介護施設での残虐な事件を見て100%否定できない自分がいる

テレビを見ていると、
ときおり介護施設での残虐な事件を目にすることがあります。

「ひどいなぁ」
そう口でつぶやきながらも、
心の中で
どこか被害者を100パーセント責めれない自分がいるんです。

そんな僕は最低でしょうか?

2016年に起きた川崎の介護施設での残虐な事件

これを読んでいるあなたは
2016年に川崎の介護施設「川崎市のsアミーユ川崎幸町店」での殺人事件を覚えていますか?。

全国を震わせた、あの残虐な事件です。

川崎市の介護付き有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で入所者3人が平成26年に相次いで転落死した事件で、神奈川県警は殺人容疑で元職員、今井隼人容疑者(23)=横浜市神奈川区立町=を逮捕した。

逮捕容疑は平成26年11月3日夜から4日未明、87歳の男性入所者を4階ベランダから投げ落とし、殺害したとしている。

この施設では、同12月に86歳の女性が4階ベランダから、96歳の女性が6階ベランダから転落して死亡している。県警は、2カ月に3人の転落が相次いだことや、高さ約1・2メートルのベランダの手すりを身長が1・5~1・6メートルの入所者が自力で乗り越えるには不審な点があるとして捜査。いずれの時間帯も今井容疑者が勤務していたことから、任意で事情を聴いていた。

引用:http://www.sankei.com/affairs/news/160216/afr1602160005-n1.html

 

事件の概要は
介護士が介護施設のベランダから利用者を投げ落とした
という事件。

もう残虐としか言いようがない。
人として本当にやってはいけないことだと思います。

・・・だけども
この介護士による殺人事件について100%否定できない自分がいるのも事実です。

介護施設での事件を100パーセント否定できない

当然だけど
この介護施設での事件は絶対にやってはいけないこと。

この加害者は介護士としてではなく、
人間として間違ったことをしてしまった。

事件の加害者を肯定する気は当然ありません。

そして前提にして聞いてほしい。

僕はその加害者を100パーセント否定することができません。

介護職はやりがいがある職業。
8年間やってきて本当にそう思いました。
けれどもその一方で楽な仕事ではないということもわかりました。

介護施設で働いていると、
ときおりすごくイライラしてしまうことがあります。

理不尽なことで怒鳴られたり、
急に殴られたり噛み付かれたり。
僕自身
「しょうがないな」
と割り切ろうとしても、どうしてもイライラしてしまうんです。

特に人手不足で職場が大変な状況の時。
一番最初に勤めていた職場で、
いちじき夜勤が月9回あって身体をボロボロにしながら働いていたことがあったんです。

その仕事中、急に認知症の方に頭を殴られた時
「あぁ、こんな時に介護士は虐待をしてしまうんだろうな」
とふと思ったことがありました。

介護施設での事件は介護士だけが悪いわけじゃない

sアミーユ川崎幸町店でのニュースはあまりにも残虐。
これは許される事件では当然ありません。

ですが、
介護施設でのこのよう事件は加害者だけの責任ではないのです。

この事件の責任は介護施設にもあります。

以下、事件の起きた川崎老人ホームで働いていた方の証言です。
ライターの中村 淳彦さんという方が素晴らしい記事を書かれています。
全文はこちらから見れます。

人手不足というよりも、少ない人数で合理的に運営する方針でした。分単位でいろんな仕事をギュウギュウに詰められて本当に忙しい。だから仕事よりも、時間に追われる毎日でした。常に時間に追われ、人によっては休憩もとれない。職員のそれぞれがライン表通りに働く。その日常が精神的に負担になっていきました。

事件が起きた介護施設では
仕事内容が15分単位でギュウギュウに詰められていたそうです。

相手はモノではなく人間。
予定通りにうまく仕事を進めるなんてできるわけありません。

しかも職員みなライン表でスケジュールが区切られているため、
一人が遅れたらみなに迷惑をかけてしまうわけです。
おそらくみなプレッシャーを抱えながら仕事をしていたのではないでしょうか?

さらに夜勤帯は80人を3人で見ていたということ。
(僕の施設では50人弱を3人で見てました)

「もしここで働いていたら・・・」
そう思うととてもゾッとしてしまいます。

コメンテーターは介護職の経験があるだろうか?

誰がどう見ても、
このような介護施設での事件は許されることではありません。

しかし、
このような施設で働いていたら精神的におかしくなってしまっても仕方ありません。

けれども、
ニュースでは当たり前のようにコメンテーターが

「本当に残虐な事件ですね。介護士として失格です」

こんなことを言います。
たしかにそのコメンテーターの言うことは間違っていません。
しかしたいてい、
そのコメンテーターのほとんどは介護職を経験したことがない人たちです。

介護の現場で実際に働いている人の中には、
僕と同じようにこのような残虐な事件を否定できない人がいるのかもしれません。

あのような介護施設での事件は二度と起きてはならない

しかし、
だからと言ってあのような介護士による事件を許してはいけません。
暴力はもちろん、殺人事件なんてのはもってのほかです。

あのような事件が二度と起きないよう、
介護施設、そしてその環境をつくる政府は、
介護業界で働くすべての人に配慮をしてほしい。

他人を傷つけるということは、自分を傷つけるということ。

もしこの記事を読んでいるあなたが介護士なら
ストレスで限界になる前に逃げてほしい。

介護施設はあなたが今働く施設だけではありません。
今の施設よりももっと気持ちを楽にして働ける介護施設が絶対にあります。

自分の身体と心を守るのは、自分しかいませんよ。

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter