介護職で夜勤明けを休み(公休)扱い?その介護施設、法律違反かも

介護士
夜勤疲れた〜。でも今日寝たら明日からまた仕事か・・・
サイト管理人・悠太
あなたの施設、夜勤明けが休み扱いになるんですか!?

もしかして、あなたはそんな施設に勤めていませんか?

もしも2交代の長時間夜勤にも関わらず夜勤明けが公休扱いなら、いますぐ職場を変えましょう。

夜勤明けが休み(公休)扱い?その介護施設、違反かも

もしもあなたが夜勤明けで休み(公休)扱いの介護施設に勤めているなら、
その介護施設は法律に違反している可能性があります。

労働基準法では次のように定められています。
以下、社会保険労務士・渡邊一郎さんのHPから引用させていただきます。

法定休日として、原則、毎週少なくとも1回の休日を与えなければなりません。ただし、例外的に、4週間で4日以上の休日を与えることでもOKとされています。

介護職などの交代制勤務者における休日とは「継続24時間」となります。

つまり、

1か月のうち継続24時間の休みが最低4日は必要

ということですね。

月曜日 夜勤開け、朝10時まで仕事。

火曜日 日勤 9時出勤

このような休みが月に最低でも4日なければいけないということになります。

法律違反でなくても夜勤明けが休み扱いは厳しい

ただ、夜勤明けの翌日を休み扱いにしていても、継続24時間の休みが月4日あれば違反ではありません。

でも考えてみてください、もし仮に法律違反にはならなくても、丸1日の休日が月に4日程度しかないと身体はかなり酷使するはずです。

もしもあなたが夜勤明けを公休扱いにしている施設で働いているなら、

  • 常に頭がぼーっとして
  • 身体がだるくて
  • 何事にもやる気が起きない

そんな症状に心当たりはないですか?

シフト制で夜勤があるにも関わらず、まともに身体を休めれないとなると、そんな状態になってしまいます。

身体を酷使したまま放っておくと、いつか健康にも被害が及ぶ可能性だってあります。

介護職で夜勤明けを休み(公休)扱いにする施設は絶対に辞めよう

自分が身を置いている環境で働いていると、あたかも「それが当たり前」だと思ってしまいがち。

でも、はっきり言ってそれは当たり前ではありません。

その証拠に、あなたの施設では退職者が多いはずです。

通常、2交代の場合は夜勤明けは2日間働いたことになり、夜勤明けの翌日が休日扱いになるんです。

身体を壊す前に今すぐ他の施設にうつるべき。

3交替勤務でも夜勤明けが公休扱いはきつい

そしてたとえ3交代勤務(23〜8時)の勤務だとしても、夜勤明けが公休扱いになるのはきついものがあります。

実際8時間夜勤やっていますが、夜勤明けは休みにカウントされますので実質丸一日の休みは 月に3回から4回程度です。

ですので丸一日の休みまで明け含めて10連勤はざらにあります。ただただスタッフにとってはしんどいだけです。実際退職者だらけです。

引用:みんなの介護

この方は3交代制の8時間夜勤で、丸一日の休みは月に3〜4日程度。
(ちなみに月3日なら完全労働基準法に違反)

「丸一日の休みまで明け含めて10連勤はざら」と書いてますが、8時間夜勤の場合これが珍しくありません。

今の職場で定年まで働きたい?

「夜勤明けを休み扱いにしている職場は辞めた方がよいよ」

そうは言っても、おそらく9割の人は今の職場を辞めないでしょう。なぜなら仕事を辞める勇気がないから。

たしかに今の職場を辞めるのはとても勇気のいること。その気持ちはとても分かります。

・・・でも、思い立った時に行動しないと、何かと言い訳をつけてダラダラと働き続けてしまうのが人間です。

でも、そんなあなたに一つだけ質問させてください。

あなたは今の職場で定年まで働きたいですか?

もし嫌なら思い立った時に行動してください。あなたのこの先の長い人生のためにも。

夜勤明けが公休扱いになる介護施設で働こう

最後にこれを読んでいるあなたに質問です。

介護施設はなぜ運営できていると思いますか?

施設長が運営しているから?
高齢者が入居しているから?

どちらも間違ってはいません。

ですが一番の答えは、あなたを含めた介護職員が一生懸命働いているからなのです。

現場で一生懸命に働いている職員の健康を考えないような施設で働く価値はあるのでしょうか?

はっきり言って僕はないと思います。会社のために働いているのではなく、自分のために働いている、そうではありませんか?

自分の人生のためにも、思い立った時に行動するのが一番です。でないと一生今の職場にい続けることになってしまいます。

今の現状を本気で変えたいと思うなら、下記の記事をご覧ください。

当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼