介護職でイライラする5つの原因。あなたは一生イライラして働く?

「もうほんとイライラする・・・」

体力面はもちろん、精神面でも大変な職業である介護職。

介護職に勤めていると、どうしてもイライラが止まらないことってありますよね。

では、介護職に勤めているとなぜイライラしてしまうのか?そしてその解決策はないのか?

介護職に8年勤めてきた僕が「介護士のイライラ」に対する原因と解決策について詳しく書いていきます。

・・・ちなみにイライラが原因で今すぐ介護職を辞めたいと思っている人はこちらの記事をご覧ください。

認知症の利用者にイライラしてしまう

認知症の利用者の方と接するのは本当に大変。

認知症なので仕方のないことだとは分かっているんですが、こちらも人間。

理不尽に暴力をされたり暴言を吐かれたりするとイライラしてしまって当然です。

でも・・・
ここで優しい人なら自分を責めてしまうんですね。

しかし自分を責める必要なんてありません。

理不尽なことで怒鳴られたり暴力を振るわれたりしてイライラしない人の方が珍しいです。

自分にイライラしてしまう

ご利用者さんに優しく接することができなかったりした時、

あなたは心のどこかで
「なんで自分はこんなに心が狭いんだろう」
とイライラしてしまいませんか?

もしかしたら
「自分は介護職に向いてないんじゃないか?」
とまで思ってしまっていませんか?

たしかに気持ちは分かります。
僕も自分の不甲斐なさにイライラしてしまうことがよくありました。

でも自分を責める必要はありません。

そうやって周りのせいにせず
自分にイライラしてしまうのは、心が優しい証拠。

そういうあなたは多分頑張りすぎているんです。

頑張ることも大事です。

でも頑張りすぎていると、いつか疲れてしまって潰れてしまいます。

そんなあなたはまず自分を許すことが大事。自分に優しくできてこそ、利用者にも優しくなることができるのです。

もしどうしてもストレスで限界なら、一度環境を変えて新しい職場で再出発してみてはいかがですか?

夜勤中にイライラする

介護職でイライラするといえば夜勤中。

ただでさえ眠くて身体がダルいのに・・・

  • 一緒の勤務の夜勤者がまったく働いてくれない
  • ナースコールが鳴り止まない
  • 利用者がまったく寝てくれず騒いでいる
  • オムツ交換で失禁をしている

こんなことがあるとどうしてもイライラしますよね。

夜勤中のイライラする場面

一緒の勤務の夜勤者がまったく働いてくれない

夜勤中、一緒の夜勤者が働いてくれないとしわ寄せがくるのはこちら側。

「なんで自分ばっか働かないといけないの・・・」
と、次第にイライラが止まらなくなってきますよね。

それでいて出る給料が同じなんだから納得がいきませんよね。

ナースコールが鳴り止まない

夜勤中にナースコールが鳴ってしまうと、落ち着くことができません。

まだ何かようがあるなら良いんです。

でも、なにも用がないにも関わらずナースコールを鳴らす利用者がいると
カチンときますよね。
これでイライラしないのは仏様ぐらいなもんです。

そしてそのナースコールにさらにWパンチで他の利用者まで起きてしまうと・・・イライラは頂点に達します。

利用者がまったく寝てくれず騒いでいる

寝てくれない利用者がいるのも本当に大変。

寝なくてもせめて静かにしてくれれば良いんですがなかなかそうはいきません。

急に大声を出したり暴言・暴力をしたり。

それによって他の利用者も起こしてしまったらもう最悪。

認知症を患っているから仕方ないと割り切ってもなかなかイライラを抑えるのは難しいです。

オムツ交換でイライラする

夜勤のオムツ交換はとにかく戦争。

老健や特養などの大人数がいる施設ではとくそうですよね。

時間内にオムツ交換を終わらせないといけないのに、失禁をしていたり、さらには便いじりをしてたりすると・・・辛いですよね。

労働環境が悪すぎてイライラしてしまう

労働環境が悪いとイライラしてしまって当然です。

  • 休日が少ない
  • 夜勤が多い
  • 給料が少ない
  • サービス残業が多い

どれも共通しているのは現場で働く介護士を大事にしてくれてないこと。

そんな職場で働きたいと思う介護士なんていません。

労働環境が悪くてイライラする例

休日が少なくてイライラする

体力的にも精神的にも大変な介護職。

・・・にも関わらず休日が少ないと身体の疲れはまともに取れません。

介護職の年間休日の平均は105〜110日といわれています。

そうなると心の余裕も必然となくなり、介護職に限らず日常の様々なことにイライラしてしまうようになります。

介護職の退職理由の中でも特に多いのが、やはり労働環境の悪さですね。

夜勤が多くてイライラする

夜勤が多いとどうしても身体がしんどくなり、自然とイライラしてしまいます。

介護職の夜勤の平均は4〜6回と言われていますがそれよりも多いと、どんどん身体は疲れていきます。

そうなるとイライラする機会が増えるのは当たり前のこと。

給料が少なくてイライラする

いくら介護職の給料が低いからって度をこすほど低いと「やってられない!」と思っても当然。

介護職の給料の平均年収は310万と言われています。

首都圏や地方で差はあるにせよ、あまりにも給料が低いとイライラしてしまうのは当然です。

介護職の給料の平均は310万。もしこの給料よりも圧倒的に少ない場合は今すぐ他の施設に就職した方が良いです。

サービス残業が多くてイライラする

ただでさえ納得のいかないサービス残業。

働いているのに給料が出ないなんてバカバカしいですよね。

職場によっては定時になるとタイムカードを押してからまた働くという謎のルールがあります。ありえない・・・

上司にイライラしてしまう

職場によってはひどい上司もいますよね。

あまり仕事をしていないのにも関わらず、なもかも現場の状況を知っているつもりで物事を言う。

「上の立場がそんなんで気持ち良く仕事ができるか!」
とイライラしてしまいますよね。

そしていちばん疑問なのはなぜそんな人を上司にしたのかということ。

人間的に問題のある上司の下で働くと、イライラしないで働けという方が無理です。

上司がパワハラをするなら・・・

もしあなたが職場の上司から
パワハラを受けているのであれば・・・

今すぐにでも今の職場を辞めた方が良いです。

そんな施設で働いていたって何も良いことはありません。
あなたの身体と心が潰れてしまう前に早く辞めましょう。

同僚にイライラしてしまう

人間関係は気持ち良く仕事をする上でかなり重要な要素です。

人間関係の良い職場ではチームワークがしっかりと取れ、お互いに気持ち良く仕事をすることができるんです。

・・・でも、そうでない職場ならどうでしょう?

常に誰かが人の悪口を言っていて、職場の雰囲気がギスギスしているような職場。

そんな職場で楽しく仕事をすることはできますか?

ぜったいに無理です!

人間関係が悪いと、どうしても日々イライラしながら仕事をすることになります。

介護職でイライラしているあなたへ

もしもあなたが「介護職を続けているとイライラが止まらない」と思うなら・・・

一度今の職場から離れて新しい職場で再出発してみてはいかがですか?

認知症の利用者が原因でイライラするなら、デイサービスなど介護度が低い人が多い施設に就職すれば良いですし、

同僚や施設の運営に対してイライラするなら、他の職場にうつった方が良いです。

「どこの施設で働いても同じだ!」

もしかしたらあなたはそう思うかもしれません。ですがはっきり言って違います。これは僕自身2つの施設に勤めて痛感したことです。

求人サービスの転職コンサルタントに相談をすれば、事前に施設の評判や雰囲気を把握した上で就職先を選べます。

「もう今の職場で働くのは限界・・・」
そう思うなら、ぜひ下記の記事をご覧ください。

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter