働きながら中卒でも取れる国家資格「介護福祉士」の最短取得方法を解説!

「中卒でも取れる国家資格って何があるんだろう?」

そう疑問に思っていませんか?

中卒から国家資格を取得する場合、多くの資格は専門学校の学費など、多額の資金と時間を必要とします。

しかし!
中卒からでもお金をかけることなく、しかも働きながら取得できる国家資格があるのです。

それが介護の資格である介護福祉士!

中卒から国家資格を目指し安定した生活を手に入れたいなら、この記事は必読です。

介護福祉士とは?

介護福祉士は介護職で唯一の国家資格。

この介護福祉士を取得すれば様々なメリットがあります。

  • 資格手当がもらえ給料が上がる
  • 高待遇の施設に就職できる
  • キャリアアップの道が開ける
  • 役職につきやすくなる

参考:介護福祉士とは?メリット・デメリットが興味深い!

これだけのメリットがある介護福祉士ですが、実はこの国家資格、学歴は関係なく働きながらでも取得できるのです!

お金がなくても介護福祉士は取得できる

介護福祉士を取得するには主に2つ。

一つ目は福祉系の専門学校に通う「養成施設ルート」。
このルートは2年間専門学校に通い、その後筆記試験に合格して取得するルートです。

・・・ですが、この「養成施設ルート」は中卒の方には結構厳しいんですね。

なぜなら、まず大検を取得しなければ学校に通えません。しかも、学費も卒業までに200万以上かかるからです。

続いてもう一つは「実務経験ルート」。

実務経験ルートで介護福祉士試験を受験する条件

3年の実務経験+実務者研修の受講

実務経験ルートは介護職に就き3年以上実務経験を積み、その間に「実務者研修」を受講して取得できるルートです。

介護士として実務経験を積むだけで介護福祉士を目指せるので専門学校に通わなくても取得することができるんですね。

しかも3年間働きながら国家資格の取得を目指せるので、しっかりお金も貯まります。
(僕も介護士として毎年100万貯めることができました)

実務者研修とは?

実務者研修は名称に「研修」とありますが、実際は資格のようなものです。

実務経験ルートで介護福祉士になるには、この実務者研修の受講は必須。働きながらでも受講できるので、3年実務経験を積みながら受講するのが一般的です。

費用は16〜20万と高めではありますが、専門学校の学費に比べたら大したことはありません。

しかも、介護職の転職サービス「かいご畑」のキャリアアップ応援制度を利用すれば、無料で取得することもできます!

詳しくはこちらで解説しています。高い料金を払って後々後悔しないためにも、ぜひともオススメです。

中卒から国家資格「介護福祉士」を目指すには?

それでは
中卒から介護福祉士を目指す具体的な手順を解説していきます。

介護福祉士試験を受験するための条件は2つ。

どちらが先でも大丈夫です。

3年の実務経験を積む間に実務者研修を取得しても良いですし、実務者研修を受講してから働き始めるでも良いです。

要は2つの条件を満たすのが必要ということですね。

ちなみに介護福祉士の筆記試験は難易度が高くないので安心してください。試験は介護の問題なので、実務経験を積み上げていけば合格できますよ^ ^

関連記事:介護福祉士の勉強時間の目安は?勉強しなくても合格できる?

中卒でも介護士なら正社員として就職できる

「中卒から介護士に就職できるの?」
と思うかもしれませんが問題はありません。

介護職の平均年齢は45歳。
学歴は関係なく、若ければ若いほど就職には有利になります。

・・・ただ、ここで重要なのが「職場選び」

サービス残業が多かったり休日が少ない職場に就職してしまうと、3年も持たず辛くなって辞めることになるでしょう。

もしあなたが職場選びに自信がないなら、介護求人サービスの転職コンサルタントに相談するのがオススメ。

あなたが職場選びに自信がなくても、働きやすくオススメの職場を紹介してくれるので安心です。

もちろん転職の相談にも乗ってくれるので、ぜひとも求人サービスの利用をオススメします。

介護職は実際どう?

ここまで読んだということは、少なからず「介護福祉士」に興味があるはず。

ですがもしかしたら、あなたはこう思っているかもしれません。

「介護職って自分でも出来るのかな?」

世間でマイナスイメージの強い介護職。そう思っても仕方ありません。僕も未経験から介護職に就いた時は不安でした。

・・・でも、実際介護士として働いてみたら、大したことはなかったですよ。

介護職は営業のようにノルマもなければ、飲食業のようにサービス残業も多くはありません。建設業や製造業のように危険もないです。

給料こそ年収300〜400万と他の職業に比べて高くはありませんが、普通に生活していけるほどの給料はもらえます。

介護福祉士を取得すれば役職にもつくこともできます。
なので少しでも介護職に興味があるなら、チャレンジして欲しいですね。

まとめ 中卒でも取れる国家資格「介護福祉士」がオススメ!

それでは最後に、もう一度中卒から介護福祉士を取る方法をまとめます。

  • 3年の実務経験を積む
  • 実務者研修を受講する

この2つの条件を満たせば、介護福祉士試験の受験資格が与えられます。

介護福祉士の筆記試験は介護についての問題なので、介護士としての経験を積めば合格できますよ^ ^

あとはあなたのやる気次第!

中卒でもやる気さえあれば介護職に正社員として勤めれます。まずは介護の転職コンサルタントのサポートを借りながら理想の職場に就職しましょう!

あなたのこれからの日々が、より良いものになることを願ってます!

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter