【2018年版】介護福祉士の給料の手取りと平均年収はいくら?介護士の施設別・平均年収の相場ランキング

「これから介護職に就きたいけど、給料面が不安・・・介護士の給料ってどのくらいもらえるんだろう?」

そう不安になるのも無理はありません。
なんせ介護士といえば給料が低いことで知られていますからね。

この記事では介護職の給料の全てをご紹介します。

これから介護職に就きたい人に向けて給料の良い職場に勤める方法もご紹介してるのでぜひご覧ください!

介護職の平均年収(総支給)の相場は310万

まず最初に介護職の平均年収について紹介!

厚生労働省の調べによると、介護士の平均年収は310万という結果になっています。

全業界の平均年収は400万ほど。
これと比較すると、やはり介護士の給料が低いということは否定できませんね。

ちなみに介護職のボーナスの平均は30〜40万となっています。

介護職の給料(月収)の手取り平均は19〜21万

年収がわかったところで気になるのが介護職の給料の月収手取り。

年収310万の場合、社会保険などが引かれて手元に残る手取りは19万〜21万ほどになります。

ちなみに元介護士の僕の場合の年収は330万で手取りの月収給料は22〜23万円(総支給27万弱)でした。(老健勤務)

 

ちなみに最初に勤めていた職場こそ月収の手取りが15万しかもらってませんでしたが、
介護に特化した求人サイトのおかげで月収が7万も上がりました^ ^

 

介護職の給料(月収)の内訳(手当など)

介護職の平均的な給料は19〜21万ですが、この額にはいくつかの手当が入っています。

では介護職の給料の内訳にはどのようなものがあるのでしょうか?

介護職の主な手当は以下の2つ。

  1. 夜勤手当
  2. 資格手当

この2つの手当を詳しく解説していきます。

内訳① 夜勤手当の相場

夜勤手当の相場は3,000〜8,000円と言われています。夜勤手当の平均は6,000円ですね。

月5回やったとして3万円ほどの夜勤手当がつきます。となると基本給と夜勤手当だけで19万になりますね。
(もちろん他にも手当がつきます)

しっかりした年収をもらうには夜勤のある職場に勤めるのが良いでしょう。

内訳② 資格手当の相場

介護職は給料に加えて資格手当が加算される職場が多いです。

資格手当が一番もらえやすいのは介護福祉士

介護職唯一の国家資格だけあって、多くの施設で介護福祉士の資格手当が支給されています。

ちなみに介護福祉士の資格手当の平均は1万600円ほど。施設によっては1.5〜2万ほどもらえる施設もあります。

これから介護職に就こうと思うなら、この資格はぜひ取っておきたいところ!

 

介護福祉士の給料や平均年収の相場はどれくらい上がる?

介護職唯一の国家資格として「介護福祉士」があります。
(介護の仕事をしている人=介護福祉士ではありません)

介護福祉士は実務経験3年を積んで試験に合格するなどして取得できる資格ですね。

では、介護無資格者から介護福祉士を取得した場合、どのくらい上がるのでしょうか?

介護福祉士の平均年収は330万円

介護福祉士を持った介護士の平均年収は330万円となります。

介護士全体の平均年収は先ほどの通り310万円なので20万円高い計算となります。

介護福祉士の資格手当や勤務年数などによってこのぐらいの年収の差が出ます。

介護福祉士の平均給料(月収)は24万

介護福祉士の平均的な給料は24万円ほどです。

介護士全体の給料平均は20万前後なので4万円ほど高い計算になりますね。

首都圏と地方の介護職の給料・年収の違い

同じ介護職でも首都圏と地方によって給料は全く異なります。

首都圏で働く介護士の平均年収→340万(平均給料は25万〜28万ほど)

地方で働く介護士の平均年収→280万(平均給料は19万〜23万ほど)

この通り、首都圏と地方では平均年収がなんと60万も違うのです。

首都圏は物価が高い分納得はできますが、地方で探す際は平均年収280万(手取り18万前後)を基準に求人を探すと良いかもしれません。

・・・ただ、介護求人サイト求人は地方でも首都圏並みにもらえる求人が数多くあります。

僕自身、地方にも関わらず首都圏並みの給料をもらってました。

 

介護職の将来性が高い!今後介護職の給料が上がる

介護職の給料は低いと言われていますが、近年政府による政策により介護職の給料があがっています。

2017年4月に処遇改善加算で年収アップ

介護職員を増やす目的から、国の政策により2017年4月から処遇改善加算で給料が増えました。

これにより給料が1万円増えることになります。1万円増えるのは大きいですね。

単純に計算すると年収で12万円増えることになります。全国平均と合わせると320万ちょっとということですね。
(施設によって処遇手当が加算されない施設もあるので、求人を見える際はチェックが必要)

高齢化社会がどんどん進む日本において、介護職の給料は今後どんどん上がると考えられます。

2017年に処遇改善が国会で確定 2019年から8万上がる(介護福祉士)

高齢者増加による介護士のニーズに対応するため、政府は2017年に介護士の処遇改善が決定しました。

処遇改善の開始は2019年10月。

処遇改善の条件は「勤務継続10年以上の介護福祉士」、対象となる場合は給料に8万円ほど上乗せされることになります。

2017年4月に引き続きさらに介護職の給料が今後ますます上がることが予想されます。

介護職の給料(年収)平均が高い施設ランキング

先ほど介護職の年収平均を「310万」と紹介しましたが、同じ介護職でも働いている施設によって年収は違ってきます。

ではどんな介護施設の給与(月収)が高いのか?

ここで施設別にランキング方式でご紹介いたします。

以下、厚生労働省の給料の平均結果を引用します。

 

1位 社会福祉施設(特養)の給料平均

社会福祉施設(特養)の給料の平均は23万円。

特養の場合は平均よりも2万ほど高いですね。

施設によっても違いますが基本的に他の施設よりも給料が高い傾向にあります。

>>特養の給料平均が一番高いって本当!?その真相は・・・

2位 介護老人保健施設(老健)の給料平均

介護老人保健施設(老健)の給料平均は22万円

介護職全体の給料平均よりも1万円ほど高い結果となりました。

ちなみに僕も最後に介護士として勤めていたのが老健でしたが、
給料は同じぐらいで月給20〜23万ほどでした(夜勤の回数などによって違う)

>>介護老人保健施設の仕事内容を紹介!

3位 訪問介護士の平均給料は19万

訪問介護の平均給料は19万円。

介護職の給料平均21万と比べると月収が2万ほど低い結果となりました。

介護職の給料はやはり施設の方が多くもらえる傾向があるようです。

>>訪問介護(ホームヘルパー)の給料の平均はいくら!?徹底解剖!

4位 グループホームの給料平均は18万円

グループホームの平均給料は18万。

グループホームの給料は訪問介護よりも低い傾向にあり、
介護職の中でも給料が低い傾向にあります。

たしかにグループホームの給料が高いという話はなかなか聞きません。

もしも給料を優先するとしたら
グループホームよりも他の施設で働いた方が良さそうですね。

>>グループホームの給料の相場はいくらか知ってる?

介護福祉士で年収400万をもらう具体的な方法

同じ介護職でも職場によってもらえる給料は大きく異なります。

3年もの実務経験を積んで介護福祉士になり、職場選びをしっかりすれば年収400万円も見えてきます。

神奈川、介護経験2年弱、ヘルパー2級、特養、夜勤月4~5回、残業月10時間、23歳で年収420です。
経験や資格によって給料は変わりますが、施設内で一番経験が浅く国家資格も持ってない私がそのくらいです。
ちなみに30歳の主任で条件同様で(経験は8年ですが)約600もらっているみたいです。

引用:ヤフー知恵袋

7年弱の特養勤務です。

私の場合476万ですね。嫁が540万くらいかな(勤続15年)

うーん、大学の同期たちは600万から800万だから少ないのかな・・・

引用:ヤフー知恵袋

 

介護職の平均年収が310万、介護福祉士の平均年収が330万と言われている中、これだけの給料をもらってる介護士もいるんですね・・・

では介護福祉士で年収400万をもらうためにはどのような方法があるのでしょうか?

介護福祉士で年収400万もらう方法① 社会福祉法人の特養で働く

介護施設にも民間や医療法人などが運営する施設がありますが、

社会福祉法人が運営する特別養護老人ホーム(特養)は介護士の給料がかなり高い傾向にあります。

これはこれは規模が大きい分、コストの削減がしやすいため給料を高くできるんですね。

年収400万を目指したいのであれば、社会福祉法人の特養の求人を探すことをおすすめします。

介護福祉士で年収400万もらう方法② 介護求人サイトで求人を探す

何度もご紹介してますが介護求人サイトでは質の高い高待遇の求人が多くあります。

ハローワークの求人だけ見ると「介護職って給料低いんだな」と思いますが、そんな時は介護求人サイトを利用してみてください。

介護求人サイトを利用し社会福祉法人の特養の求人を探せば、高い確率で年収400万を目指せます。

たとえ介護福祉士を持っていなくても、条件の良い求人はたくさんあります。

ちなみに僕も介護求人サイトを使って他の施設に転職したら月収が7万も伸びました。

これから介護福祉士を目指す方もぜひ介護求人サイトを利用して転職するのがおすすめです。

 

介護職の給料についてのQ&A

Q1 無資格の場合、介護職の給料はどうなる?

介護職で無資格の場合、資格手当がもらえないので給料は下がります。

資格手当がつくのは多くの場合「介護福祉士」で平均月1万円ほどです。
(年間12万円)

ただ、高待遇の施設に就職すれば、たとえ無資格でも介護福祉士以上の給料をもらうことが可能です。

介護の転職サイトを利用して高待遇の施設に勤めながら資格取得を目指しましょう。

Q2 未経験の場合、介護職の給料はどうなる?

未経験の場合、会社によって基本給は変わってきます。

ただ、給料にそれほど差はなく、それよりもいかに待遇の良い職場に就けるかの方が重要です。

職場選びによってはベテランよりも無資格・未経験者の方が給料が高いことも珍しくありません。

Q3高卒の場合、介護職の給料はどうなる?

介護職に学歴はほとんど関係ありません。たとえ専門学校や大卒でも給料はそれほど変わりません。

それよりも待遇の良い職場に就職するかが重要です。

介護の転職サイトを使って高待遇の職場に就職しよう

ここまで介護職の平均年収や給料の手取り相場、内訳などを紹介してきましたが、

高い給料が欲しいなら「高待遇の施設に勤める」ことがいちばんてっとり早いです。

高待遇の施設に勤めるもっとも確実な方法は「介護に特化した転職サイト」を利用することです。

 

お金の心配ってできればしたくないですよね。

介護職は給料が低いと言われていますが、求人・職場選びによってしっかりと給料を受け取ることができます。

やりがいを感じながらなおかつ安定した給料をもらえる。そんな生活を手に入れましょう!

当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼