【体験談】未経験から介護の仕事を8年働いた本音|ブラックだった?初めての介護職が不安なあなたへ

「介護士の仕事に興味があるけどブラックだって話も多いし・・・実際のところどうなんだろう?」

僕がまだ介護の仕事に就く前、そんなことを思っていました。

介護士に興味はあるけど、ネットをみると「超ブラックだから辞めとけ」「辞めとけ」なんていうコメントのオンパレード。

それでも興味があったので、数少ない介護士賛成派のネット記事に励まされながら就いたのを覚えています。

・・・では、実際に介護の仕事として8年間働いてみてどうだったか?

昔の自分のように、介護士の本物の体験談を聞きたい人の向けてこの記事を書いていきます。

【リアル】介護の仕事を8年やった感想|ブラックだった?

介護の仕事を未経験から転職して感じたのは「介護士って世間のイメージと全く違う」ということ。

ネットを開くと「介護士はクソだ」とか「介護の仕事はブラックだ」・・・なんて散々書かれてましたが、実際に働いてみたらそれは間違いだったんです。

実際は大変ながらも楽しさも感じられる仕事で、なおかつ時間の融通も効く、なおかつ給料もしっかりともらうことができました。

様々な仕事を経験してきたけど、正直なところ介護職が一番楽だと感じたんです。

 

・・・ただ、ここで一つ注意が必要なのは「職場によっては大変なところがある」ということ。

「介護職はクソだ」とか言っている人は、ブラックな会社に勤めてしまっただけです。

僕自身、最初についた職場だけは労働環境が悪く大変な思いをしました。

・・・でも、しっかりと職場選びをしたら充実した毎日を過ごすことができたんです。

人間関係も良く、サービス残業もない、おまけに給料も月8万も上がりました。

介護職について悪く言う人は、ひとえに職場に恵まれなかっただけ。

正しい職場選びさえすれば、「介護の仕事って結構良い仕事じゃん」とあなたもきっと分かるはず。

 

介護の仕事で良かった4つの本音

介護の仕事は給料が安定している

「介護職=低給」
そう思ってる人が多いでしょう。

たしかに介護士の給料の平均は約310万(月19〜21万)と高い方ではありません。。

ですが会社の経営に左右されるわけではないので、給料は安定しています。

僕の周りには大企業に就職した人が何人かいますが、会社が倒産してしまった人もいますし、経営難でガクッと給料が減った人もいます。

 

しかもこの310万という数字はあくまで平均。施設によっては330〜350万、400万以上もらえる施設もいます。

僕自身、職場を変えてからは給料が8万もあがり、手取り25万近くもらっていました。

給料が安定してからは、毎月旅行に行ったりたまに美味しいものを食べたりと、仕事もプライベートも充実してましたよ。

何度も言いますが、職場によって給料などは大きく違ってきます。

 

一生仕事に困らないスキルを手に入れた

介護士はたくさんの人が知っている通り、多くの施設が人手不足で困っています。

これは一見マイナスなことに見られがちですが、裏を返せばたとえどんな状況でも仕事に困ることはないということ。

人生何が起こるかわかりません。
親の体調が悪くなって地元に帰らないといけなくなったり、急に今の仕事がクビになることもあります。

そんな時、介護の仕事の経験があるのとないのとでは、人生における安心感が全く違うと思いませんか?

一度介護の仕事を経験しておけば「自分は介護の仕事があるからなんとかなる」という心の余裕が生まれるのです。

将来の不安というのは日々を苦しめます。

・・・しかし介護職を経験しておけば、そんな不安もありません。

僕もその安心感のおかげで、将来に不安を持つことなく生活できていますよ。

将来に不安があるなら、僕は人生で一度は介護士に就くべきだと思ってます。

介護の仕事が休みがしっかりしている

意外かもしれませんが、介護の仕事は休みがしっかりしています。

僕が以前いた職場の年間休日はなんと120日以上。公務員並みに年間休日がありました。

介護職の平均的な休日は110日ほどですが、それでも十分に休みが多いと思いませんか?どこがブラックか分からない。

しかも介護の仕事には夜勤があり、夜勤の明けの日から休みなので、自由な時間が多いのです。

介護士のシフト制のイメージ

月曜日→日勤
火曜日→夜勤(16時〜)
水曜日→夜勤明け(〜9時)・半休
木曜日→休み
金曜日→夜勤(16時〜)
土曜日→夜勤明け(〜9時)・半休
日曜日→休み

上の票をみてください。

例えば火曜日の夜勤が水曜朝に終わったとします。

そこから家で数時間仮眠して、昼過ぎから出かけることもできます。翌日の夜までに帰れば良いので、ちょっとした旅行もできちゃうんです。

僕もよく県外に遊びに行くことが多くありましたよ。

 

また「シフト制だから土日は休めないんでしょ?」と聞かれますが、そんなことはありません。

シフト制なので土日が休みの場合もありますし、ほとんどの職場では希望休を出すことも可能です。

このように介護士は自由な時間が多く、時間の融通が効きやすいです。

プライベートを充実させたい人には、介護の仕事は合っているはず。

キャリアアップできる

介護業界で重要なのが「資格」。

介護の資格」を取得し経験を積んでいけば様々な道が開かれます。

例えばケアマネージャーとして高い給料(平均年収370万)をもらいながら働くこともできますし、市が募集している公務員になる道も開かれます。
施設のトップにある道だってあります。

また、介護職唯一の国家資格「介護福祉士」は働きながらでも取得を目指すことができます。
専門学校に通って取得する必要なんかありません。

中卒だろうと高卒だろうと関係ありません。やる気さえあれば誰だってキャリアアップできる世界なのです。

介護職で大変だった3つの本音

ここまで介護の仕事の良いところばかり書いてきましたが、実際は大変な面もあります。

どの仕事もそうですが、大変でない仕事なんてほとんどないですよね。

これを全て受け入れられる人には、本気で介護の仕事を勧めたいです。

認知症の人の対応が大変

介護の仕事に勤めていると、必ず認知症の人の対応をしなければいけません。

認知症の人は良い意味でも悪い意味でも素直です。

嬉しい時は笑顔で接してくれますし、機嫌の悪い時は暴言を吐かれることもあります。

相手は人なので嬉しいこともあれば大変だと感じることもあります。

ここを楽しめれば仕事の時間が仕事だと思わなくなり日々充実することでしょう。

介護の仕事は夜勤がある

介護施設で働く場合はたいていは夜勤があります。

夜勤は本来人が寝る時間に働くので身体に負担がかかってしまいます。それが夜勤をするデメリットですね。

・・・ただ、先ほども紹介した通り、夜勤があるからこそ自由な時間もたくさんあります。
夜勤明けの翌日までが休みなので2連休のようにゆっくりできます。

ここをメリットと思うかデメリットと思うかは人次第ですね。

介護の仕事は腰痛のリスクがある

介護の仕事には腰痛のリスクがあります。介護士の中では「職業病」と言われるほどですね。

ただ、これはちゃんと正しい介護のやり方を身につければ、腰痛にならずに済みます。間違った方法で力任せにやってしまうと腰痛になりやすいのです。

なのでこれはやり方によってはちゃんと防ぐことができます。

本当にブラック?実は介護職の離職率は高くない

「介護の仕事は離職率が高い!」よくそんなことを言われますよね。

でもそれは本当なのでしょうか?

こちらは厚生労働省が発表した全産業と介護の仕事の離職率を比較したものです。

引用:厚生労働省

平成19年こそ全産業と比べて6%以上もの差がありますが、年々介護職の離職率は低くなっています。

これは介護職の給料があがり労働環境が改善されたためなんですね。

しかも介護職の離職理由で最も多いのは「結婚や出産」。女性が多い職業ですから離職率が高くなるのは必然なのです。

 

介護職に就くときに多い質問や不安

Q 就業前に資格は持っておいたほうが良い?

A 資格は持っておいたほうが就職には有利になりますが仕事内容自体は変わりません。

介護の転職サイトの中には転職サポートを行いながら資格にかかる費用を全額負担してくれるところがあるのでおすすめです。

関連記事:【2018年版】介護士転職サイトランキングベスト5!転職で失敗したくないあなたへ!

Q 介護の求人はどこで探したほうが良い?

A 介護の転職サイトがおすすめです。ハローワークと違って専門家があなたの希望をヒアリングした上でその希望にあった職場を紹介してくれます。また就業後もサポートがあるので安心です。

Q 介護職に向いている人・向いてない人は?

向いている人は・・・

  • 人の役に立つのが好きな人
  • 協調性がある人
  • 不器用でも一生懸命な人

 

向いてない人は・・・

  • とにかくたくさんお金を稼ぎたい人
  • 周りと合わすのが嫌いな人

このような感じです。介護職はチームプレーなので協調性が一番大事です。

 

思い立った時に行動を!

介護の仕事に就いた8年間のことをここに書き記してみました。なんとなく介護の仕事のイメージはついたでしょうか?

介護士は楽ではありませんが、良いこともたくさんある職業です。

 

僕はこれまで様々な仕事を経験してきましたが、介護職が一番充実しています。

日々他の介護士の人と協力しながら1日を過ごし、利用者の方には「ありがとう」と言っていただける。
給料も安定しているし休みも多い。仕事もプライベートも充実するとはまさにこのこと。

「なんでみんな介護職に就かないんだろう?」

正直そう思ってしまいます。

 

もし少しでも介護の仕事に興味があるなら、ぜひ下の記事を読んでみてください。

やる気がある今のうちに行動すれば、あなたの今の人生も自然と良い方向に変わっていくはずです。

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter