介護職の年間休日ってどれくらい?120日もある求人はあるの?

「介護職の年間休日って、じっさいどれくらいあるんだろう?」

そう疑問に思ってませんか?

介護職ってよく「大変な職業」として知られていますが
求人票を見てみると「年間休日110日〜120日」ってけっこうありますよね。

そうなると「あれ?介護職ってこんなに休みあるの?」と誰もが思うはず。

ではじっさいのところ、介護職の休日はいくらぐらいあるのでしょうか?

介護職の年間休日って何日あるの?

僕は8年間介護職に従事して老健と特養、2つの介護施設に勤めたんですが、年間休日はどちらの施設も110〜120日ほどでした。

今までいろんな仕事に勤めてきましたが、どの仕事も週休2日なんて夢のまた夢。

飲食に勤めていたときなんか週に1回休みがあれば良い方でしたからね。

でも介護職に勤めておどろき!
介護職の年間休日が今まで勤めたどの仕事よりも多かったんです。

介護職の年間休日の平均は?

あなたが勤めた施設がたまたま年間休日が多かったんじゃないの?

もしかしたら、あなたはそう思うかもしれません。

でも、そんなことはないんです。

介護職の年間休日の平均は105〜110日と言われています。

あなたが過去に勤めていた仕事と比べてどうでしょう?他の仕事に比べて介護職は多い方ではないですか?

年間休日が105〜110日といえば、月に8日〜10日休みがある計算になりますね。

介護職の「年間休日126日」なんて本当?

介護職の求人を見ていると「年間126日」という求人をよく見かけます。

おそらく介護職未経験者にとっては「嘘だ!?」と思うかもしれません。

しかし、本当です。
僕が勤めていた老健がまさに年間126日でした。

年間休日126日ある施設は決して珍しくはありません。

その証拠に、あなたに読んで欲しいものがあります。
なかなか面白いものを見つけましたよ。

以下、ヤフー知恵袋
「介護の求人に「年間休日126日」とありましたが嘘ですよね?」という質問に対しての他の人の回答です。

うちでは、毎月10~11の休みで年二回の調整月が14日休みとなりますね。

 

どうして嘘と思われますか?うちは130日ありますよ?

 

ガチですね。
休みだけは糞あります。

 

みなさんの回答はじゃっかん乱暴ですが(笑)、
この通り、介護の求人で年間休日126日は決して珍しいことではないんですね。

年間休日105日未満は少ない

ただ、年間休日126日が普通だからといって、105〜110日が少ない方というわけではありません。

なので就職の幅を広げるためにも、年間休日105〜120日ほどの介護求人を中心に探すのが良いかもしれません。

ではちなみに年間休日105日未満はというと・・・正直、介護職の中では少ない方です。

地方によっても労働条件は違うので一概には言えませんが、できることなら年間休日が105日以上ある施設に就職することをオススメします。

職場によって極端に年間休日が少ない職場がある

ちなみに職場によっては極端に年間休日の少ない施設があります。

介護施設や事業所の中では年間休日があまりにも少なすぎる職場もあります。

介護施設で働いています。
年間休日が95日です。
〜中略〜
この勤務で年間休日95日って普通ですか?

会社に少なくないか聞いてみましたが
労働基準局の違反にはなってないとの答えでした。

引用:ヤフー知恵袋

年間休日が95日・・・これはあまりにも少なすぎますね。

介護職は夜勤もあり、身体に負担が大きくかかる分、しっかり休まないと体は持ちません。

だからこそ求人選びはかなり重要。

年間休日が多い職場ほど給料もしっかりしており、現場で働く介護士のことを大切にしてくれている印象が強いです。

下記で未経験者が介護の転職に失敗しないための求人の探し方を紹介しています。転職に失敗したくないなら必ずご覧ください。

年間休日の多い介護施設で働こう

いくら仕事に対してやる気があっても、休日が少なければどうしても頑張ることはできません。

介護職に限らず、どんな仕事でも休むときは休まないと身体が持たないのです。

・しっかり休みがあって仕事もプライベートも充実している生活

・休日が少なくストレスを抱えながら生きる生活

あなたはどちらの生活を過ごしたいですか?

誰だってしっかり休日がある介護施設で働きたいですよね。

だからこそ職場選びはかなり重要。

下記で未経験者が介護の転職に失敗しないための求人を探す方法を紹介しています。転職に失敗したくないなら必ずご覧ください。

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter