【衝撃】サービス提供責任者(サ責)の給料相場は一体いくら!?

サービス提供責任者の給料の相場っていくらぐらいなんだろう?

そんな疑問をお持ちでないですか?

給料の低い介護職。
ですがサービス提供責任者(サ責)になると比較的高い給料をもらうことができます。

では、実際サービス提供責任者はどのくらいの給料をもらえるのでしょうか!?

この記事ではサービスて提供責任者の給料を徹底解説していきます!

サービス提供責任者(サ責)の役割とは?

サービス提供責任者(サ責)は訪問介護(ホームヘルパー)の事業所においてチームリーダーのようなまとめ役を担います。

なのでサービス提供責任者は訪問介護事業所での勤務になります。

ヘルパーの手配をはじめ、勤務調整や訪問介護計画書の作成など、サービス提供責任者は重要な役割を果たします。

サービス提供責任者(サ責)の給料は?

では、
そんなサービス提供責任者の給料はいくらほどなのでしょうか?

下の図は厚生労働省が調査した全国の介護労働者の職種別所定内賃金です。

この表を見てみるとサービス提供責任者の給料は219,663円

サービス提供責任者は訪問介護職員よりも3万近くも高い給料をもらっていることが分かります。

しかもこれはあくまで平均。高待遇の多い求人サイトではもっと給料がもらえる求人がいくつもあります。

▲月給265,785〜315,638円

▲月給250,000〜330,000円

▲280,000〜370,000円

介護職の平均的な給料に比べて、サービス提供責任者の給料はやはり高い傾向にありますね。

ただ、上の画像はハローワークよりも待遇の良い求人が多い「介護の求人サイト」だからということもあります。

サービス提供責任者に限らず、介護職で転職するなら求人サイトを利用すると待遇の良い職場に出会うことができますよ。

サービス提供責任者(サ責)になるには?

では、サービス提供責任者になるにはどうすれば良いのでしょうか?

サービス提供責任者になるには次の条件があります。

  • 介護福祉士取得者
  • 介護職員初任者研修(or旧ヘルパー2級)を修了し、3年以上実務経験を積んだ方
  • 実務者研修を修了している方

この中で「介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)」のみ持っている場合は介護事業所は10%もの介護報酬減算となります。

なので、事業所としては介護福祉士取得者、あるいは実務者研修修了者を配置させたいんですね。

・・・ということは、無資格でこれからサービス提供責任者に最短でなるなら実務者研修を取得するのが最も近道です。

介護福祉士になるには3年の実務経験を積み、なおかつ実務者研修の受講が必要ですが、実務者研修未経験・無資格でも取得することができます。

サービス提供責任者(サ責)の仕事内容

サービス提供責任者の主な仕事内容は次の通りです。

  • スタッフの勤務の調整
  • ヘルパーの手配
  • 訪問介護サービスの計画の作成
  • スタッフの相談相手を受ける
  • 現場に出向きヘルパー業務

この仕事内容を見てわかる通り、
サービス提供責任者はより深い立場で高齢者の生活を支えていることが分かります。

高い給料をもらいたいという人はもちろん、やりがいのある仕事に就きたい人もサービス提供責任者はオススメですね。

以下の記事でサービス提供責任者の仕事内容を詳しく紹介していますよ!

ちなみにサービス提供責任者とサービス管理責任者の違いは?

ちなみにサービス提供責任者と似たような職種に「サービス管理責任者」という資格があります。

この2つにどのような違いがあるかというと、

  • サービス管理責任者→障害福祉サービスに従事する管理者
  • サービス提供責任者→訪問介護サービスに従事する管理者

という違いがあります。

仕事内容は似たような部分がありますが、
活躍する分野が「介護」「障害」で異なるということですね。

サービス提供責任者の給料まとめ

サービス提供責任者の給料の相場は22万ほどです。

しかし「介護の求人サイト」でサービス提供責任者の求人を探すと、30万ほどもらえる事業所も珍しくありません。

低い給料で働いてしまうと、
どうしても「なんのために働いているんだろう・・・」と仕事に対するモチベーションが下がってしまいますよね。

そうならないためにも高い給料をもらえる職場に就職することは大事!

下記で介護の求人の最もおすすめの探し方を紹介しています。本気で良い職場に出会いたいと思うなら必見です。

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter