介護職は最悪?それ、介護施設が最悪なだけかもよ?

「介護職って最悪」

あなたは今、そう思っていませんか?

・・・その気持ち、とても分かります。
僕自身介護職に8年勤めましたが、その中で介護職が最悪だと思っていた時期がありました。

職員一人の負担が大きく、給料も少ない。おまけに休日も少ない。
そんな職場だから当然人間関係もギクシャクしている。

その時は本当に毎日が辛かったです。

・・・もしもこれを読んでいるあなたが同じことを思っているなら、僕に5分だけ時間をくれませんか?

今のあなたの状況が解決するかもしれません。

介護職は最悪?それ、介護施設が最悪なだけかもよ?

あなたは今、どんなことが理由で「介護職って最悪」と思っていますか?

たしかに介護職は楽な仕事ではありません。

・・・でももしかしたら、介護職が最悪なのではなく、あなたが働く介護施設が最悪なだけかもしれませんよ。

僕自身、特養と老健、2つの施設に勤めましたが、「介護職って最悪」と思ったのは最初に勤めた施設のみです。

2か所目に勤めた施設は給料がしっかりしておりサービス残業もない、年間休日も120日ありました。

この経験から思ったのは「介護職が最悪だと思うのは施設が原因」だということです。

介護職は人間関係が最悪?

あなたは職場の人間関係で悩んでいませんか?

  • 働かずに誰かの悪口ばかり言う同僚
  • いつもきつい口調で言う上司
  • 上からものを言うナース

もしもそんなことで悩んでいるなら、それは「介護職が最悪」なのではなく「介護施設が最悪」の可能性が高いです。

確かに介護職は人間関係が大変ですよね。
女性が中心の職場なので、どうしても人間関係がこじれてしまいやすいです。

でも、職場の人間関係は職場で大きく違ってきますんですよ。

ではなぜ同じ介護職でも職場によって雰囲気が違うと思いますか?

それはあなたが働く施設の労働環境にあります。

労働環境が悪い職場とは、

  • サービス残業が当たり前
  • 夜勤の回数が多い
  • 休日が少ない
  • 施設の職員に対する対応に思いやりを感じない

人間関係の悪い職場は労働環境が悪い職場であることが多いです。

なぜかというと、職員が皆ストレスを抱えているから。

逆に労働環境が良いと人間関係で悩むことはとても少なくなるはずです。

介護職は給料が最悪?

介護職は給料が他の仕事に比べて低いです。

そのため「割に合わない」と思っても仕方のないこと。

しかし介護職は施設によって給料が違ってきます。

夜勤をやって月15万ほどの施設もあれば、夜勤がないにも関わらず月20万もらえる施設もあります。

介護職はたしかに給料は高くないですが、施設によって給料は大きく違うんです。

あなたの職場の給料はいくらですか?

もしあなたが「介護職は最悪」と思う理由が給料の少なさなら、ただ単にあなたの施設が最悪なだけかもしれません。

介護職は労働環境が最悪?

  • サービス残業が当たり前
  • 夜勤の回数が多い
  • 休日が少ない
  • 施設の職員に対する対応に思いやりを感じない

あなたはこのような施設で働いていませんか?

そういった施設で働いていると「介護職は最悪だ!」と思っても仕方のないこと。

そんな施設で楽しく働く方が無理です。

しかしすべての介護施設がこのような労働環境ではありません。

もしあなたがそのような施設で働いているなら、他の施設にうつるべきです!

僕自身、もっと早く他の職場にうつれば良かったと後悔しています・・・。

介護職は結局何が最悪?

結局のところ、介護職が最悪なのではなく介護施設が最悪なんです。

同じ介護職でも、職場によって人間関係や給料、労働環境はまったく異なります。

「介護職って最悪」

そう思いながら定年まで働きたいですか?

これを読んでもおそらく9割の人は行動しません。なぜなら新しい環境で挑戦するよりも今の苦しみに耐えた方が楽だから。

でも考えてみてください。
たった一度きりの人生、辛い思いをしながら働きたいですか?

もしあなたが本気で今の生活を変えたいと思うなら行動するのみです!

下記で再出発するための方法を紹介しているのでぜひご覧ください。

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter