介護業界は本当に厳しいの?そうは思わない!

「介護業界は厳しい」

こんな話、よく聞きませんか?

サイト管理人・悠太
こんにちは!介護業界に8年いた悠太です。

介護業界にいると、それだけで

「大変だねー」
「給料低いでしょ?」

なんて事をよく言われたもんですが、
介護業界ってなぜか厳しい感じに見られてますよね。

テレビやネットでも

「介護業界の厳しい現状」

なんてよく取り上げられてるので仕方ありません。

ですが、
あまりにも介護業界は批判されすぎだと思うんです。

これを読んでいるあなたはどう思いますか?

介護業界に興味があるけど・・・やってけるのかな?

そう不安に思っている人に向けて
この記事を書いていきます。

なぜか批判されてばかりの介護業界

テレビやネットでよく介護業界について取り上げられますが
いつも批判的な意見ばかり聞きます。

  • 給料が低すぎる
  • 人手不足で労働環境がきつい
  • 介護職の給料では生活できない

たしかに間違ってはいません。

介護職は他の職業に比べて給料が低いですし、
人手不足なのはたしかです。

やたらと給料の低い職場で働いていていたら
介護職の給料では生活できないこともあるかもしれません。

・・・でもそれって、介護業界に限った話でしょうか?

人手不足ならIT業界や他の業界でも同じことが言えますし、
すべての職場が人手不足なわけではありません。

しかも介護施設によっては
他の仕事よりも給料の良い場合も多いです。

介護業界の現状は本当に厳しい?

「厳しい」とよく言われる介護業界の現状。

しかし、
そういった意見を言う人の多くは
介護業界に携わったことがない人たちです。

では、介護業界の現状は本当に厳しいのでしょうか?

介護業界の年収はいくら?

介護業界の中でもとくに問題とされるのが
現場で働く「介護士」。

では、介護士の年収はいくらなのでしょうか?

厚生労働省の調査によると、
介護士の平均年収は310万円

他業種に比べると100万も低く、
介護業界の年収が低いのは事実です。

・・・しかし、
年収300万ほどの仕事はゴロゴロありませんか?

  • 美容師 平均年収280万
  • 警備員 平均年収300万
  • タクシー運転手 平均年収305万

介護業界はとくべつ給料が安いと言うわけではありません。

しかも施設によっては
年収が400万ほどの介護施設もあります。

介護業界は給料が低いと言われていますが、
しっかり職場を選べば、
「生活が困るほど給料が少ない」なんてことはありえません。

関連記事:【保存版】介護職の給料の平均は?施設・資格・医療職別に比較!

・・・ちなみに介護業界にいた僕の場合

介護業界にいた頃の僕の年収は330万ほど。
介護職の平均年収とそこまで変わりませんね。

ですが、
生活に困ったことは一度もありませんでした。

関連記事:介護職でも一人暮らしはできる!生活費の支出を公開!

一人暮らしをしながら介護業界で働いていましたが
毎月10万近く貯金ができていました。

いくら介護業界の収入が低いと言っても、
工夫次第で何にも困らない生活を送ることはできるんです。

あなたはそれでも介護業界は厳しいと言えますか?

介護業界の離職率は?

介護業界はよく離職率が高いと言われますよね。

ですがじっさいのところ、
本当に介護業界は離職率が高いのでしょうか?

引用:厚生労働省

こちらは厚生労働省が調査した各産業の離職率です。

建設業をはじめ運送業やサービス業など
全14種類もの産業の離職率を比較したものです。

介護業界は「医療・福祉」の分野ですね。

では他の産業の離職率を比較してみると・・・

それほど離職率は高いとは言えませんね。

介護業界が含まれる
「医療・福祉」の離職率は14.7パーセントです。

これをみると、
たいして介護業界の離職率が高いとは言えません。

さらに
「介護業界の離職率は高くない」
という事実を裏付けるのがこちら。

引用:厚生労働省

平成19年の時点では
全産業の離職率と介護職の離職率に大きな差がありましたが、

平成25年には
なんと1パーセントしか違いがありません。

1パーセントといえば100人にたった1人の計算ですよ。

これでも介護職の離職率は高いと言えるのでしょうか?

関連記事:介護職の離職率が高いのはウソ!離職率の高い施設を見極める方法とは?

介護業界の今後は?

介護業界はたしかに問題もあります。

  • 人手不足
  • 給料の問題
  • 労働環境の改善

これらは介護業界全体だけではなく、
国の政策も含めて改善していかなければいけません。

しかし考えてみてください。

介護業界は一生なくならない職業の一つです。

引用:国土交通省

この図は高齢者人口の比率を表したもの。

2060年には
人口の35パーセントが高齢者になる予測がされてますね。

介護業界の今後はさらに人材が求められきます。

ということは、
仕事に困ることは一生なくなるのです。

僕自身、
今はIT業界に身をおき、介護職について発信する立場ですが、

万が一この業界で飯が食えなくなったら
今後また介護業界に戻ろうと思っています。

一度介護業界に身をおいた人間にとっては
大きな強みです。

あなたの知ってる介護業界はその施設だけじゃない?

自分は現役介護職員だから分かる。介護業界は本当に厳しい・・・」

なんていう人もいるかもしれません。

たしかに、
じっさいに介護業界にいて
厳しさを肌で感じている人もいます。

でも、
それは介護業界が厳しいのではなく、
あなたのいる施設が低給料で人手不足なだけではないでしょうか?

介護業界に勤めている人の中にはこんな人もいます。

神奈川、介護経験2年弱、ヘルパー2級、特養、夜勤月4~5回、残業月10時間、23歳で年収420です。
経験や資格によって給料は変わりますが、施設内で一番経験が浅く国家資格も持ってない私がそのくらいです。
ちなみに30歳の主任で条件同様で(経験は8年ですが)約600もらっているみたいです。

引用:ヤフー知恵袋

 

ひとえに介護業界と言っても
施設によって全く収入や労働環境は違ってきます。

「介護業界は厳しい」
そう思いながら、
今の施設よりも待遇の良い施設を探したことはありますか?

→高待遇の介護業界求人を探す

介護業界を歩んでいくために必要な事

介護業界を歩んでいくために必要なこととして、
待遇の良い施設で働くことがとても重要です。

同じ介護業界でも
先ほど紹介した年収420万のような施設もあれば、
月収15万・年収220万なんて施設もあります。

同じ介護業界でも、
働くなら誰だって前者の方が絶対に良いですよね。

待遇の良い施設で働くためには職場選びがとても重要です。
そこでオススメなのが介護の転職サービスです。

低給料の求人ばかりのハローワークと違って、
介護の転職サービスは高待遇の求人が比較的多いです

しかも転職コンサルタントが転職のサポートをしてくれるので
自分の希望にあった施設を紹介してくれます。

一人で行うと失敗しがちな転職活動も、
転職コンサルタントの力を借りれば
自分の希望にあった職場が見つける可能性が高くなります。

介護業界で充実した日々を送るなら
是非利用することをオススメします!

登録は無料!
人気の求人は早く無くなるので、
今すぐ登録することをオススメします!

 

介護業界は本当に厳しいの?そうは思わない!

テレビやネットで取り上げられるたび
批判されてばかりの介護業界。

しかし、
待遇や労働環境のしっかりした職場で働けば
介護業界のイメージはガラッと変わるはず。

厳しい面ばかりがあげられる介護業界ですが、
営業職のようにノルマがなく
飲食業のように過度なサービス残業もありません。
工場勤務のように危険な目にあうこともないのです。

サイト管理人・悠太
介護業界の印象は変わりましたか?

これから介護職に就きたいと思う人、
そして新たに他の職場で働こうと思っている人が、
良い職場にめぐり合うことを願ってます。

介護業界が厳しいかどうか
自分がじっさいに働いてみて判断してはいかがでしょうか?

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter