「介護職を辞めたい」なら今すぐ退職届を出すべき理由|ストレスで潰れる前に!あなたは本当に向いてない?

  • 「身体がしんどくてキツイ。もうやってられない」
  • 「認知症の高齢者の対応にもう疲れた」
  • 「介護職の人間関係が辛い」
  • 「自分は介護の仕事に向いてないからもう辞めたい」

そんな悩みをお持ちでないですか?

介護の仕事は職場によって本当に過酷です。
僕も8年以上勤めていたのでその気持ちは痛いほどわかります。

・・・でもこれは真実ですが、「介護職を辞めたい」と思っている人の多くは、実際は辞めないんですよね。

なぜなら今の職場を辞めて新しい職場で働く勇気がないからです。

・・・もしあなたに心当たりがあるならお願いがあります。5分だけ時間をいただけませんか?

あなたの「介護職を辞めたい」という気持ちを、この1記事で解決してみせます!

介護職を辞めたいなら明日すぐに退職届を出すべき理由

早速ですが、まずあなたに言いたいことがあります。

もしあなたが心の底から介護職を辞めたいと思うのなら、明日すぐに退職届を出すべきです。

 

僕は8年介護の仕事に就いたうち、2か所の施設に勤めました。

最初にいた特養が2年、その後6年間は老健に勤めてたんですね。

僕が「介護職を辞めたい」と思ったのは最初に2年いた特養です。

その特養は本当に地獄のようなブラックな職場だったんです。

  • 毎日サービス残業あり
  • 人間関係が悪い
  • 過酷な勤務体制
  • 年間休日100日以下
  • 退職者続出

こんな施設にいたので毎日辛い思いをしていました。

でも、それでも僕は辞めることができなかったんです・・・それはなぜか?

辞める勇気がなかったからです。

そのブラック職場では1日でも早く辞めたかったけど、今の職場を飛び出して新しい職場で働く勇気がなかった。

その結果、そのブラックな職場で2年も働いてしまいました。

 

それから2年後、ついに満を持して介護の転職サイトを利用し、2か所目の老健に就業。

2か所目の老健で最初働いた時、本当に衝撃的だったのを覚えてます。

  • サービス残業なし
  • 人間関係が良好
  • 年間休日120日
  • 落ち着いて仕事ができる勤務体制

年間休日120日以上でサービス残業もほぼなし、仕事もきつくない。

人間関係も良く、職員みな和気あいあいとしていて仕事が楽しい。

あれだけ「介護職を辞めたい」と思ってたのに、職場を変えた瞬間にかなり充実した毎日を過ごせるようになったんです。心の底から辞めて良かったと思った。

・・・ただ、同じ介護の仕事でも職場によってここまで違うのは衝撃でした。

もしすぐに辞めていれば2年間もの貴重な時間を無駄にすることなく、充実した日々をもっと早く送ることができたと考えると・・・

「なんでもっと早く辞めなかったんだろう」と強く後悔してます。

 

この記事を書いた一番の理由は「自分と同じ介護士さんには同じ思いをして欲しくない」ということ。

あなたが介護職を辞めたいと思っているなら、今すぐ辞めることを考えるべき。

じゃないと、僕のように貴重な時間を無駄にしてしまうことになります。人生一度きりなのに何年も無駄にするのは本当にもったいない。

 

辛い!あなたが介護職を辞めたいと思う理由は職場が原因

平成24年度社会福祉士・介護福祉士就労状況調査

上の画像は実際に介護職を辞めた理由のアンケート結果です。

  • 施設の理念やあり方が自分の考えと合ってない
  • 職場の人間関係が苦痛で疲れた
  • 収入があまりにも少なくやってられない
  • 鬱病なんじゃないかと思うほどストレスに悩んでいる
  • 休日が少なく連休もなく疲れた
  • 夜勤があまりにも過酷
  • 今の施設に将来性を感じない

 

もしこのいづれかに当てはまっているなら、あなたが介護職を辞めたいと思うのも当然のこと。

「介護職を辞めたい」と思った時、自分が原因であると思ってしまう人もいますが、多くの場合は職場にあります。

その証拠に、介護職を辞めた人の50%以上は介護職に復帰したいと思っているというアンケート結果があります。
(引用:社会福祉士・介護福祉士就労状況調査結果の実施概要)

 

介護職を辞めたいと思う時① 人手不足で夜勤や残業が多い

職場が人手不足の場合、介護士は次のような状況に陥ってしまいます。

  • 夜勤が過酷
  • 当たり前のようにあるサービス残業
  • 腰痛になってしまう
  • 月に何回もある夜勤(7回以上)
  • 休日が少ない(丸一日休める休日が少ない)

もしあなたが働いている施設が一つでも上記に当てはまるなら、明らかに労働環境に問題があります。

①–1 夜勤が過酷

人手不足の施設の夜勤はかなり過酷。

少人数で乗り切る必要があり職場によっては夜勤後に残業もあります。

人手が足りないので夜勤の回数も多く、その職場で働く介護士は辛い思いをしてしまいます。

関連記事:【要注意】介護職の夜勤が超きつい施設の7の特徴と体の異変|しんどい・辛いあなたへ

 

①–2 サービス残業が当たり前

人手不足の職場ではサービス残業が当たり前です。

職場によっては平気で2〜3時間ものサービス残業をさせられる職場まであります。

関連記事:【要注意】介護職のサービス残業で身体を壊す前に逃げよう!当たり前ではない

 

①−3 過酷な仕事で腰痛になる

人手不足の職場では1人一人の介護士にかかる負担がかなり大きくなります。

おむつ交換や入浴介助の回数が多くなってしまい、その結果仕事を辞めたいと思うほどの腰痛になってしまう職員もいます。

関連記事:痛い!介護職でヘルニアになったらどうする?労災はおりるの?

 

①−4 利用者にイライラしてしまう

人手不足で仕事が忙しいとどうしても心の余裕がなくなりがち。

そうなると必要以上に利用者にイライラしてしまいます。

相手に悪気はない場合でもイライラしてしまうと、自分に対して嫌気がさしてしまいますよね。

関連記事:介護職でイライラする5つの原因。あなたは一生イライラして働く?

 

介護職を辞めたいと思う時② 人間関係が辛い

介護職の退職理由で多いのが「人間関係」

過酷な労働環境では職員にストレスがかかるためどうしても人間関係が悪くなってしまいます。

・・・ただはっきり言わしてください。

職場によって人間関係は大きく異なります。

これは2つ以上の職場で働いた自分だからこそ分かることです。

それは職場の労働環境に問題があるからです。

 

②−1 新人・新卒は特に人間関係に悩む

新しく入って間もない新人の方や新卒で入社した方は特に悩みます。

なぜならその職場のやり方や介護の仕事自体に慣れるまであたりが強い職員がいるからです。

しかも過酷な環境の職場では職員にストレスが溜まっているのでその傾向が高いです。

関連記事:【新人】人間関係で介護職を辞めたい人が知るべき解決策!むかつく職員の特徴

 

②−2 上司のパワハラを受けている

もしあなたが上司のパワハラを受けているなら今すぐ辞めるべき。

人の上に立つ立場の人がパワハラをする職場、そしてそれを許してしまう職場はこちらから願い下げです。

関連記事:介護職で上司のパワハラに悩んだ時は、さっさと他の職場に行こう

 

②–3 いじめを受けている

いじめが蔓延している職場もあります。そんな職場で働いていては身も心も持たなくなります。

関連記事:辛い・・・介護職員でいじめを受けているあなたへ【介護施設のいじめ

 

介護職を辞めたいと思う時③ 給料が少ない

もしあなたが「給料が少ないから介護職を辞めたい」と思うなら、それは明らかに今の職場が悪いです。

同じ介護の仕事でも、職場によって給料は大きく違ってきます。これから紹介する給料は現役介護士の人たちが実際にもらっている給料です。

以下、みんなの介護から引用


特養ユニット
とにかく暇!
基本給20 手当諸々5
ボーナス30×2
夜勤無し
勤続5年
絶対こんな好条件辞めません

老健勤務です。職歴は15年で月収22万、賞与は年間4.0、年収420万
病院勤務の知り合いは年収600万とか・・・

特養に働いて8年目…
年収は400万ちょい越えるくらい(*^^*)
因みに、共働き、子供3人ありの主婦です!

 

他の仕事に比べたら介護職の給料はそれほど高くはありません。しかし、同じ介護職でも職場によって大きく差があります。

「介護士はどの職場行っても給料は低いよ」
そう諦めないで、給料の高い職場を探してみませんか?

介護の転職サイトを利用すれば、今までつけてきたスキルや経験を活かしながら今以上の給料をもらえる可能性が高いですよ。

 

③−1 夜勤手当・資格手当がでない職場がある

職場によっては夜勤手当がかなり安かったり資格手当がでない職場まであります。

せっかく辛い思いや大変な思いをしてるのに手当が少ない、またはでない職場があるのは許せないですよね。

 

介護職を辞めたいと思う時④ 暴力を振られた時

暴力を振られてしまうと誰だって辛い思いをします。

「相手は認知症なんだから仕方ないんだ」

と思い込もうとしても、それが難しいのが人間ですよね。

もしあなたに心の余裕があれば、暴力を振るわれても許すことができているのかもしれません。

 

介護職を辞めたいと思う時⑤ 介護職に向いてないと思う

利用者にイライラしてしまったり仕事でミスが多いと「自分は介護職に向いてない」と思うこともあります。

これは介護士なら誰もが通る道ですよね。

ただ、もしあなたが先輩職員に過度にきつい責め方をされて「自分は向いてない」と思うなら、あなたは悪くありません。

なぜなら新人はミスをたくさんして当たり前だからです。

 

⑤−1 未経験で試用期間なら失敗が多くて当たり前

もしあなたが介護職未経験で試用期間なら失敗が多くて当然です。

現役介護士でさえ職場でやり方が違うことに戸惑ってしまいます。新人はできなくて当然なんです。

 

⑤−2 怪我をさせてしまった時

利用者に怪我をさせてしまった時は「自分は向いてない」と思ってしまいますよね。

でも介護士を長く続けていれば誰もが通る道の一つです。それが早かったか遅かっただけの話ですよ。

 

どうしても辞めたいなら他業種へ転職するのもあり

「介護職は職場によって働く環境が大きく変わる」と説明してきました。

・・・しかし、それでも「もう介護職はこりごりだ!なんの未練もない!」と思うなら、他業種への転職も考えるのはありです。

「介護職は他業種への転職が厳しい」と言われてますが、正しい方法で転職活動をすれば十分に転職ができます。

下記は介護職から転職する方のために作られたサイト介護職からの転職成功ガイド」です。
興味のある方はぜひともご覧下さい。

 

あなたに知って欲しい職場の3つの「上手な辞め方」

今の職場を辞める際、できればスムーズに辞めたいはず。

ここでつまずいてしまうと「まぁ、いっか」といつまでも辞めるタイミングが長引いてしまいます。

そのためにもあなたに知って欲しい介護職の上手な辞め方は3つあります。

上手な辞め方① スピーディーに辞める

「今の職場を辞めたい」と思ったらできる限り早く辞めること。できるなら明日にでも介護職を辞めることを伝えるべきです。

介護業界は介護職員の入れ替わりが激しいのが現状。

万が一自分以外の職員が辞めることになれば、職場は人数不足になり辞めにくくなるはずです。

そのためにもできる限り早く辞めることを伝えるべき。

そうでないと、いつまでもあなたは今の職場で働くことになってしまいます。

上手な辞め方② 引き止めを受けても断固として断る

一番大切なのはこれ。引き止めを受けても断固として断ること。

「今の職場にあなたが絶対に必要」
「この先リーダーになってもらうことを期待してる」
「みんなあなたを頼りにしてる」

退職の旨を伝えた時、こんな綺麗な言葉を並べられるかもしれません。

無理な勤務体制や人間関係の改善に務めることをしないのに、こんな時に限って都合よく綺麗な言葉を並べたがります。

しかし、ここで踏みとどまってしまっては今の状況をいつまでも変えることはできません。

一度あなたの中で辞めることを決意したなら、絶対に貫くべきです。

上手な辞め方③ 不満を伝える必要はない

退職の旨を伝える時、大事なのはできる限り不満を伝える必要はないということ。

今いる職員のために、施設の体制について言及するなら分かります。

しかし、そうでないなら不満を伝えるメリットはありません。

不満を伝えたところで退職日まであなたは職場にいづらくなってしまうことになります。

可能であるならば「結婚」や「出産」、「両親の介護が必要になった」などうまく理由付けをすると相手も納得してくれるはずです。

職場での引き止めから逃れる方法については下記でさらい詳しく解説しています。

 

理想の職場に転職するにはどうすれば良いの?

ここから転職先の見つけ方についてご紹介。

「介護士なんてどこの職場に行ったって同じだよ」

辛い思いをしている今のあなたなら、そう思っても仕方ありません。

ですが過去の僕の経験談の通り、職場によって環境は大きく異なるんです。

ではどうすれば理想の職場に出会うことができるのか?そこが気になりますよね。

それが介護の転職サイトです。

介護の求人サイトとハローワークや情報求人誌などの違いは以下の通り。

メリット デメリット
介護の転職サイト ・介護専門の転職コンサルタントが転職サポートしてくれる
・転職コンサルタントが仲介に入るので条件交渉がしやすい
・事前に施設の評判や雰囲気を知った上で勤めれる
・登録しないといけない手間がある30秒〜1分)
ハローワークetc ・介護職以外の仕事も探せる ・ブラック施設が潜んでいる
・求人票でしか職場の情報は知れない
・紹介者は介護職に詳しいわけではない

転職サイトには好条件の非公開求人があり、今の職場よりも条件の良い職場に転職ができます。

そして何より転職コンサルタントが転職のサポートをしてくれるのが最大のメリットです。

転職コンサルタントはその地域の各施設がどんな状況下を把握しています。

そのため、転職者は事前に施設の評判や雰囲気を知った上で職場を選ぶことが可能。

転職コンサルタントのサポートを受けることで理想の職場に転職することができます。

そうなれば、あなたは充実した日々を手に入れることができるのです。

「介護職を辞めたい」
そう思うなら、一度転職サイトを利用して転職コンサルタントの相談を受けてみてください。

あなたの今の生活は180度変わるはずです。

介護職辞めたい人おすすめ!介護士転職サイトランキング

国内で評判の高い転職サイトはいくつかありますが、その中でも特に人気の高い転職サイトを厳選して選びました。

ぜひ参考にしてみてください!

ちなみに登録はすべて無料です。

高待遇の求人は人気のため早めになくなるので、少しでも気になる求人があれば面倒くさがらずに今すぐ登録しておくことをおすすめします。

 

1位 スタッフサービス・メディカル

おすすめ度
対象地域 全国
特徴 ・理想の職場に出会える
・正社員・派遣ともに求人があり幅が広い
・サポート研修も充実

「スタッフサービス・メディカル」は派遣求人を主に取り扱っている転職サイト。

「高い年収をもらえる職場に就きたい」
「短時間・高時給で効率よく働きたい」
「人間関係の良い職場に就きたい」

そういった求職者の希望を叶えてくれるのがスタッフサービス・メディカルです。

  • 理想の職場に出会える
  • 転職サポートが手厚い

→1分で完了!スタッフサービス・メディカルの無料登録はこちら

2位 きらケア介護派遣(正社員)

おすすめ度
対象地域 東京,神奈川,埼玉,千葉,大阪,兵庫,愛知,福岡
特徴 ・大手企業「レバレジーズ」が運営しており信頼度が高い
・転職コンサルタントの評判が高い

日本でも有数の大手企業「レバレジーズ」が運営する求人サイト「きらケア介護」。

大手企業だけあり、待遇の条件面を仲介に入って交渉してくれます。

・・・ただ、唯一のデメリットは全国対応ではないこと。もし上記の地域にお住まいならここも外せません。
(対象地域 東京,神奈川,埼玉,千葉,大阪,兵庫,愛知,福岡)

  • 大手企業「レバレジーズ」が運営する求人サイト
  • 自分の勤務の希望がかなり通りやすい
  • 転職コンサルタントに定評がある

→1分で完了!きらケア介護の無料登録はこちら

3位「メドフィット」

おすすめ度
対象地域 全国
特徴 ・求人紹介率89%
・正社員の求人が多い

メドフィットは転職のプロである「キャリアエージェント」の評判が高いのが特徴です。

全国に求人があるので地方在住の方も安心して利用できますね。

  • 求人紹介率89%
  • 正社員の求人が多い

→1分で完了!メドフィットの無料登録はこちら

 

4位以降の介護求人サイトを見る

今の辛い日々を定年まで続けますか?

僕の予想ですが、
ここまで書いても「他の施設に移ろう!」と行動する人はおそらく半数もいないでしょう。

なぜ行動しないか?
それは行動して今の現状を変えるよりも、苦しみに耐えた方が楽だからです。

・・・でも、それから逃げていたら、あなたは一生今の生活から抜け出すことはできません。

その証拠に「もう嫌だ」とか「早く帰りたい」とか言いながらダラダラと何年も働いている人が周りにいませんか?

あなたもそのうちに一人になりたいでしょうか?

・・・なりたくないですよね。

 

苦しい状況から抜け出す人は、リスクをおかしてでも本気で現状を変えたいと思っている人だけです。

あなたは定年まで今の職場で働き続けたいですか?

本気で今の現状を変えたいなら、その気になっている時に行動するのが一番です。

→1分で完了!スタッフサービス・メディカルの無料登録はこちら

当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼