介護士の給料は本当に安い?理由と介護士の給料をあげる方法を解説!

介護職の給料は安いと聞いたけど、じっさいのところどうなんだろう?

そう疑問に思ってませんか?

こんにちは!
介護士として8年ほど勤めていた悠太です。

やりがいがあり就職のハードルも高くない介護職。

そんな介護士の仕事に興味を持っている人がたくさんいます。
この記事にたどり着いたということは、おそらくあなたもその一人のはず。

しかし!
やはり心配なのは介護士の給料
介護士の給料は安いとよく言われてますよね。

ではじっさいのところ、
介護士の給料は本当に安いのでしょうか?

サイト管理人・悠太
本当に介護士の給料は安いのか!?これから介護士に就こうと思っているあなた!必読ですよ!

 

介護士の給料の平均は?

まずは介護士の給料の平均を紹介!

介護士の平均年収は310万と言われています。

年収300万というと、
月給になおすと21〜22万ほどですね。

介護士の平均年収は性別によっても違い、
男性の場合は340万、女性の場合は306万。
女性はパートが多い分、男性の方が給料が高い傾向にあるんですね。

また、
地域によっても介護士の給料の平均は違ってきます。

地方で働く介護士の平均年収は280万、都内だと340万となっています。

ただ、ここまで紹介した介護士の給料はあくまで平均。

僕自身、地方在住ながら年収は330万ほどもらっていました。
・・・いかがですか?

介護士の給料を安いと思うか高いと思うかは、
これを読んでいるあなた次第です。

介護士の給料は安い?

ちなみに厚生労働省の調査によると、全産業の平均年収は430万と
介護士の給料は全産業に比べて100万以上安い結果となっています。

なので「介護士の給料は安い」と言われても仕方がないかもしれませんね。

・・・しかし、考えてみてください。

年収300万ほどの職業なんて
介護士以外にもたくさんあると思いませんか?

むしろそれ以上低い職業もたくさんあります。
それに介護士は給料が低いからといってお金に困るわけではありません。

僕自身、介護士として働いていましたが、
普通に一人暮らしができていました。

しかも毎月7万は貯金できていましたよ^ ^

関連記事:介護職で一人暮らしはできる?貯金は?実際の支出を紹介!

介護士で給料が低くても、工夫をすればなんの問題もなく生活していけます。

しかも今の時代、共働きが当たり前なので
結婚しても普通に生活できますよ^ ^

介護士の給料が低い理由

ただ、正直いうと介護士の給料はもう少し欲しいところ。

では、なぜ介護士の給料は他の産業に比べて給料が安いのでしょうか?

介護施設や訪問介護事業所でかかるコストの大半は
職員に払う給料、いわゆる「人件費」です。
介護報酬の6〜9割ほどはこの人件費になります。

他の産業は
商品の質やアイディアによって売り上げをあげることはできますが、
介護職は国から出る介護報酬によって給料が決まります。

なので
介護施設が給料をあげるには効率的な介護サービスが求められるわけです。

だから介護職の給料は上がりにいんですね。

しかし、
すべての施設の給料が安いわけではありません。

大規模な施設は
福祉用具の一括購入などで職員の給料をあげる工夫をしています。

介護士の給料が高い施設もある

「介護士=給料安い」というイメージが強いですが、
中には高い給料をもらっている介護士もいます。

神奈川、介護経験2年弱、ヘルパー2級、特養、夜勤月4~5回、残業月10時間、23歳で年収420です。
経験や資格によって給料は変わりますが、施設内で一番経験が浅く国家資格も持ってない私がそのくらいです。
ちなみに30歳の主任で条件同様で(経験は8年ですが)約600もらっているみたいです。

引用:ヤフー知恵袋

いかがですか?

この通り介護施設によっては高い給料をもらうこともできるのです。

ここまで給料が高い施設は多くはありませんが、
介護士の平均年収よりも多くもらえる施設はたくさんあります。

介護士として働きながらできるだけ高い給料をもらいたいなら
高待遇の求人が多い介護の転職サービスを利用して転職することをオススメします!

2017年4月から介護士の給料が上がる

2017年4月から政府の政策による処遇改善加算で
介護士の給料が月に約1万円ほどアップしました。

ということは年収になおすと10万以上のアップになります。

すべての介護施設がアップしているわけではありませんが
今の日本は介護職の給料が上がっていく流れに少しずつなっています。

介護士の給料をあげる方法

さて、
介護士の給料は安い傾向にありますが、
ある3つの方法を使えば介護士の給料を高くすることができます!

介護士の給料を高くする3つの方法は以下の通り。

  • キャリアアップをする
  • 看護師になる
  • 高待遇の施設に就職する

この3つが現実的と考えられます。

介護士のキャリアアップと言えば
介護職の国会資格である介護福祉士を目指すことや、
ケアマネージャーを取得することが挙げられます。

資格を取れば資格手当がもらえますし、
役職がついて給料が上がることもあります。

関連記事:マジで!?介護福祉士の資格手当はいくら?パートはもらえる!?
専門学校に通って看護師になるのも一つの選択肢。

時間とお金こそかかりますが、
看護師の年収は500万と介護職に比べて200万ほど高いです。

なのでたとえ学費がかかったとしても、すぐに元は取れるはず!
・・・しかし、
キャリアアップするのも看護師になるのも時間と労力がかかりますよね。
どちらも簡単なことではありません。

高待遇の施設に勤めれば介護士でも高い給料がもらえる!

そこで介護士の給料を一番てっとり早くあげる方法が
高待遇の施設に転職するということ。

高待遇の施設に転職すれば
たとえキャリアアップをしなくても高い収入を得ることができます。

施設によって月収25万以上もらえることもあるんです!

介護士で給料の高い施設で働きたいなら
介護職の転職サービスを利用しましょう。

介護の転職サービスなら
一般公開されていない高待遇の求人を見つけることができます。

やりがいを感じながら
他の介護士よりも高い給料をもらっている自分を想像してみてください。

プライベートも豊かになり、充実した日々を過ごせると思いませんか?

人気の求人は早めになくなります。
なので気になる方は今すぐ登録することをおすすめします!

 

介護士の給料が安い?高待遇の施設で働こう!

介護士の給料が安いのは否定できません。

しかし、高待遇の施設に勤めれば高い給料をもらうことも夢ではないのです!

介護士はいくら職場で努力してもキャリアアップしない限り、
なかなか給料は上がりません。

それよりも高待遇の施設に就職する方がてっとり早いです。

介護士の給料が上がれば生活に余裕が出ますし、
仕事のモチベーションも上がります。

やりがいがあるとはいえ、
見合った給料をもらえないとどうしても仕事を頑張ることはできませんよね。

あなたが充実した日々を送るためにも、ぜひ高待遇の施設に勤めましょう!

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter