「介護職やってられない!」そう思ったら今すぐ行動せよ!

「もう介護職やってられない!」

そう、思ったことはありませんか?

「やりがいがある職業」と言われている介護職ですが、たいへんだと感じることが本当に多い職業です。

仕事内容が大変で精神的なストレスも多い、おまけに低給。

そんな仕事に就いているとどうしても「介護職なんかやってられない!」と思いますよね。

もしあなたが本当にそう思っているのなら、5分だけ時間をくれませんか?

介護職がやってられない理由

給料が低くてやってられない

介護職は重労働で精神的ストレスが多いにも関わらず給料はとても低いです。介護職の退職理由の中でも多いですね。

平均年収は310万。全産業の平均と比べると、100万も低いのです。

給料があまりにも低いと
「自分は何のために働いているんだろう?」
そう思ってしまいますよね。

同じ介護職でも職場によって給料は全く変わってきます。

もしあなたが働く職場が夜勤手当込みで月15万とかなら、絶対に他の施設にいくべき。

人間関係が最悪でやってられない

介護職は人間関係を理由に退職していく人が多くいます。

人の悪口ばかり言って傲慢な態度をとるおばちゃん職員。

周りには良い顔してじっさいはまったく働かない若い職員。

部下に対して思いやりにかける上司。

そんな職場では、とてもじゃないけど仕事を楽しめるわけないですよね。

家族のクレームがひどくてやってられない

ふだんほどんど面会に来ないのに、いざその利用者に何かあると強くクレームを言ってくる家族。

「お金を払ってるんだから介護をしてもらって当然」

クレームばかり言う家族は、おそらくそう思っているのでしょう。

でも低い給料で働かせられて、なおかつ家族にまで文句を言われると・・・もう本当に嫌になってしまいます。

サービス残業が当たり前でやってられない

「働いた分の給料がでない」
サービス残業ほどやってられないことはありません。

とくに重労働で低給である介護職は、本当にそう思ってしまいますよね。

認知症の利用者にイライラしてやってられない

認知症の利用者の対応って本当にたいへんです。

暴言は当たり前。
時には暴力を振るわれることも珍しくないです。

「認知症なんだから仕方ない」
そう、いくら心の中で割り切ろうとしても
いざ暴言や暴力を受けると、どうしてもいやな気持ちになってしまいます。

そこまでできた人間なんてなかなかいません。

優しくなれない自分に気付いて、やってられない

そしてやっぱり一番悲しいのは・・・

利用者に対して冷たく当たってしまう、自分の心の狭さに気づいてしまったとじゃないでしょうか?

「なんでこんなに利用者に優しくなれないんだろう」

そう、自分を責めてしまいますよね。

・・・でも、暴言や暴力をされて嫌な気持ちにならない人なんていません。

そこまでできた人間なんていないんです。

だから、自分を責めることは、絶対にしてほしくない。

その介護施設がやってられないだけかも?

「もうやってられない・・・」

介護職はほんとうに大変な職業ですよね。

・・・でもそう思っているのは、
あなたが働いているその職場がやってられないだけかもしれません。

2つ以上介護施設での勤務を経験したから言えるのですが、介護職は職場によってほんとうに雰囲気が違います。

僕が以前勤めていた老健では職員みなワイワイ楽しくやっていました。

 

給料にしたってそう。

介護職の平均給料は300万ほどですが、
職場によっては350〜400万ほどもらえる職場もあります。

人間関係が良く、給料も仕事に見合った分をもらっていれば、仕事のモチベーションもまた変わってくるのではないでしょうか?

介護転職サービスの転職コンサルタントに相談すればそのような介護施設を見つけて紹介してくれます。

もしも今、あなたが「介護職なんかやってられない」と思うなら、他の職場に移ることを本気で考えてみてはいかがでしょうか?

介護職をやってられないと思ったら今すぐ行動しよう

「介護職なんかやってられない」

そう思うような環境にいるのなら今すぐ行動をうつした方が良いです。

人生は一度きり。

それにも関わらず「介護職なんかやってられない」なんて思いながらいつまでも同じような日々を歩み続けるのですか?

一回きりの人生なのに、そんな日々を送るのは絶対に嫌ですよね。

「介護職やってられない」
そう思っているあなたの今の生活が
良い方向に向かっていくことを願っています。

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter
当サイト人気厳選記事

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

共感できたらシェアをしよう!Share on FacebookTweet about this on Twitter