【要注意】介護職のサービス残業で身体を壊す前に逃げよう!当たり前ではない

介護施設で働く人の中には「サービス残業」で悩んでいる人がいます。

求人票では8時間勤務のはずだったのに、
フタを開けてみたら毎日1〜2時間の残業は当たり前。

長い時間職場で働くしかもその分の給料がでない

それって許せることでしょうか?

今これを読んでいるあなたは職場のサービス残業に頭を抱えていませんか?

もしそうなら、この記事を読んでください。

介護職でサービス残業、辛くないですか?

僕も最初に勤めた介護施設ではサービス残業が当たり前でした。

日勤では定時をすぎてから毎日2時間残業をするのはいつものこと。

夜勤も定時前から出勤し、明けの日も2時間の残業は当たり前。

毎日疲れがひどく、身体が重い。

朝、出勤するのが憂鬱で身体も心も毎日悲鳴をあげていました。

介護職のサービス残業は当たり前じゃない

サービス残業が当たり前の職場で働いていると、それがそこの職場では「当たり前」となってしまいます。

定時をすぎても帰れないのは当たり前。
タイムカードを押してからさらに業務を続けるのも当たり前。

それがその介護施設の常識なので、その常識を疑う人はなかなかいません。

しかし、気付いてほしいです。

それは当たり前ではないということを。

なぜお金をもらわずににタダで働いているのか?

サービス残業をさせる施設のトップはただ自分の施設の運営のことしか考えていません

はっきり言って施設で働く介護士のことはただの駒としか思ってないでしょう。

もし本当に社員のことを考えてくれているなら、働いた分はちゃんと給料を出してくれるはずです。
僕が2ヶ所目に働いた職場は30分単位でしっかり残業代が出ました。

介護職のサービス残業が辛いなら今すぐ施設を移るべし

これを読んでいるあなたは月にどのくらいサービス残業をしていますか?

まだ月10〜20時間(夜勤前の準備など)なら100歩ゆずって分かります。
(本当は許せないけど)

しかし、毎回平気で2〜3時間サービス残業をしている施設なら今の職場から離れることを考えてください。

介護施設で働く人の中には、これほどのサービス残業で悩まされている人もいます。

サービス残業が多いです。
日勤→約2~3時間
夜勤→約3~6時間
管理者ですら毎日午前様です(業務に協力的で、送迎や排泄介助には積極的に入ってくれます)

職員がいない上に、利用者が手のかかる方が半数です。
本部からはもっと数字を上げろと言われ、管理者は私の目の前で吐血してしまい…休み時間に点滴を打ったりして勤務しています…
本部はこの事を知っていますが、同じグループ内事業所には口止めされています。

引用:ヤフー知恵袋

 

こんな施設はさっさと退職するべき。

言い訳を並べてその施設に残っていては、いつか身体が壊れて働くことすらできなくなってしまう可能性まであります。

介護職は他の施設にうつるのに苦労しない

介護職はどの施設も人材を欲しがっています。なので再就職には苦労しません。

もしあなたがサービス残業で辛い日々を送っているなら他の施設にうつるべき。

あなたの今の労働環境は当たり前ではありません。

今のまま働き続けたらいつか身体と心を壊してしまいますよ?

そうならないためにも、できるだけ早めに職場を変えましょう。

下記で介護の職場選びに失敗しないための介護求人の選び方を解説しています。本気で良い職場で働きたいと思っているならぜひご覧ください!

介護職のサービス残業が辛いなら今すぐ他の施設に移ろう!当たり前じゃない!

もう一度言います。

あなたがサービス残業で悩んでいるならいますぐ職場をかえるべき!

そこで働いていると当たり前のようになってしまいますが、それは決して当たり前ではありません。

今のまま働き続けていると、いつか取り返しのつかないことになるかもしれませんよ?

「毎日サービス残業で辛い」
そう思っても何も変わりません。

今の現状を変えるのは行動のみ。

サービズ残業で悩むあなたがこれから穏やかな生活を過ごせることを願っています。

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter