介護職を種類別に紹介!あなたが望む働き方はどの種類?

「介護職ってどんな種類があるんだろう?」
あなたは今、そう思っていませんか?

こんにちは!
介護職に8年勤めた悠太です!

僕が介護職に転職しようとした時、
どの施設についていいか分からなかったことがあります。

あなたも同じことで悩んでいるのではないでしょうか?

介護職にも様々な種類の業種があります。

デイサービスなどの「通所施設」から
施設で生活を送る「入所施設」まで本当に様々。

ここまで介護職の種類があると・・・
「自分はどの業種に就けば良いんだろう?」
と迷ってしまいますよね。
その気持ち、とても分かります!

なので今回は、
これから介護職に就きたいという方に向けて
介護職の様々な種類を紹介していきたいと思います!

介護職の種類が知りたい方は是非ともご覧下さい!

介護職のお仕事や施設を種類別に一覧紹介!

介護職の種類 デイサービス

デイサービスとは名前の通り日帰りの介護施設です。
いわゆる「通所施設」ですね。

食事や入浴などの介助はもちろん、
日常動作訓練やレクリエーションなど
ご老人がより良い日々を過ごしてもらうためにデイサービスはあります。

デイサービスの仕事内容の特徴は
ご老人を自宅まで送迎するという点。

よくご老人を数人乗せた車を見かけますが、
あれはデイサービスの送迎なんですね。

デイサービスは日勤しかないので、
夜勤がない分給料面では他の種類の介護職より収入が低いです。

ただ夜勤は身体に負担がかかるので、
デイサービスに転職してくる人も中にはいます。

給料面よりも健康面やライフスタイルを大事にしたい
というならデイサービスが良いですね。

また、デイサービスは他の施設に比べて利用者と接する機会が多いです。

「高齢者の方とたくさん交流したい!」
という方もデイサービスがオススメですね^ ^

デイサービスの詳しい仕事内容については
こちらで紹介しています。

>>デイサービスの仕事内容って一体どんなことをするの?

介護職の種類 有料老人ホーム

有料老人ホームにもいくつかの種類がありますが、
その中でも介護職が深く携わるのが介護付きの有料老人ホームです。

有料老人ホームは先ほど紹介したデイサービスと違って
1日中ご利用者が施設内で生活されています。

デイサービスなどの「通所施設」に対して、
有料老人ホームは「入所施設」になります。

ご利用者の介護度は様々で、
外出ができるほどの軽い方から寝たきりの重い方まで様々。

ご利用者は1日中施設で生活しているので、夜勤もあります。

介護職の種類 特別養護老人ホーム(特養)

介護職の種類の中でも、
常に介護が必要なご利用者が多くいる施設が特別養護老人ホーム

一人では生活できない
寝たきりの方や重度の認知症の方が入居しています。

常に介護が必要な方が生活されているので、
仕事内容は食事介助や入浴介助、
オムツ交換からシーツの交換まで様々。

仕事内容的には他の種類の介護職よりじゃっかん大変かもしれませんが、
その分介護士としての技術はつくはずです。

これから介護職に就いて腕を磨きたい、
という方には特養への就職も考えて良いでしょう。

また、介護職の種類の中では高待遇な方で、
給料面を重視したいのであれば特別養護老人ホームはオススメ。

有料老人ホームなどと同じく交代制で夜勤ももちろんあります。

もちろん、特養は入所施設で夜勤があるので
夜勤手当によって安定した給料を得ることができます。

特養の仕事内容についてはこちらをご覧ください。

>>特別養護老人ホームの仕事内容・1日の流れを紹介!

介護職の種類 介護老人保健施設(老健)

自宅に生活復帰するための介護施設が介護老人保健施設
病院と自宅の中間地点的な役割を持つ種類の介護施設です。

リハビリを目的とした施設ですが、
業務内容は特別養護老人ホーム同様、
シーツ交換から・入浴介助・トイレ介助まで様々な仕事を行います。

仕事内容は特養とあまり変わりませんが、
老健は介護と医療が密に連携している施設なので、
医療面で特養では学べないことを経験することができます。

僕自身、6年間は老健で働いていました。

老健の仕事内容はこちらでご覧ください!

>>介護老人保健施設(老健)の仕事内容を詳しく紹介!

介護職の種類 訪問介護

高齢者の自宅に訪問し、
生活のお手伝いをする業務があるのが訪問介護。

ホームヘルパーと言われる働き方をするのが
訪問介護ですね。

仕事内容は利用する高齢者の状態によって異なり、
「生活援助」と「身体介護」の2種類があります。

生活援助はお部屋のお掃除や洗濯、買い物など身の回りのお手伝いを、

身体介助は食事介助や口腔ケア(歯磨き)、排泄介助など
ちょくせつ身体に触れる介助を行います。

訪問介護は基本的には夜勤はありませんが
事業所によっては夜勤を募集しているところもあります。

ただ、訪問介護で夜勤をやる場合は
ある程度の技術が必要なので
経験者でないと難しいかもしれません。

夜勤がない分
訪問介護は他の種類の介護職より給料は少ないですが、

訪問介護ほど利用者と1対1で接することができるのは
介護職の種類の中では訪問介護以外にありません。

より深く利用者と関わりたい
という方は訪問介護に向いていると言えます。

訪問介護の仕事内容については以下をご覧ください!

>>ホームヘルパー(訪問介護)の仕事内容とは?初心者にも分かりやすく紹介!

介護職の種類 サービス付き高齢者住宅

介護職の種類の中でも最近増えているのがこのサービス付き高齢者住宅
通称「サ高住」と呼ばれる種類の介護施設です。

他の種類の介護職同様、高齢者が日々生活する施設ですが、
基本的にサ高住では、
介護の必要がない、元気なご老人が生活されてます。

仕事内容は主に「安否確認」や「生活相談」。
他の入所施設と比べると仕事内容は楽な方ではあります。

ただ、施設によっては
介護度が高かったり認知症を患っている方が
入所していることもあるんですね。

なので「楽したい」という思いで
サ高住に転職するのは危険かもしれません。

また、夜勤手当は他の入所施設に比べると、相場は3000円と低め。
しかしその分、基本給が高い傾向があります。

介護職の種類 グループホーム

戸建て住宅で少人数で生活するグループホーム

グループホームは認知症の方が入所されており
家庭的な雰囲気の中、少人数で生活する介護施設です。

グループホームではリハビリをかねて
ご利用者と一緒に調理や掃除などをすることもあります。

家庭的な雰囲気の中、
アットホームな雰囲気でご利用者に接したい方は
グループホームが向いているかもしれません。

グループホームの仕事内容については
こちらをご覧ください!

>>グループホームの仕事内容・1日の流れを紹介!

介護職の種類の中からあなたに合った働き方・施設は?

ここまで様々な種類の施設を紹介してきましたが、
介護職未経験者の方だとやっぱりどれにすればいいのか迷いますよね。

なので施設別に「こんな人におすすめ!」
という感じでまとめてみます。

あなたはどんな介護職の種類に就きたいですか?

自分のライフスタイルを大事にしたい介護職の種類

  • 訪問介護
  • デイサービス

訪問介護事業所もデイサービスも基本的に夜勤はありません。

訪問介護はパートで働けば
普段の生活の中で空いた時間に仕事を入れることができます。

お金を稼ぎたいというよりも
自分のライフスタイルを優先させたい方はこの2つの介護施設をおすすめです!

給料が多い介護職の種類は?

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保険施設

収入の多さで選ぶなら
夜勤がある介護職を選びましょう。
夜勤手当があると収入がだいぶ上がります。

しかし施設によっては
これ以外の種類の介護職の方が給料が良い場合もあります。

なので求人票を見ながらチェックするのが大事ですね。

→給料の良い介護施設の求人を探す

無理なく働きたい介護職の種類は?

  • デイサービス
  • 訪問介護
  • グループホーム
  • サ高住

「給料はそこまで気にしないから無理なく働きたい」
そう思うなら介護職の種類の中でも以上の4つが良いでしょう。

共通点は夜勤がないこと。
夜勤は身体にとても負担がかかります。

夜勤があって身体がキツイから、
特養からデイサービスに行く人も多いです。

これらの施設はそこまで身体に負担をかけずに働けますよ^ ^

介護職に転職するなら転職サービスを利用しよう!

これを読んでいるあなたは
おそらく介護職の転職を考えているでしょう。

では、あなたがこれから介護職の求人を探すとき
どうやって探しますか?

おそらくハローワークを使って探すかもしれません。
でも、ハローワークで探すのは正直言うとあまりオススメできないんです。

それはなぜかというと、

ハローワークの場合は無料で求人を掲載できるからです。

無料で掲載できるということは、
どれだけ資金のないブラックな介護施設でも求人を載せれるということです。

それじゃあどうやって介護職の求人を探すの?

 

そう思いますよね。

これから介護職に就こうと思うなら
介護の転職サービスがオススメ!

介護の転職サービスでは
有料でないと求人を載せることができず(一部は無料でも可能)

転職コンサルタントがあなたの希望にあった職場を紹介してくれます。
せっかく介護職に転職したのにブラックだった・・・
なんてことはぜったいに嫌ですよね。

そうならないためにも
介護の転職サービスを利用し、
自分の納得できる介護施設に転職することをオススメします!

介護職の種類の中から、あなたに合った働き方を!

介護職の種類は本当に様々。

仕事内容も違えば勤務時間も違う。
給料の違いもあるし、それぞれ向き不向きもあります。

なのでそれぞれの施設の特徴を把握し、
自分にあいそうな施設に転職することが大事。

介護職は人手不足な施設が多い分
どの職業よりも転職しやすいので、
いろいろな施設に勤めて経験を積むのも良いでしょう。

そしてこれから介護職に転職するなら、
ぜひとも転職サービスを利用するのがおすすめ。

転職サービスはハローワークには載ってない好条件の求人があり、
転職のプロがあなたの希望の施設を紹介してくれます。

一人で介護職の経験がないと、
どうしても転職に失敗する確率が高くなってしまいます。
・・・でも、一度就職したら辞めにくいですよね。

そうならないためにもぜひ介護の転職サービスを利用することをオススメします!

登録は無料!
人気の求人はなくなりやすいので、いますぐ利用しましょう!

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter