特養と有料老人ホーム、働くならどっち?転職に失敗したくない人必見!

「特養と有料老人ホーム、働くならどっちが良いんだろう?」

そんな疑問を持っていませんか?

どちらも介護職の求人で多く出されている両施設。でもいざ働くとなると、どっちが良いか迷いますよね。

人生の大きな分岐点である就職。「せっかく就職したのに思ってたのと違った・・・」となるのは絶対に嫌ですよね・・・。

なので今回は、特養と有料老人ホームを元介護士目線で比較していきます!

これを読んだ後にはあなたの答えは出ているはず!

特養と有料老人ホームの特徴

特養の特徴

特養、正式名称「特別養護老人ホーム」。

特養の特徴は要介護3以上の高齢者でないと利用できないということ。有料老人ホームの場合は介護度1から利用が可能です。

要介護3とは・・・日常のあらゆることに介助が必要になるレベル。立ち上がりや歩行も介助が必要な状態です。

もちろん、入浴や食事といったことも、介護士が補助をしなければなりません。それだけ介護士には負担がかかることになります。

僕も最初は特養に勤めましたが、自立している利用者が少ないのでやっぱり楽ではありませんでした。

施設にもよりますが、特養は他の介護施設に比べて業務が大変な傾向にあります。

有料老人ホームの特徴

有料老人ホームの特徴は施設によって様々な形態があるということ。

有料老人ホームは特養と違って民間が多く参入しています。

しかも介護度も1から利用できるので、露天風呂やトレーニングジム、レストランが併設されている施設があるなど、多種多様。
中にはホテルのように設備が完備されたところもあります。

その分、仕事内容も施設によって様々で、時には接客のスキルを求められる場合もあります。

・・・ただ、業務の大変さ的には特養の方が大変だと言えるでしょう。

特養と有料老人ホーム、働くならどっち?

スキルアップを求めるなら特養

スキルアップを目指すならだんぜん特養です。

特養は介護度3以上の方が利用している分、業務内容は楽ではありません。

しかし、介護が必要な人が多い分、介護士としてスキルアップになります。

一方、有料老人ホームでもスキルアップしないわけではありません。ですが特養に比べるとやはり成長できる幅は大きくないでしょう。

ぼく自身、最初に特養に勤めたので、ある程度の介護士スキルを身につけることができました。
2か所目に行った施設では「前より全然楽!」と思えましたよ^ ^

介護士としては1つの施設で長く働くよりも、いろんな職場で経験を人の方が多いです。

それなら「楽な職場→きつい職場」よりも「きつい職場→楽な職場」の方が良いと思いませんか?

あなたが年齢が比較的若く、まだ20〜30代なら、特養で介護士としての経験を積むべきです。

給料を求める場合は特養

給料を求める場合も特養ですね。

民間企業が運営している有料老人ホームと違って、特養は社会福祉法人が運営しているので、給料が高い傾向にあります。

ちなみに介護施設の中でもっとも給料が高い傾向にあるのが特養です。

介護の求人サービスを利用すれば月給30万も難しくはありません。

ただ、民間の大きな企業が運営している有料老人ホームによっては、特養よりも高い給料を得ることもできます。

一概にはどちらの施設の方が給料が高いかは言えないので、介護の求人サービスで高待遇の施設を探すことをオススメします^ ^

体力に自信がないなら有料老人ホーム

もし体力に自信がない、ある程度年齢が高齢なら有料老人ホームの方が良いかもしれません。

有料老人ホームによっては、
洗濯や掃除などの「家事」が介護士の主な仕事内容である施設もあります。
(介護士なのに・・・)

施設によって特徴はそれぞれ異なりますが、要介護1から入所できるので、他の入所施設に比べたら比較的楽と言えるでしょう。

なので、体力に自信がない人や50代〜の方は有料老人ホームの方が良いかもしれません。

・・・ただ、介護職の場合は多くの施設が人手不足であり、思い立った時にいつでも他の施設に移れます。

なので、できることなら最初にスキルアップできる特養を経験することをオススメします。

まとめ 特養と有料老人ホーム、働くならどっち?

特養と有料老人ホーム、働くならどっちが良いか?

結論をまとめると、

  • スキルアップを目指したい人→特養
  • 高い給料をもらいたい人→特養
  • 体力に自信がない、または高齢の人→有料老人ホーム

このような感じですね。

有料老人ホームは民間企業が運営しており、ホテルのような設備が整った施設やプールやジムが完備された施設もあります。

利用者的には快適ですが、介護士としてのスキルをあげたいなら、やはりまず特養で働いた方が良いと言えるでしょう。

「楽な職場→きつい職場」よりも「きつい職場→楽な職場」の方があとあと楽なので、

特養で介護士としてのスキルを身につけてから有料老人ホームで働くのも良いですね。

とくにあなたがまだ20〜30代なら特養で働くべきです!

転職サポートが充実している介護の求人サービスを利用すれば、転職が失敗してしまう確率もかなり減ります。

しかも特養は給料が高い傾向にあるので、あなたの理想の職場が見つかるかもしれません!

特養と有料老人ホーム、自分はどちらで働きたいか決まりましたか?

これから介護士になるあなたの毎日が、より素敵なものになることを願っています^ ^

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter