

大手転職サイト「マイナビ」が運営する
20代向けの転職サイトマイナビジョブ20’s

転職サービスの中でも若者向けに展開しており、
20代・第二新卒に特化した転職支援を行っています。

様々な転職サービスの中でも
若者支援が最も充実していると言っても良いサービス。

転職活動はもちろん、転職に必要なノウハウを得たいという方は今すぐ登録をオススメ!
→マイナビジョブ20’sの無料登録はこちら


また超大手企業「リクルート」が運営する転職サービス「リクナビNEXT」もおすすめ!

 

 

転職者の8割はなんとこのリクナビネクストを利用しており、
豊富な求人数はもちろんのこと、
非公開求人からもスカウトが来ます。

また、
リクナビネクストの素晴らしいポイントは
転職サービスだけではありません。

リクナビネクストに登録すると利用できる「グッドポイント診断」で
自分の強みが分かります。

グットポイント診断で分かった自分の強みを生かして転職活動を行えば、
よりスムーズに転職することが可能。

リクナビネクストは専用のアプリもあるので
手軽に求人を探すことが可能。

転職活動ならまずここに登録しておけば間違いなし!

転職する予定があるなら今すぐ登録することをオススメします!

→リクナビの登録はこちら

介護職に就く若者は、まず立ち止まって見て考えよう

・介護職に興味がある人

・今はやりたいことがないけど働きたい人

こんな方には介護職に就くことをオススメします。

介護職はやりがいのある職業ですし、
僕自身初めはやりたいことが特になくて介護職に就きました。

そして僕もそうでしたが、
働いているうちにやりたいことが見つかるかもしれません。

そんな時は
介護職から離れて自分の進むべき道に突き進んで下さい

失敗したとしてもまた介護職にはいつでも戻れます。

これからあなたが介護職に就くというなら
こちらの記事をぜひともご覧ください。

介護職の転職にかなり有利になる転職サービスを
厳選して紹介しています。

 

しかし、
もしもやりたいことがある場合
今は介護職に就く必要はありません。
介護職はいつでも就けます。

なのでそのやりたいことにチャレンジした方が良いです。

若者の特権はチャレンジしやすいこと。

その特権を生かすためにも、
じっくり考えてそれから行動を起こしても遅くはありません。

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter