介護福祉士の年収の平均は実際いくら?年収を上げる方法

介護福祉士の年収っていくらぐらいるんだろう?

 

そんな疑問をお持ちではないですか?

こんにちは!
介護職に8年ほど勤めた悠太です。

この記事にたどり着いたということは
あなたは少なからず介護福祉士という職業に興味があるはず。

やりがいのある介護職。

人の役に立つことができ、
なおかつ就職のハードルが高くないことから
今、とても人気を集めている職業の一つです。

しかし、
これから介護福祉士になろうと思っている人には、
ある不安があるはず。

その不安とは給料面ではないでしょうか?

平均年収が低いと言われている介護職。

いくらやりがいがあっても
年収が低いと生活を送ることすらできませんよね。

では、
介護福祉士になった場合いくらほどの年収が稼げるのでしょうか?

サイト管理人・悠太
今回は「介護福祉士の年収」をテーマに書いていきます! 

介護福祉士とは?

まずは「介護福祉士」について紹介。

介護職を経験したことがない方は
「介護職に勤めている人は全員介護福祉士」
と勘違いしている人が多くいます。

ですがそうではありません。
介護福祉士とは

「3年の実務経験」+「実務者研修の修了」+「筆記試験の通過」

で取得することができる国家資格です。

こうして書いてみるとあたかも難関のように感じますが
そんなことはありません。

筆記試験も合格率は60パーセントほどと
誰でも目指すことができる資格です。

介護福祉士については下記でさらに詳しく解説しているので
ぜひご覧ください^ ^

関連記事:介護福祉士になるのは?メリット・デメリットが興味深い!

介護福祉士の年収の平均はいくら?

では本題です!

国家資格である介護福祉士の年収
一体いくらぐらいなのでしょうか?

厚生労働省の調査によると
介護職全体の年収は310万と言われています。
月収に直すと手取りでおよそ20万ほどですね。

しかし、
これはあくまで介護福祉士を取得してない介護士も含みます。

介護福祉士の資格手当はいくら?

介護福祉士になると
多くの施設では資格手当がつきます。

そしてこの資格手当によって年収も変わってきます。

では、
介護福祉士の手当はいくらもらえるのでしょうか?

介護福祉士の手当は3000〜15,000円ほどが相場。

厚生労働省に調べでは
平均1万800円という結果が出ています。
年収にすると13万ほどの差ですね。

関連記事:介護福祉士の資格手当の平均を徹底解析!

さらに介護福祉士を持っているということは
専門学校などで取得してない場合、
最低でも3年は実務経験をしていることになります。

となると基本給も高くなっており、
さらには役職もつく可能性もあるので
介護福祉士の年収はさらに上がっているはずです。

ということは、介護福祉士の年収の平均は!?

  • 介護福祉士の資格手当
  • 介護福祉士になるための経験年数

・・などによって介護福祉士の資格保持者と
そうでない職員の差はこの通りになります。

引用:厚生労働省

介護福祉士は無資格者よりも
4万ほど月収が高くなるんですね。

この226,569円を12ヶ月もらい、
さらにボーナスで60万加算すると

介護福祉士の年収は340万となります。

介護福祉士のボーナスの平均は?

介護職全体のボーナスの平均は60万という結果が出ています。

そしてこちらも
あくまで介護職全体の平均。

介護福祉士を取得しているということは
年収はさらに高くなる可能性があります。

下記の記事で
介護職のボーナスの平均について詳しく紹介しているので
ぜひ合わせてご覧ください^ ^

関連記事:【衝撃】介護職のボーナスの平均はいくら!?あなたの職場と比較!

介護福祉士で年収400万は可能?

もしもあなたが男性だとしたら

「家族を養わないといけないけど、介護福祉士の年収じゃ難しいのかな・・・」

と不安になってもおかしくはありません。

しかし、
介護福祉士として待遇の良い施設で働けば
年収400万も不可能ではありません。

特に医療法人や社会福祉法人が運営する
特別養護老人ホームでしたら、その可能性は高くなります。

これは規模が大きい分、
コストの削減がしやすいため給料を高くできるんですね。

なので
もしできるだけ高い給料を得たいのであれば
そのような施設の求人を探すことをオススメします!

みんなの介護福祉士の年収は?

 

 

資格手当は介護福祉士で5000~12000、夜勤手当は一回で4000~7000です。

しかし、手取りが少ないですね。

私は地方自治体運営の福祉施設で手取り24程度でボーナスは5.7です。

年収で500ちょっとですね。

引用:ヤフー知恵袋

 

グループホームでの介護福祉士の仕事を退職します。年収240万円でボーナス無しでサービス残業だらけです。

引用:ヤフー知恵袋

 

7年弱の特養勤務です。

私の場合476万ですね。嫁が540万くらいかな(勤続15年)

うーん、大学の同期たちは600万から800万だから少ないのかな・・・

引用:ヤフー知恵袋

 

神奈川、介護経験2年弱、ヘルパー2級、特養、夜勤月4~5回、残業月10時間、23歳で年収420です。
経験や資格によって給料は変わりますが、施設内で一番経験が浅く国家資格も持ってない私がそのくらいです。
ちなみに30歳の主任で条件同様で(経験は8年ですが)約600もらっているみたいです。

引用:ヤフー知恵袋

 

この通り
施設によって介護福祉士の年収は全く違います。

年収の平均が300万とはいえ、
給料の低い施設に就職すれば低くなりますし、
高待遇の施設に就職すれば高い収入を得ることができます。

・・・それにしても最後の方、
介護福祉士を持っていないにも関わらず420万ってすごいですね!

介護福祉士の年収を上げる方法

介護福祉士の年収を上げる方法はいたってシンプル。

高待遇の施設で働くことです。

先ほど紹介した方は、
介護福祉士の資格を持っていないにも関わらず
年収が400万以上ありましたよね。

2年も働かずに平均よりも100万以上高いのです。

ということは
介護福祉士の年数をあげる一番の方法は
高待遇の施設で働くことなんです。

これが他の資格を取るよりも
そしてキャリアアップをするよりも
はるかに介護福祉士の年収をあげる方法なんですね。

高待遇の施設に就職したい場合は
介護の転職サービスを利用するのがオススメです!

 

介護の転職サービスは
ハローワークにはない好条件の求人
が多く載っており、
高待遇の施設に就職できる確率がグッと上がります。

しかもその道のプロである転職コンサルタントが
職場を探す際に手厚いサポートをしてくれるので、
一人での転職活動も安心してスムーズにできます。

これから介護職に就きたいという人はもちろん、
今の年収をグッとあげたい介護福祉士の方も
是非利用してほしいサービス。

下記でオススメの転職サービスについて紹介しています。

登録は無料!

人気の求人は早めになくなるので、
今すぐ登録することをオススメします!

 

介護福祉士の年収まとめ

介護福祉士の年収をわかっていただけましたか?

介護福祉士の平均年収はおよそ340万円ほどです。

しかし!
この平均年収は施設によって大きく異なります。

高待遇の施設に行けばさらに年収は上がります。
年収400万も夢じゃない!

・・・いくらやりがいのある介護職でも
年収が低いと生活に余裕ができず、
仕事のモチベーションも上がらない日々を過ごすことになります。

しかし、
年収が高いとたかいモチベーションで働くことができ、
なおかつ自分の理想の生活も叶えることができます。

そんな生活を手に入れるためにも職場選びは大事!

しっかりと高待遇の施設を選び、
そして充実した日々を過ごしましょう!

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter