介護士から看護師になるには?体験談を紹介!男でもなれる!?

「介護士から看護師になりたい」

そう、思っていませんか?

金銭面や体力面のことを考えると、介護士として働くことに対してどうしても将来に不安を持ってしまいますよね。

ですがもし介護士から看護師になれば金銭面にかなり余裕が生まれます。

しかも看護師は医療行為が中心なので介護士ほど身体に負担がかかるわけでもありません。

では介護士から看護師になるためにはどのような方法があるのでしょうか?

介護士から看護師になるには?

まず、介護士が看護師になるためには当然ですが看護師の専門学校に通わなければいけません。

介護士が看護師になるには順調にいったとしても3〜4年

学費のためにたくさんのお金を使ってしかも、数年という時間を使って専門学校に行くのはとても勇気が入ります。

それでも介護士から看護師になる価値はある!

・・・しかし、だからと言って介護士から看護師にはならない方が良い!と言いたいわけではありません。

なぜなら介護士と看護師の年収はかなりの差があるからです。

ではどのくらい差があるのかというと・・・

  • 介護士→平均年収300万
  • 看護師→平均年収500万

介護士と看護師の平均年収はなんと200万もの差があるのです。

では看護師の学費はというと・・・

  • 私立看護大学(4年生) 500万以上
  • 国公立看護専門学校(4年生) 200万前後
  • 私立看護大学 300万前後
  • 私立看護専門学校 200万~300万前後
  • 国公立看護専門学校 0~150万前後
  • 准看護師養成所 100万~200万前後

引用:看護医療受験対策協会

 

私立の看護大学で年間500万、国立の場合は200万ほどで看護師の学校に通うことができます。

どの学校も一見「高いな」と思うかもしれませんが、介護士と看護師の年収の差は200万。

200万もの年収の差があれば数年で元が取れ、その後大きな差が開いていきます。

お金がなくても看護師になる方法

奨学金を借りて専門学校に行く

看護師は大学生や他の専門学生に比べて奨学金を得やすいです。

国立大学をはじめ病院や医療法人などでは、
看護師としての学習を行いながら奨学金を提供するところが多くあります。

引用:看護奨学金Navi

奨学金の額はその施設によって様々ですが、相場は5〜10万ほど。

月にそれだけのお金があればだいぶ楽ですよね。

介護士から看護師になる一つの手段として、まず奨学金があることを知ってほしいです。

奨学金があればお金が足りなくても、看護師を目指すことができます!

実際、奨学金を受け取り、バイトをしながら専門学校に通っている人も多くいます。

夜勤専属でお金を貯める

給料の低い介護士ですが、派遣やバイトとして夜勤専属で働いた場合はけっこうな額の給料をもらえることができます。

一回の夜勤で2万ももらえるなんてことも珍しくありません。

お金をたくさんためて介護士から看護師になりたいなら、この方法でお金を貯めても良いと思いませんか?

関連記事:日給2万!?介護職の夜勤専門のメリット・デメリットまとめ

准看護師になる

看護師を目指せるほどお金と時間の余裕がない人には、准看護師になるという手もあります。

准看護師と看護師の違いは
「国が発行しているのが看護師、都道府県が発行しているのが准看護師」
という点です。

看護師は3〜4年かかるのに対し、准看護師は2年で資格を取ることができます。

・・・しかし、准看護師は看護師の補助的な役割なので、年収も看護師よりも50万ほど低いです。

せっかく介護士をやめて新しい挑戦をするなら准看護師ではなく看護師が良いと思うのは僕だけでしょうか?

介護士から看護師になった人の体験談

では、実際に介護士から看護師になった人の体験談を見て見ましょう!

以下、看護師の掲示板「看護roo(カンゴルー)」様から引用します。

 

元介護士の看護学生3年生(現在26歳)です!
4年制なので、あと1年あります……!

私も高齢者と接することが好きで、高校を出て介護士業界に飛び込みました。
介護士の仕事は楽しかったです。しかし看護師になれば、もっともっと高齢者の方の力になれる!と思い、看護師になることを決意しました。
今でも病院で経験を積んだら、高齢者施設へ転職する考えでいます。

 

介護から30歳で看護師になりました。(27歳で看護学校へ入学)
二度と看護学生に戻りたくはないけど、人生観が広がりますよ。
頑張って下さい。応援しています。

 

50歳で免許取った人いるから大丈夫

頑張って

 

介護士から看護師になる人ってやっぱり結構いるんです。
(それにしても50歳で専門学校に通ったのはすごい!)

もしあなたが本気で介護士から看護師になる気持ちがあるなら、絶対に諦めない方が良いです!

介護士から看護師に「男」でもなれる?

ここで一つ疑問なのが介護士から看護師に男でもなれるか?ということ。

介護士から看護師になる人の多くは女性ですが、男性にもそういった道を歩む人はいるのでしょうか?

ネットで体験談を見てみると、やはりいるみたいです。

以下、教えてgoo様から引用します。

 

こんにちは。

現在看護学生をしています。
私の学校は現役~30代まで居て年齢層が幅広いです。男性で30歳の人も居ます。男女、年齢関係なく仲良くやっています。
ですから、年齢は関係ないと思います。

 

「男性で30歳の人もいます」という体験談には男性介護士にとってもかなり勇気になるのではないでしょか?

介護福祉士から看護師に2年でなれる!?

介護士から看護師になるには今のところ3〜4年はかかります。

ですが厚生労働省は現在、新しい資格取得の後押しをするために「共通科目」の検討を始めているのです。

共通科目とは介護福祉士や看護師、理学療法士などの医療・リハビリ系の資格に共通した土台となる科目です。

この土台の科目があれば、教育期間を短縮できることになります。

通常、看護師になる場合は3〜4年かかりますが、介護福祉士の資格を持っていた場合は2年で取れるということです。

もしも2年で取れるならば介護士から看護師に目指す人は意外と多いんじゃないでしょうか?

早くても2021年の実現

しかし、この共通科目の制度は今のところ検討中。早くても実現は2021年になるそうです。

今の時点で介護士から看護師を目指したい人にとっては・・・歯がゆいですね。

しかも、このような資格統合論は以前にも浮かんでは消えています。

・・・なので最初から期待して待つのだけはよくありません。もし2021年まで待ったとしてこの案が消えたらかなり時間の無駄ですよね。

あなたがこれから介護士から看護師を目指すなら、今すぐにでも看護師を目指すことをお勧めします!

時間は待ってくれません。
やりたいと思ったらすぐにでも行動をおこしましょう!

介護士から看護師に転職する方法まとめ

介護士から看護師に転職するなら3〜4年かけて専門学校に通わないといけません。

3〜4年もの時間と大金をかけて看護師になるにはけっこうな勇気が入ります。

しかし、200万もの年収の差が大きい分、長期的に見れば看護師になった方がお金の面でかなり余裕があります。

数年であっという間に元が取れちゃいますよ!

介護士であるあなたが、これから看護師になれることを本気で願っています!

・・もしかして今の環境が嫌なだけ?

看護師になりたい!という人の中には、ただ単に今の環境を変えたいだけという人もいます。

そんな方が看護師を目指しても途中で挫折してしまいます。
本気でなりたいなら話は別ですが・・・

もしもただ単に環境を変えたいと思って「介護士から看護師になりたい」なら、同じ介護士として他の施設に転職してみるのはどうでしょうか?

介護の転職サービスなら、ハローワークにはない好条件の求人がたくさんあります。

しかも好条件の求人は労働環境もよく職員同士のいざこざも少ないです。

下記で理想の職場の探し方を紹介しています。ぜひ介護士として充実した日々を送りたいならぜひ読んでください。

当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼