介護職の夜勤がきつい理由は?夜勤がしんどい時に考えてほしいこと

夜勤、しんどい・・・

そう思っていませんか?

夜勤は介護士の身体に大きな負担を与えてしまいます。

そんな夜勤に限界を感じる介護士がいるはず。

今回は夜勤をしんどいと感じる介護士に向けてこの記事を書いていきます。

介護職の夜勤がきつい理由

長時間勤務で夜勤がきつい

介護職の夜勤は主に2パターンあります。

  • 23〜8時までの勤務
  • 17〜9時までの勤務

あなたはどちらの勤務ですか?

もしもあなたが17〜9時間の勤務なら、長時間勤務で辛い思いをしているんじゃないでしょうか?
(もちろん短時間夜勤も大変な面がある)

16時間の勤務って本当に長いですよね。

時計を見てもまだまだ朝はこないし、眠気と戦いながら過ごす夜勤は時間がさらに長く感じる。
時計を見たら「まだ30分しか経っていなかった!」なんてこと、しょっちゅうありました。

生活リズムが崩れて夜勤が辛い

夜勤があると当然生活リズムは崩れます。

そしてこの生活リズムを調整するのが難しい。

日勤と夜勤を繰り返していると、日に日に身体に疲れが蓄積していく感じがありますよね。

本来人が寝る時間に仕事をするわけですから、身体に負担がかからないわけがないんです。

しかもシフト制の大変なところは、夜勤のあとの次の勤務が日勤であること。

夜型になった身体を朝方に戻す時の辛さといったら・・・大変ですよね笑

不穏な利用者がいる

さらになかなか寝てくれなくて不穏な利用者さんがいると、夜勤はさらに辛いですよね。

ちょっとぐらい気を抜きたいのに抜けないし、常に見守ってないといけない。

これじゃ夜勤を辛いと思っても仕方ありません。

一緒に働く夜勤者が苦手な人

さらに一緒に働く夜勤の人がもしも苦手な人だったらどうですか?

夜勤の時間が倍以上に長く感じてしまうのは僕だけでしょうか?

こんな職場の夜勤はきつい

夜勤16時間(2交代)で明けを公休扱い

16〜9時の14時間勤務(休憩2時間)の場合は、基本的に夜勤明けから翌日までが休みです。

ですが施設によっては夜勤明けがそのまま公休扱いになる施設があるんですね。

8時間勤務の夜勤ならまだ分かります。

でも16時間働いたにも関わらず夜勤明けが公休扱いになるのはいくらなんでもきつすぎる。身体がもちません。

もしあなたがそんな職場にいるなら、本気で他の職場にいくことを検討してください。

夜勤の休憩がない場合もきつい

施設によっては一人で夜勤をやらされ、仮眠(休憩時間)のない施設もあります。

夜勤で休憩時間がないのはいくらなんでもきつすぎます・・・

一人で夜勤をするのは気楽、という人もいますが、何かあった時は自分一人で対応することになってしまいます。

夜勤手当のない施設も就職してはいけない

介護職の夜勤では基本的に夜勤手当がでます。

夜勤手当はその施設によっても違いますが相場は4,000〜6,000円ほど。

しかし!施設によっては夜勤手当がまったくでない施設もあるんですね。

介護職は基本的に給料の低い職業。その分夜勤の手当で稼がないといけません。

にも関わらず夜勤手当がでないのはきつい。

どうしても夜勤がきついなら夜勤なしの職場で働こう

どうしても夜勤をやるのに不安があるなら、夜勤のない介護職に勤めるのも一つの選択肢。

夜勤手当がない分収入面は下がりますが、自分の健康を大事にすることができます。

身体は自分の資本。
一番大事なのはお金ではなく健康です。

「でも、できるだけ高い給料が欲しいから夜勤のある職場で働かないといけない・・・」

そう思っていませんか?

介護の求人サイト」を利用すれば、夜勤をしなくてもしっかり給料をもらえる求人が見つけれる可能性が高いです!

夜勤がなくてもある程度高い給料が欲しいなら、ぜひ求人サイトを利用して職場を探しましょう。

自分の身体に合った働きかたを選ぼう

サイト管理人・悠太
身体は資本。身体が壊してしまっては元も子もありませんよ!

先ほども書きましたが、身体の健康はとても大事です。

身体の健康を後回しにしてしまってはあとあと大変なことになってしまいます。

大切にするためにも、無理のない働き方を選んでいくことが大事。

夜勤がなくても求人サイトを利用すれば高い給料を得ることができます!

自分に合った働き方を選びながら日々楽しい生活を送っていきましょう!

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter