介護士が辛いと感じる8つの理由と2つの解決策とは?

「自分は介護士に向いてないのかな・・・」

今、あなたはそんなことを思っていませんか?

自分は介護士に向いてないと思うながら働くのは、とても辛いですよね。

仕事でミスして先輩に怒られると、萎縮しちゃったり
その先輩と一緒の勤務だと前日から頭が真っ白になってしまったりして・・・

人によって辛い理由は様々ですが
「自分は介護士に向いてないんじゃないか?」と思いながら働くのは
誰だって辛いはずです。

これから介護士が辛いと感じる理由を8つ書いていきます。

あなたはこれに何個当てはまりますか?

介護士が辛いと感じる8つの理由

介護士が辛いと感じる理由「新人」

介護士で新人だと、仕事でミスをしてしまうのは仕方がありません。

介護職にかかわらず、
どんな人でも新人の時はミスをしてしまいます。

でも、「ミスはもうしない!」そう思って働くと
かえって緊張してしまい、またミスをしてしまって落ち込む、そんな経験はありませんか?

もしあなたがそうなら
そこまで気負う必要はありません。

誰だってミスはするもの。

「ミスをどんどんしよう!その代わりちゃんと仕事を覚えよう」
そんな気持ちで仕事に臨んではどうですか?

介護士が辛いと感じる理由「怖い先輩がいる」

職場に必ず一人はいる高圧的な先輩。

誰だって仕事でミスはするのに
あなたにだけとくに高圧的な態度をとる先輩はいませんか?

そんな先輩がいると、誰だって辛くないわけがありません。

介護士が辛いと感じる理由「人間関係が悪い」

介護士が仕事を辞める上でとくに多い理由が「人間関係」

職場の人間関係に悩んでしまい仕事を辞めるケースがよくあります。

たしかにいくら介護士の仕事にやりがいを持っていても、
そこで働く人との人間関係が良くなければ辛いと感じても当然ですよね。

人間関係の悪い職場だと、誰かが会話しているだけでも
「自分の悪口を言っているんじゃないか」
と思ってしまいます。

関連記事:介護職で人間関係が辛いと思った時に考えるべきこと

介護士が辛いと感じる理由「上司が現場を理解していない」

施設長やチーフなどの上の立場の人が
職場の状況を理解していないと辛いです。

現場のことを把握してないにも関わらず
全て分かったような口で
次々と指示を出す上司。

そんな職場で働きたいという介護士はいませんよね。

介護士が辛いと感じる理由「無理な勤務体制」

無理な勤務体制をしいている施設も介護士は辛いと感じてしまいます。

例えば連続で何回も夜勤が続いたり、
休みが極端に少なかったり。

そんな施設で働いていたら身体が持ちません。
辛いと思って当然です。

介護施設は現場で働く介護士がいてこそ成り立っています。

その施設を支える介護士がボロボロになってしまっては
施設は成り立たないことを施設長や上の立場の人たちは知らないのです。

介護士が辛いと感じる理由「夜勤」

夜勤が多い職場だと、だんだんと身体に疲れが蓄積され
そのうち仕事が辛いと感じてきます。

とはいえ、
夜勤をやらないと給料が少なく生活が成り立たない
という人もいるのではないでしょうか?

関連記事:介護職の夜勤が辛いと感じた時に考えるべきこと

介護士が辛いと感じる理由「給料が低い」

給料が低いとどうしても仕事に対するやりがい・モチベーションが上がりません。

そうなるとそのうち仕事をしていても
常に「辛い」と思いながら働くことになります。

介護士が辛いと感じる理由「利用者の暴言・暴力」

認知症を抱えている利用者からの暴力暴言
介護士にとって辛いですよね。

仕方がないとわかっていても、
やっぱり嫌なものは嫌です。
そんなにできた人間はいません。

関連記事:もう嫌だ!介護職で利用者の暴言に悩んでいるあなたへ
もしあなたがどうしても利用者の暴力・暴言が嫌なら、
認知症の方が少ないデイサービス訪問介護に就くというのも一つの選択肢です。

→介護の転職サービスを利用して理想の職場に出会う!

介護士が辛いと感じるのは施設が原因

ここまで介護士が辛いと感じる瞬間について紹介してきましたが、
あなたはこの中からいくつ当てはまりましたか?

たくさんあればあるほど、
あなたは辛い日々を送っているはずです。

しかし
全ての介護施設で働く介護士がそう思っているわけではありません。

介護士が仕事が辛いと感じてしまう多くの原因は
あなたが働く施設に原因があります。

もしも現場で働く介護士を大切にしてくれる施設なら、
高圧的な態度をとる先輩はすぐに指導されるはずですし
ストレスも減って人間関係も改善するはずです。

身体の健康のことも考えて
夜勤の回数もそれほど多くなく
給料もしっかり出してくれます。

解決策① なんとか今の職場で頑張ってみる

「もう少しだけ今の職場で頑張ってみたい」
もしあなたがそう思うなら僕はあなたを応援します。

介護職は求人が多く就職のハードルが低いので
いつでも再就職が可能。

そう考えると、
限界と感じるまで今の職場で頑張ってみるのも
一つの選択肢と言えます。

今の職場に苦手な先輩や同僚がいるなら
チーフや上司に相談して、
勤務をできるだけかぶらないようにしたり
フロアを変えてもらうこともできるかもしれません。

解決策② 介護士が辛いと思ったら他の施設に行く

もしも今、あなたが本当に仕事が辛いなら、
他の施設で働くことを考えた方が良いです。

今の職場でずっと働きたいと思いますか?

まだ解決の余地がありそうなら良いですが
自分の力で解決しようと思っても限界があります。

自分を守るのは自分だけ。
どうしても無理なら他の施設に転職しましょう。

転職サービスのコンサルタントに相談しよう

もし他の施設に転職するなら
ハローワークを利用するよりも転職サービスを利用するのがオススメ。

介護の転職サービスはハローワークにはない好条件の求人が多く、
転職するなら是非使っておきたいところ。

そしてなんと言っても、転職サービスによっては
その道のプロである転職コンサルタントがいます。

転職コンサルタントはあなたの希望をしっかりと聞いた上で
その希望にあった職場を紹介してくれるのです。

これから転職を本気で考えるなら
ぜひ介護の転職サービスを利用して他の施設に移りましょう!

 

介護士が辛いと感じる人へ。今の現状を変えるのは行動のみ

人生は一度しかありません。

お金は稼ぐことはできますが、時間は1分1秒たりとも戻ってこないのです。
時間を無駄にしていいんですか?

時間を無駄にしたくないなら、
上司に相談したり転職サービスを利用することをオススメ。

何度も言いますが、
今の現状を変えるのは行動しかありません。

これを読んでいるあなたの人生が良い方向に行くことを願ってます。

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter