介護士の給料の手取りと年収って実際いくら?元介護職員が告白!

 介護職の手取りってどのくらいもらえるんだろう?

そう疑問に思っていませんか?

介護士といえば給料が低いことで知られていますよね。

でも、具体的にどのくらいの給料なのかまではあまり知られていません。

そこで気になるのが「介護職の手取りって一体いくらぐらいもらえるの?」ということ。

この記事では介護職の給料の手取りについて具体的に説明していきます!

介護士の平均年収(総支給)は310万

まず最初に介護職の平均年収について紹介!

厚生労働省の調べによると、介護士の平均年収は310万(手取りで月収18〜20万)という結果になっています。

ちなみに全業界の平均年収は400万ほど。これと比較すると、やはり介護士の給料が低いということは否定できませんね。

ただ、月収19〜21万と言うと普通に生活できる収入です。僕自身、不自由なく暮らしながら毎年100万は貯金できてました。

夜勤手当の相場はいくら?

では、基本給に加算される夜勤手当の相場はいくらぐらいなのでしょうか?

夜勤手当の相場は3,000〜8,000円と言われています。夜勤手当の平均は6,000円ですね。

月5回やったとして3万円ほどの夜勤手当がつきます。となると基本給と夜勤手当だけで19万になりますね。
(もちろん他にも手当がつきます)

しっかりした年収をもらうには夜勤のある職場に勤めるのが良いでしょう。

資格手当の相場は!?

介護職は給料に加えて資格手当が加算される職場が多いです。

資格手当が一番もらえやすいのは介護福祉士

介護職唯一の国家資格だけあって、多くの施設で介護福祉士の資格手当が支給されています。

ちなみに介護福祉士の資格手当の平均は1万600円ほど。施設によっては1.5〜2万ほどもらえる施設もあります。

これから介護職に就こうと思うなら、この資格はぜひ取っておきたいところ!

 

一番手取り・年収が高い介護施設は?

介護職にも介護施設の種類や訪問介護など様々な種類の働き方・施設があります。

それによってもちろん、給料の手取りや年収も変わってくるんですね。

以下で厚生労働省の調査を元にした正社員の場合での給料平均を紹介していきます。

特別養護老人ホームの給料平均は30万

求人票の中でも特に多い「特別養護老人ホーム(特養)」。

特養の給料の平均は約30万(手取り25〜27万)。

介護施設の中でもっとも給料・年収が高いのがこの特養なんです!

介護度が高い人が多い分仕事内容は少しきついですが、給料を重視して働きたいなら特養がおすすめですんr!

>>特養の給料平均が一番高いって本当!?その真相は・・・

介護老人保健施設(老健)の給料平均は29万

介護老人保健施設(老健)の給料平均は29万円(手取り24〜26万)

特別養護老人ホームに続いて高い給料・年収をもらえるのがこの老健です。

ちなみに僕も最後に介護士として勤めていたのが老健でしたが、23万ほどでした。施設によって給料は異なります。

>>介護老人保健施設の仕事内容を紹介!

グループホームの給料平均は24万

グループホームの平均給料は24万(手取り20〜22万)。

グループホームの給料は他の介護施設に比べて低い傾向にあります。

給料を重視して職場を選びたい人にはあまりおすすめできません。

ただ、アットホームな環境で働きたい人にはこのグループホームがおすすめです!

>>グループホームの給料の相場はいくらか知ってる?

訪問介護の平均給料は26万

訪問介護の平均給料は26万(手取り22〜24万)。

特養や老健などの介護施設に比べると給料はそれほど高くはありません。

ただ、利用者と1対1で接することができるので、その分やりがいもある業種です。

またパートで働く場合は時間の融通が効きやすい分、主婦に人気です。

首都圏と地方の介護職の給料・年収の違い

同じ介護職でも首都圏と地方によって給料は全く異なります。

首都圏で働く介護福祉士の平均年収→340万(平均給料は25万〜28万ほど)

地方で働く介護福祉士の平均年収→280万(平均給料は19万〜23万ほど)

この通り、首都圏と地方では平均年収がなんと60万も違うのです。

首都圏は物価が高い分納得はできますが、地方で探す際は平均年収280万(手取り18万前後)を基準に求人を探すと良いかもしれません。

ただ、介護に特化した求人サイトを利用すれば、平均よりも高い給料の求人が見つかりやすいです。

これから介護職に就こうと思っているなら絶対に使うのがおすすめですよ!

みんなの介護職の手取り・年収は?職場によって違う!

介護職の給料は職場によって大きく異なります。

以下では介護士の実際に受け取っている給料を紹介しています。参考にしてみてください。

以下、みんなの介護から引用

20歳男性 介護歴半年

基本給15万円 夜勤手当1回7千円 資格手当1万円
残業40時間以上 公休月3〜4回 夜勤8〜9回 公出1〜2回 処遇改善4万
手取り30万弱

 

26歳男性
介護歴5年(今の施設では2年目)
資格:介護福祉士、社会福祉士
基本給:15万くらい(手取り約17万)
賞与年3回:春夏に60万。冬は
いくらか分からない。
人間関係や書類が少し厳しいですが、残業なく、ボーナス多めなので満足しています。夜勤は月7回

 

39才女性 経験年数10年 介護福祉士

特別養護老人ホーム

給料
基本給   218,000円
夜勤手当  1回4,000円
処遇手当   42,000円

手取り22万円 ボーナスが夏と冬で、65万円

 

手取り夜勤2回で14万。
介福持ち、ユニット3つ統括。
ボーナス1か月分と介護報酬別。(夏、冬)
介護報酬10万程度。

この通り高い手取りの給料をもらっている介護士もいれば、一番下の介護士の通り低い給料しかもらえない人もいます。

高い給料を受け取りたいならやはり施設選びは重要。

介護の求人サイトを利用すれば高い給料を受け取れるのでぜひ利用することをおすすめします!

 

キャリアアップで給料・年収をあげる

給料の低い介護職ですが、資格取得や役職につくことで給料をあげることはできます。

介護職の中でもっとも高い給料をもらえる資格は「ケアマネージャー」。

ケアマネージャーは介護職最高峰の資格で、平均年収も370万と介護職の平均より60万以上高いです。

・・・ですが、その代わり資格を取るのも難しいんですね。

ケアマネージャーは2018年から受験資格が変わります。介護福祉士を取得しさらに5年働かないと試験の受験資格が与えられません。

なのでこれから介護職に就く人は、まずは介護福祉士を目指すことですね。

2017年4月から処遇手当で年収アップ

介護職員を増やす目的から、国の政策により2017年4月から処遇手当が増えました。

2015年に続いて給料が1万円増えることになります。1万円増えるのは大きいですね。
(施設によってはボーナスで処遇手当が支払われることもあるそうです。)

ですが!!!施設によっては処遇手当が加算されない施設もあるそう。

なので求人票を見るときや面接時には、処遇手当についてしっかりと聞いておきましょう。

ちなみに元介護士の僕の給料の手取り・年収は・・・?

ちなみに元介護士の僕の以前の給料の手取りはというと・・・22〜23万円でした。

総支給でいうと27万円弱。

そこから保険料などが引かれて手取りが21万。年収は330万ほどでした。

ちなみに基本給は16万円です。夜勤手当が8000円と高かったので平均よりも多い年収をもらっていました。

もちろんこれはあくまでほんの一例。職場によっては350〜400万もらえる施設もあります。

高待遇の職場に勤めれば高い給料をもらうことができるんですね。

 

高待遇の施設に務めることが一番てっとり早い!

ここまで資格手当や夜勤手当、処遇手当などを紹介してきましたが、

高い給料が欲しいなら「高待遇の施設に勤める」ことがいちばんてっとり早いです。

これをみれば分かりやすいはず。
(夜勤は月6回とします)

介護施設Aの給料の例

基本給14万+資格手当1万+夜勤手当3万(1回5千円)+処遇手当1万

合計の給料 18万

介護施設Bの給料の例

基本給17万+夜勤手当4.2万(1回7千円)+処遇手当1万

合計の給料 22.2万(無資格でもAより高い)

介護施設Aの給料は介護福祉士を持っていたとして合計の給料は18万。

一方、介護施設Bは介護の資格を持ってなくても、介護施設Aよりも高い給料をもらっています。基本給がAよりも3万も高いためですね。

これを読んでいるあなたならどちらの介護施設に勤めたいですか?・・・もちろんBの方ですよね。

このようなことが実際にあるのです!

待遇の良い施設なら、たとえ資格を持たず役職についてなくても、高い給料を得ることができます。

同じ介護職でも職場によってこれだけ給料・年収が違うことが分かりましたか?

高い給料を得たいなら介護の求人サイトを利用することは必須!下記で当サイトが厳選した求人サイトを紹介しているので、ぜひご覧ください!

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter